保護中: 令和元年6月度 講師光実研修会・母親教室勉強会

この投稿はパスワードで保護されています。表示するにはパスワードを入力してください:


カテゴリー: 講師会, 講師光実研修会・母親教室勉強会 | コメントは受け付けていません。

光のおとずれ 教化部長 令和元年7月

「講習会、皆様のご活躍に感謝申し上げます!」

生長の家宮城教区教化部長 松田正道

▶生長の家総裁・谷口雅宣先生、生長の家白鳩会総裁・谷口純子 先生から、直接のご指導を頂いて、去る6月9日に開催されまし た「生長の家講習会」。皆様のご参加・ご推進へのご活躍、誠にあ りがとうございました。教区信徒の皆様の推進や運営のお力添えを 頂きまして、講習会は恙 つつが なく盛会裡に開催出来ましたことを先ずは 感謝御礼申し上げます。その成果に於いて未来に向けて課題を与え られましたが、しかしこれは考えようによっては、私たちの生長の 家運動に向けての〝無限の力〟を発揮するための「神の子」の実相 を引き出してくれる大きな機会となったと受け止めて心より感謝申 し上げる次第です。

 

▶連日雨模様の中でしたが、あの講習会当日だ けは見事に太陽も顔を覗かせ、天空には雲間から青空が広がり、暑 くも寒くもなく、穏やかな〝講習会日和〟となりました。今回の講 習会からペア開催となり、小職はペア相手の山形教区のメイン会場 「天童市市民プラザ」で、宮城教区七者の皆さんと共に受講させて 頂きました。こういう機会を得て、ペア相手教区のことを学べる良 い機会だったと感じました。

 

▶さて1月からスタートしている本年 度も、既に半ばを過ぎ、今月より年度後半に入ります。また新天皇 陛下のご即位もあり、元号も改まって心新たに運動を展開して参り たいと存じます。年度後半に入る今、改めて年の初めに、総裁・谷 口雅宣先生がお示しくださった「新年のご挨拶」を思い返してみた いと思います。先生は、その中で私たち生長の家信徒としての宗教 生活の基本を、次のようにお教えくださっています。……

この「地 球」の環境をこれ以上破壊することは、今や人類を破壊に導くこと と同じ意味になっています。宗教運動は人間を救わねばならないと いう意見に、私は大賛成です。だからこそ、人間が生きる唯一の場 であるこの地球の自然を、私たちは破壊から護らねばならないので す。(機関誌『生長の家』2019年1月号9頁)

 

▶私たち人類は、 〝宇宙船地球号〟ともいわれるこの星・地球を、正しい宗教心、そ して倫理的な生活をもって護っていく努力をし続けなければなりま せんね。このように豊かで美しい未来を目指して「明るく・楽し く・元気よく」信仰を深めることができるよう、今一度それぞれの ライフスタイルを見直そうではありませんか。

 

▶講習会も終わり、 その参加者の中でも、新しい方々・壮年世代の方々・真理をさらに 詳しく学びたい方々のために、「真理講演会」が開催されます。今 回は、国際本部より新進気鋭の2名の講師が派遣されて参ります。 県内4会場、最寄りの会場にどうぞご参集ください。

 

▶信仰の原点を学ぶことが出来る「練成会」が、3ヵ月ぶりに開催されます。講習会同様、あなたの周りの、友人・知人 をお連れください。そしてあなたも含めて、心明るい豊かな人生へ 出発しましょう。

 

▶そして何といっても未来の日本・世界・地球を 托するのは青年です。その青年諸君・壮年世代へ生長の家の真理を 正しくお伝えすることは、私たちの大きな使命であり責任でもあり ます。今回、全国初の試みとして開催する行事が「青年・壮年一泊 見真会」です。国際本部派遣講師や、東北の教化部長の質の高いご 指導を頂けることとなりました。どうぞ青年・壮年の方々を宮城県 教化部に送り込んでください。

 

▶去る6月5日「生長 の家参議会」で、教化部長等の異動が決定されました。小職は、7 月1日付でこれまでの宮城教区教化部長職に加え、隣接の山形教区 教化部長職を兼務することとなりました。これまで兼務の経験はな く、現在暗中模索状態ではありますが、国際本部からのご指導や、 宮城教区・山形教区の信徒の皆様方のご理解とお力添えによって、 職責を全うして参りたいと決意致しているところです。両教区は、 先ず気象や天候が異なる点、方言や気質も多少異なる点等々、色々 とこれから学ばねばならない点があることと思います。これらの異 なる点に過度に着目するよりも、共通する良い点に着目して運動を 展開して参りたいと考えています。

 

▶今回の異動に伴いまして、居 住地は宮城にあっても〝兼務〟という職務上、どうしても一教区だ けに偏重するわけにはいかず、宮城・山形それぞれの教区にご理解 を頂きつつ、公務に精励させて頂く所存です。各種の会議や行事に、 多少の無理がかかることとは存じますが、何卒ご理解の程、宜しく お願い申し上げます。ありがとうございます。

感謝合掌
生長の家宮城教区教化部長
松田正道

カテゴリー: 光のおとずれ, 教化部長 | コメントは受け付けていません。

光のおとずれ 躍進する伊達な 相愛会 令和元年7月

相愛会連合会長 佐藤佳樹

〝皆様ありがとうございました〟
講習会が皆様の推進によりまして大盛会になりま したことを感謝申し上げます。推進期間わずか4ヵ 月あまりの短い間ではありましたが、最後の追い込 みは素晴らしいものがありました。改めて御礼申し 上げます。

7月20・21日に講習会の初参加された方へ むけて「喜びの真理講演会」が開かれます。相愛会 の運営担当は20日の教化部ですが、どこに参加さ れても結構です。20日は、葛原博康本部講師補 21日には、谷口暁子本部講師補がいらっしゃい ます。若いお二人ですので楽しい話が期待されます。 どうぞ多くの方にお勧めください。新人だけでなく どなたでも結構ですので奮ってご参加ください。若 い方たちにもぜひお誘いください。

さて相愛会連合会長選挙についてお知らせいたし ます。今回から相愛会連合会長の任期が令和元年9月1日から3年間とスタートが1ヵ月早くなりまし た。これは年度の始まりが4月より1月に変更され たためです。相愛会員の皆様にはすでに候補者名簿、 投票用紙が届いておるものと思います。締め切りに 間に合うようにお出しください。

連合会長の候補者は、5月31日現在、相愛会長以上の役職にある者で、9月1日時点で満70歳 未満である者です。

連合会長は、本部の承認を経て決定されますので、 本部からの報告があり次第皆様にお伝えしますので それまでお待ちください。 棄権の無いようにご投票ください。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 躍進する伊達な 相愛会 | コメントは受け付けていません。

光のおとずれ 明るくはばたく 白鳩会 令和元年7月

白鳩会連合会副会長 遠藤和美


ありがとうございます。
令和元年6月9日(日)、宮城教区と山形教区と の初のペアー開催となる生長の家講習会が、「つな がるよろこび」と題して開催されました。1月20日の受講券奉戴式から4ヵ月あまり、松田教化部長 先生の「明るく・楽しく・元気よく」のかけ声と、 日々の祝福の祈りに導かれて教区一丸となっての推 進の日々でしたね。当日は最後のぎりぎりまで力い っぱい推進努力された方々、御参加くださった方々 の心のような晴天にめぐまれ、楽しく受講されまし た事、心よりお喜びと感謝・御礼申し上げます。本 当にありがとうございました。

これから私達は2年後にメイン会場となる宮城教 区で開催される、生長の家総裁谷口雅宣先生、白鳩 会総裁谷口純子先生、直接御指導による「生長の家 講習会」に向けて日時計主義を実践し、未来に美し い地球を残すため、次世代の幸福のため、一人でも 多くの世界の人々に、この教えをお伝えするため、 地球すべての生命と鉱物が神と共に一つの命である という自覚をもって「大きな自他一体」の生き方を 広めて参りましょう。

カテゴリー: 光のおとずれ, 明るくはばたく 白鳩会 | コメントは受け付けていません。

光のおとずれ 喜び溢れる 青年会 令和元年7月

青年会副委員長 相澤俊弘

合掌 ありがとうございます。
7月に入りまして暑い日が多くなってきましたが、 皆様いかがお過ごしでしょうか?

宮城教区青年会に、ご愛念をいただいて居りますこ とに感謝申し上げます。

去る6月9日(日) に開催されました「生長の家講 習会」には、多くの皆様にご参加いただきました。

青年会の成果としては、受講者32名、初参加者 は5名となりました。残念ながら、受講者は前回成果 を下回ってしまいましたが、初参加者が前回を上回っ たのは素晴らしい成果だと思います。

講習会当日まで推進してくださいました皆様、参加 ・運営してくださいました皆様、本当にありがとうご ざいました。この紙面をお借りしまして、御礼申し上 げます。

さて、7月13日(土) ~14日(日) の日程で、 全国初の試みとなる「青年・壮年一泊見真会」が開催 されます。

本部からは、国際本部 運動推進部課長・小池聖明 本部講師、青年会中央部・金沢健二中央部員にお越し いただきます。

また、青森教区教化部長・辻田昌司本部講師にお越 しいただきます。豪華な一泊見真会となっております ので、会員の皆様はもちろん、初めての方にもお勧め ください。よろしくお願い申し上げます。

詳しくは、青年会事務局( 相澤俊弘) までお問い合 わせください。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 喜び溢れる 青年会 | コメントは受け付けていません。

光のおとずれ 真理の灯台 講師会 令和元年7月

地方講師会長 富樫幸男


合掌 ありがとうございます。
この頃は日々の日差しも増すと共に適度に雨も降る ようになり、我が家の家庭菜園にはキュウリやトマト・ ナス達がにぎやかに花や実をならせています。今年か らはカボチャが仲閒入りしました。大きな黄色い花を 咲かせ小さい可愛い実を付けながら、蔓を自由自在に 這わせて元気に生き生きとした姿を見せてくれていま す。

6月9日(日)に宮城・山形において、ペア教区と して初めての「生長の家講習会」が開催されました。 講師の皆様には、講習会の推進を日夜展開して下さい まして心より感謝申しあげます。

結果的には受講者は前回を下回る結果になりました が、皆様の努力で講習会のお誘いを受け初参加した 方々も沢山います。又、生長の家の真理に触れ感動し これから学んでいきたいと思っている方も多くいらっ しゃることでしょう。今後は講師が率先してこのよう な人達も対象としている行事、誌友会やSNI各部の ミニイベント、練成会・講演会・見真会へ、どんどん お誘いいたしましょう。

このたび、松田正道教化部長が令和元年7月1日か ら山形教区の教化部長も兼務することになり、宮城と 山形の両教区を指導する教化部長となられました。教 化部長よりこの本部人事のお話をお聞きした時には驚 きを禁じ得ませんでしたが、これから私達は、教化部 長を中心により一層の団結と各組織との協力体制を密 にし、山形教区とはペア教区として交流を深め合いな がら、人類光明化運動・国際平和信仰運動に取り組ん でまいりましょう。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会 | コメントは受け付けていません。

7/13(土) ~14(日)「青年・壮年一泊見真会」のご案内

本部から東北からも教化部長が講師陣に!

全国初の試みとなる「青年・壮年一泊見真会」が開催されま す。青年・壮年の方はもちろん、初めての方も、ぜひご参加 ください。お待ちしております!

( 相澤俊弘記)

  • 日 時:7月13日( 土) ~14日( 日)
  • 会 場:生長の家宮城県教化部
  • 奉納金:3,000 円以上( 全期)
  • 持ち物:聖経『甘露の法雨』・筆記用具・洗面用具・着替え・ 『万物調和六章経』・『聖歌歌詞』・『 大自然讃歌』
  • テキスト:『新版 人間苦の解放宣言』『46 億年のいのち』
    『 ブックレットシリーズ5』『ブックレットシリーズ6』
カテゴリー: 一泊見真会, 光のおとずれ | コメントは受け付けていません。

令和元年度「夏季青少年一泊見真会」「お父さん・お母さんのための一泊見真会」のご案内

夏季青少年一泊見真会で、人間神の子・自然との一体感を楽しく学ぼう!
皆様のご参加お待ちしてます!


1日目真理講話「人間は神の子である」

2日目野外研修( みちのく湖畔公園)

  • 日 時: 8 月 3 日( 土)14:00 開会~ 4 日( 日)14:00 終了
  • 会 場 : 生長の家宮城県教化部
  • テキスト: 『神想観はすばらしい』 『こどもの祈り』 『神さまと自然とともにある祈り』 『日時計24』8 月
カテゴリー: 一泊見真会, 光のおとずれ | コメントは受け付けていません。

真理の証し 宮城教区講習会 体験談

令和元年度 宮城教区講習会 体験談
令和元年6月9日(日)
於: 楽楽楽ホール
塩竈市 紺野信行

私は仙台市の隣、港町塩竈市から参りました、紺野信行と申します。私は昭和19年申年の生まれで、今年75才になります。有難いことに、現役で駐車場の警備という仕事をしております。

私と生長の家との出逢いは今にして想うのですが、20才の頃仙台のある本屋でした。宗教哲学のコーナー本棚に『生命の實相』がズラーと並んでいました。私はその本の『生命の實相』という表題に興味を惹かれて手に取り二~三頁読んでみました。その時の印象は「 難しいなぁ、哲学的だなぁ」 と感じ、すぐに本棚に戻してしまいました。その当時の私は仕事中心の不規則な生活をしていましたので、定年退職後は、宗教的お教えに基づいた規則正しい真面目な生活をしたいと漠然と思っておりました。そして、生長の家の活動のひとつである「 誌友会」 の参加を経て、60才の時に「 生長の家」 に入信し、今日に至っております。

先程申し上げましたが、今現役で、仙台のある有名なパン屋さんの駐車場の誘導警備を行っております。一日千人ものお客様がお見えになるという超繁盛店でございます。

生長の家の「 行」のひとつに「 感謝誦行」というのがあります。これは「 ありがとうございます」 という言葉を繰り返し発声し、天地一切のものに感謝する「 行」 でございます。この「 行」 を仕事に取り入れようと考えました。ひとりのお客様に3回、ありがとうと言おう。「 お越し頂きまして、ありがとうございます」 「 お買い求め頂きまして、ありがとうございます」 「 私の誘導にご協力頂きまして、ありがとうございます」 1日3千回の感謝発声となります。パン屋さんの役員の方から「 紺野さん、元気で80才まで働いてください」 と大変、有難いお言葉を頂戴致しております。

さて、話は変わりますが、70才の時に不思議な事が起こりました。それは、突然「 人生これから50年」 という言葉が頭をよぎったのであります。「 これから50年生きられる」 20で成人して50年、そしてこれから50年。

過去50年間の失敗や経験の数々を活かせれば「 何でも出来るな」 と思え、目の前がパァーと明るくなりワクワク感で希望に満ち溢れました。何をするにも健康でなければならないと思い。とりあえずこれから10年間、足腰を鍛え筋力をつける体作りをしようと思い立ちました。それは楽しみながら出来るものはないか。そうだマラソンがいい。マラソン大会に出ようと決心をしました。そして71才から生まれて初めてのマラソンを始めました。71才の初年度は10㎞を2本、2年目は同じく10㎞を6本走りました。3年目、4年目はハーフ21㎞をそれぞれ5本走りました。そして今年5年目はフルマラソン42㎞に挑戦致します。

走っている時は、この走れる喜びを噛みしめながら、このように走れる身体に生んでくれた父母に感謝して走っております。又、特に登り坂のきつい難所にさしかかった時は「 人間神の子無限力!」 「 人間神の子無限力!」 を念じながらありがたい想いの中で走っております。

それから、もうひとつ、71歳から始めたことがあります。それは山登り「 登山」 です。

そのきっかけは生長の家の運動のひとつに「 自然と共に伸びる運動」 というのがあります。これを実感し、身をもって体現するには「 何がいいかなぁ」 と考えていた時に、山登りがいいのではないか。自然の中に身を置いて自然を感じる。これだと思いました。山登りは、20才代にハイキング登山として夏の安達良山に1回登っただけで、山登り経験は皆無に等しく全くの素人でしたので、知人の紹介を経て「 塩釜山岳会」 に入会致しました。 現在は夏山を中心に年3~4回の登山をしております。山を登りながら、していることがあります。それは宮城県から委嘱された「 宮城県山岳環境指導員」 としてのボランティアです。その活動内容は、山道のゴミ拾い、標識や境界石、木造(木の道) の損壊状況、湿原の保存状況等のチェック確認です。その結果を文書で県に報告しております。

山頂から見る景色は「本当に雄大で素晴らしい」の一言です。そんな時、この自然は神様が作ったものであり、人間は自然の一部なんだなぁ「 神・自然・人間は一体である」 と心の底からそう思えるのであります。

人生これから50年、明るく・楽しく・元気よく、生長の家の御教えを生活に実践して参ります。ご静聴、誠にありがとうございました。

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の証し, 講習会 | コメントは受け付けていません。

宮城教区講習会 令和元年6/6(日) アルバム

楽楽楽ホール会場

472名の皆様ご参加ありがとうございました。


教化部会場

260名の皆様ご参加ありがとうございました。


カテゴリー: 光のおとずれ, 講習会 | コメントは受け付けていません。

7/20(土)~21(日)「喜びの真理講演会」開催!のご案内

7/20( 土) ~ 21( 日)、「生長の家喜びの真理講演会」が 開催されます。講師には葛原博康本部講師補(7/20 担当) と、 谷口暁子本部講師補(7/21 担当) が来られます。両講師とも 宮城教区は初めてですが、新進気鋭の青年講師です。県内4 会場で開催されますので、皆様ふるってご参加ください。( 詳 細はチラシを参照)

  • 7/20( 土)10:00 ~ 12:00 会場:生長の家宮城県教化部
  • 7/20( 土)14:00 ~ 16:00 会場:日立システムズホール仙台 ( 研修室2)
  • 7/21( 日)10:00 ~ 12:00 会場:登米市宝江ふれあい センター
  • 7/21( 日)14:00 ~ 16:00 会場:石巻市( 株) ナリサワ

葛原 博康 (くずはら ひろやす)

〈プロフィール〉 京都府宇治市出身 昭和62 年生まれ。 信徒の両親の下に生まれ、幼い頃から生長の家 に興味を持つも活動に参加し始めたのは20 代 前半から。平成26 年4 月に生長の家本部奉職。 平30 年に本部講師(補)を拝命。

谷口 暁子(たにぐち あきこ)

〈プロフィール〉 昭和59 年(1984 年) 東京生まれ。 出版社Web 制作会社を経て、2012 年からフ リーランスのライター・編集者として活動。 2015 年8 月に奉職。2016 年本部講師(補)。 生長の家国際本部広報・クロスメディア部にて 機関誌「生長の家」の編集業務に従事。

カテゴリー: 光のおとずれ, 講演会 | コメントは受け付けていません。

6/16(日)「講習会感謝奉告祭・祝賀会」開催!

6/16( 日)、教化部では6/9( 日) に終了した講習会の開催 に感謝して、「講習会感謝奉告祭」が執り行われました。祭司 の松田教化部長が「感謝奉告祭之祝詞」を奏上し、講習会が 無事に滞りなく大盛会に終了したことを神様に感謝しました。

終了後は、「祝賀会」が開催され、長きにわたり推進活動に 頑張ってこられた皆様、準備や運営に携わってきた運営役員 の皆様が、それぞれの労をねぎらい、感謝しあって、次回 2021 年( 令和3年度) の講習会での活躍を誓い合いました。

カテゴリー: 光のおとずれ, 講習会 | コメントは受け付けていません。

私の日時計日記 令和元年7月

導き親の「生長の家講習会」受講に感謝。
岩沼市・長田 弘さん

合掌ありがとうございます。
平成31年から、令和元年と改元されました今 年、天皇皇后両陛下のご成婚記念日となる6 月9 日(日)の佳き日に、宮城教区と山形教区とのペ ア開催による「生長の家講習会」が、山形県天童 市市民プラザのメイン会場のほか、宮城県内2ヶ 所をサブ会場として、仙台市太白区文化センター 樂樂樂ホールと生長の家宮城県教化部会館で行わ れました。前日まで、雨が降る天候でしたが、講 習会当日には、天気が回復し、講習会受講日和と なりました。講習会の推進に当たっては、3 月中 旬に私の東京に住んでいる姉に受講券を3枚送付 したところ、4 月4 日には甥と姪も一緒に、3人 で講習会に参加する旨の連絡をもらいました。早 速、講習会受講者確認名簿に3名の氏名を記載し て、祝福讃嘆の対象者とさせていただきました。

私は、姉から平成21 年3 月15 日に東京国際 フォーラムで開催された「生長の家講習会」に誘 われて参加受講したことが、生長の家を知るきっ かけとなりました。姉は東京第一教区の白鳩会会 員として活動しており、「ひかりの言葉」や、当時 の普及誌である、「光の泉」などを送ってくれてい ました。私が平成22年5月に入信すると、姉の 親孝行の思いから、母を東京の会員として聖使命 会入会と、白鳩会への入会手続きをしました。母 の聖使命会費と白鳩会年会費の費用を姉が、東京 第一教区に奉納してくれているのです。大変有り 難いことです。その母も、今回の講習会では、2 月6 日時点で参加受講すると決めていて、「東京 からも来てもらえるといいね。」といっておりまし た。そして、母、姉、甥、姪の4人が、仙台市太 白区文化センターでの受講となりました。会場の 聖典頒布所で、姉が普及誌3誌を購入したそうで す。「普及誌が輝いて見えたので、3誌を買ったよ。」 と、帰宅してから話をしていましたので、「それ、 自分が愛行誌として、教化部に献納したものだよ。」 と言ったら、「あら不思議だね。」といって、家中、 笑いの渦になりました。東京から3人も受講のた めに来てくれて、本当に感謝しています。来年3 月15 日(日)には東京第一教区がメイン教区と して講習会が開かれるそうですので、ぜひ参加受 講して、導き親へのご恩返しをしたいと決意させ ていただきます。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記 | コメントは受け付けていません。

光のおとずれ 編集後記 令和元年7月

光のおとずれ 編集後記 令和元年7月

★6/9( 日)「講習会」が無事終了致しました。 この日のために推進や祈願、準備や運営に携わっ てくださった皆様に心より感謝申し上げます。宮城教区はサブ会場とは言え「楽楽楽ホール」と「 教化部」の2会場の開催となり、2倍の準備と2 倍の労力、2倍の神経を使うことになりましたが、 皆様のご協力と神様の導きにより無事開催するこ とができました。一番心配したのは天候でした。 教化部会場は車を利用する受講者のために、臨時 の駐車場を4ヵ所借りましたが、1ヵ所は元々畑 だったために雨が降るとぬかるみになり使用でき ない可能性がありました。そうなると参加者の車 が入りきれない恐れがあるため、雨が降らないこ とを祈っていました。しかし、天気予報は無情にも前々日から雨マーク、当日は曇りの予報。前日 に雨が降れば当日はぬかるみになることは間違い ありません。ところがミラクルが起きたのです。 前々日から降っていた雨が、前日の午後には晴れ て太陽が出ました。そして、当日は晴れて日も差 し4ヵ所の臨時駐車場は全て使用することができ たのです。後で聞いた話しですが、ぬかるみにな る駐車場には11台が止まり、他の3ヵ所も満車。 教化部の駐車場には残り3台分しか空きが無くギ リギリだったとのことでした。まさに神業でした。

 

★楽楽楽ホール会場で心配だったのは、昼食会場 でした。ホール内での飲食はできないため、1階 2階のロビーと親子室にブルーシートを敷いて対 応することにしました。しかし、果たして500 人ほどの受講者が全員座ることができるのか、座 れない方々が帰ってしまわないか心配でした。唯々 うまくいくことだけを祈っていました。そしたら ここでもミラクルが起きたのです。1階2階とも ブルーシートの昼食会場はほどよい数の受講者が 座り、親子室の昼食会場もほどよい受講者で和や かにお昼を食べていました。ロビーにあるテーブ ルを囲んで立食されている方々もいました。又、 晴れて気持ちの良い天気だったので、会場の外の ベンチで楽しそうに食事を取る受講者の姿も見ら れました。結果的に昼食会場も無事クリアするこ とができたのです。これも神業でした。

 

★他にも教化部に300人入ったら暑くてエアコ ンがパンクするのではないか、教化部前のバスの 乗り降りや車の出入りで事故が起きないか等、不 安材料はたくさんありましたがそれらも全てクリ アされました。考えてみれば、1/20の「講習 会受講券奉戴式」より毎日「講習会大盛会実現の 祈り」が、教化部は元より各家々や誌友会場で実 修されていたのです。つまり「神意( みこころ) の 天に成る世界、既に地に成就せり」と繰り返し繰 り返し祈られていたのです。それが6/9の講習 会当日に実現したということでしょう。「祈りは必 ず実現する」ましてや「集団の祈りは予報をも覆 す」そのことを実感した一日となりました。

( T )

カテゴリー: 光のおとずれ, 編集後記 | コメントは受け付けていません。

光のおとずれ 教化部長 令和元年6月

「講習会推進は報恩感謝の徳積み行!」

生長の家宮城教区教化部長 松田正道

合掌 ありがとうございます。日頃より生長の家人類光明化運動・国際 平和信仰運動に、挺身・致心・献資の功徳を積まれます宮城教区会員信 徒の皆様、ありがとうございます。

▶生長の家総裁・谷口雅宣先生、生長の家白鳩会総裁・谷口純子先生の 直接ご指導による「生長の家講習会」が、いよいよ今月9日(日)に開 催されます。今思い起こせば一月の大寒の時期に「受講券奉戴式」を開 催し、講習会推進活動をスタートしてより約4ヵ月半が経ちました。宮 城教区内各地で、多くの会員・信徒の皆様が熱心に推進活動を展開して くださっています。

 

▶ある女性会員Aさんは、「教化部で休館日も返上 して【講習会受講者確認名簿】や【受講対象者祝福名簿】を前にして、 そこに記載された人々の実相顕現を祈ってくださっているのだから、私 たちが頑張らなくてどうしますか。だから機会ある毎に受講券を手渡し、 お勧めしているのよ」と満面の明るい笑顔で語ってくれました。また白鳩会員研修会で地方に出講したときのことです。熱心に信仰を深めてい る女性会員Bさんは、「普段はなかなか教化部には行けないけれど、2 年に一度の講習会でしょ、この講習会に人をお誘いすることは当たり前 ですよ。自分たちに出来ることと云ったら、せめてバスにいっぱいの人 をお乗せして仙台に行くことですよ」と朗らかに楽 しそうに微笑みを見 せて語ってくれたのが印象的でした。またある男性会員は、「数を追っ かけるような運動ではなく、自分たちがこの真理に触れた喜びを何も飾 らず日常のそのままの姿を通して講習会の話をすると確実に推進に繋が っていきます」と元 気よく、また力強く語ってくれます。あちこちでこ うした推進活動が、講習会当日までイキイキと展開されています。粘り 強く推進活動に励んでおられます皆様に、この紙面を通して心より感謝 申し上げます。

 

▶この記事を書いている今日(5月 11 日)の日めくり日 訓『光の言葉』(平成 31 年版)に、次のように書かれています。 「何は なくとも、笑顔で家族を祝福できる」と。朝一番の祈りの時に、「そう だ、家族にこそ今日は笑顔で愛情をいっぱい降り注ごう!」「今日はあ の人にもこの人にも講習会をお伝えしよう」と祈り、確信に満ちた決意 と共に一日を明るくスタートし、あなたのその満面の笑顔でご家族や友 人知人にほほえみかけてみてください。そして、勇気をもって講習会を お勧めしてみてください。祈り、且つ行動するということはこういうこ となのですね。これに関連する文章が、『新版 栄える生活365章』の 中に 『その人がその仕事を通して人類に貢献しようという愛念をもっ て、祈りながらその仕事を遂行するならば其処には実に偉大なる業績が 積まれつつあるのである。誰でも祈るとき、神の智慧が彼を導き、最も その人に適する仕事の場へと導き給い、自然に自己の社会的地位も向上 し、自己の経済生活も豊かになって来るのである。「先ず神の国を求めよ、 その余のものは汝らに加えらるべし」である』(同書180頁)と書か れています。

 

▶さて、去る4月の「教区練成会」は、講習会の推進を目 指してペア開催教区の山形教区教化部長・古田圭司本部講師にゲスト講 演をお願いし、練成会二日目にご講演頂きました。「カラス進入禁止の話」 等ユーモアを交え、コトバには力があることを教えて頂きました。人類 の持つ特権「コトバ」をフル活用してこれからの推進期間、全身全霊を 以て活動することを皆で誓い合いました。

 

▶生長の家創始者、大聖師・ 谷口雅春先生は、明治 26 年 11 月 22 日に神戸市にお生まれになりました。 そして求道生活に入られ、昭和5年3月1日に遂に『生長の家』誌創刊 号を以て「生長の家」をお始めになりました。先生は全国津々浦々での「講 習会」開催を通して、また数々のご著書を通して私たちにこの御教えを お説きくださいました。しかしながら現象界での使命を終えられて、昭 和 60 年6月 17 日に天寿を全うされ、神霊界に泰然として旅立たれました。 時代は既に「令和」です。先生の御遺徳を偲びつつ「令和」の時代最初 の御祭「谷口雅春大聖師三十四年祭」を、今月 17 日に宮城県教化部にて、 総本山・奥津城に時間を合わせて開催致します。どうぞご参列頂きます ようご案内(当頁上段参照)申し上げます。六月九日の講習会の大盛会 は、そのまま大聖師・谷口雅春先生への報恩感謝の誠を顕す最大の「徳 積みの行」でもあります。どうぞ講習会大盛会に向けての最大の〝徳積 み〟を宜しくお願い申し上げます。

感謝合掌
生長の家宮城教区教化部長
松田正道

カテゴリー: 光のおとずれ, 教化部長 | コメントは受け付けていません。

光のおとずれ 躍進する伊達な 相愛会 令和元年6月

相愛会連合会長 佐藤佳樹

〝最後まで祈りを ‼ 〟
合掌 ありがとうございます。
講習会まで、数日となりました。皆様には、最終 確認をお願い致します。

今回は、会場が太白区文化センター・楽楽楽ホー ル、宮城県教化部の二会場になっております。お誘 いした方がどちらに参加されるかを今一度ご確認く ださい。お弁当の手配がありますので確認の上事務 局にご連絡ください。また、宮城教区の受講券で山 形の天童市市民プラザに行かれる方もお弁当を用意 しますのでご連絡ください。

さて、私は平成8年2月に練成会を受け入信しま した。間も無くいろいろなことが起こりだしました。 駐車場に置いていた車がぶつけられ、次男が中学に 行かなくなりそして、私の仲人さんが脳腫瘍になり ました。このままだと余命半年との事でした。病状 は相当進んでいるため、手術は、患部をスプーンで すくい取るようにするだけで手術後の生存率は、一 年持てばよいとの事でした。私は早速、神癒祈願を 出し真剣に祈り始めました。

手術のお蔭で身体の障害は一時的に消え、本人は 治ったように思っていました。しかし半年後先生か ら呼び出しがあり「再発したので半年はもたない。」 と告げられました。奥さんと私は、落胆しましたが 本人には話さずこのまま見守ることにしました。し かし奇蹟がおこったのです。次の週担当医から電話 があり「先週のMRIの結果、癌が全て消えた。ど うして消えたかわからない。」との驚くほどの報告で した。私は、これを聞いて「神様は必ずいる」と確 信したのです。祈りは必ず聞かれるのです。

講習会まで短い時間ですが皆様の祈りを結集し、 大成功に導きましょう。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 躍進する伊達な 相愛会 | コメントは受け付けていません。

光のおとずれ 明るくはばたく 白鳩会 令和元年6月

白鳩会連合会副会長 髙橋二美


合掌
新元号「令和」の時代がスタートして一ヵ月が過 ぎ、「令和」「令和」と頭を切り換えた日々を苦笑し ています。

そして、6月9日(日) 待ちに待った「生長の家 講習会」が開催されます。白鳩会でも講習会推進の 為に「会員研修会」が開催され、松田正道教化部長 先生ご指導の下、聖使命会員拡大にもご尽力頂き、 その結果として新規入会・増口・昇格も増加致しま した。聖使命会員拡大対策部としましても、皆々様 に心から感謝申し上げる次第です。

生長の家の御教えの第一は「人間は神の子・無限 力」ですね。どんな時も心の支えと勇気をいただい て行動できます。

さあ、明るく・楽しく・元気よく前進、成功ある のみと信じて、すばらしい神の子の支部員、各人を 賛嘆しあって、新人さん・若い方々にお声をかけま しょう!

これからの「新しい文明のための倫理的な生き 方」「人も自然も活かす生活」も学んで参りましょ う。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 明るくはばたく 白鳩会 | コメントは受け付けていません。

光のおとずれ 喜び溢れる 青年会 令和元年6月

青年会委員長 髙橋英恵

合掌 ありがとうございます。
田植えも終わり、衣替えの季節になりました。令和 に入り二ヵ月が経ちましたね。

皆様におかれましては宮城教区青年会に対し日々、 ご愛念を頂いておりますことを心より感謝申し上げま す。

去る4月29日の「青年会全国大会」には沢山の 青年の皆さんとオブザーバーとして相愛会・白鳩会の 皆様、GWの忙しい中ご参加いただきありがとうござ いました。今年も東北六教区が宮城に集まり、内容の 素晴らしい全国大会が開催されて充実した一日を過ご すことができました。以前、宮城県教化部で働いてい た鈴木直人さんの体験談は特に印象強く、スクリーン から頑張っている様子がうかがえてとても嬉しいこと でした。

さて、もうすぐ講習会です。各組織の皆さんも最後 まで諦めず推進を進めております。まだ参加決意され ていない方、予定が分からず参加の返答をされていな い方などおられましたら、ぜひご連絡ください。当日 会場が満員となり素晴らしい講習会になることを祈り ながら、青年会も目標に近づくため祈りと共に推進さ せていただきます。

そして、講習会の翌月7月13日〜14日に「青年・ 壮年一泊見真会」が開催されます。全国初の試みで青 年と壮年が一緒に見真会に参加できるということで、 本部の方からもかなり注目されている行事です。今の ところ青年会中央部から二名の派遣講師、東北ブロッ ク対象なので山形の古田圭司教化部長、青森の辻田昌 司教化部長が講師として、講話や行事を担当してもら えることになっています。

是非この青年・壮年一泊見真会にも、たくさんの方 が参加していただきたいと思います。プログラムなど は、追ってまた皆さんにお伝えしたいと思いますので、 もうしばらくお待ちください。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 喜び溢れる 青年会 | コメントは受け付けていません。

光のおとずれ 真理の灯台 講師会 令和元年6月

地方講師会長 富樫幸男


合掌 ありがとうございます。
気温も日増しに上がり暖かい日々も続くようにな り、樹木達も葉を青々と繁らせ生き生きとした姿を見 せてくれています。

そのような中で、6月9日には宮城・山形において はペア教区として初めての「生長の家講習会」が開催 されます。講師・信徒の皆さまにおかれましては、開 催日が間近に迫り、日夜推進活動を展開しておられま すこと心より感謝申しあげます。

各人が参加者の「もう一人拡大」を心に持し、最後 の声がけをして、生長の家講習会を大盛会へと導いて まいりましょう。

平成26年11月21日、生長の家総本山・龍宮住吉本宮に宇宙創造の本源神なる天之御中主大神・ 高御産巣日神・神産巣日神が住吉大神に加えてご顕斎(お祀り)されました。

この龍宮住吉本宮の御神前にて執り行われる大祓 は、大神たちの〝宇宙創造の御働き〟である龍宮実相 世界の〝ムスビ〟の御光をうけ、霊波を移した各自の「人 型」を媒介として、一点の曇りなき完全円満なる神の 子の姿を顕現せしめる〝大乗大祓〟であります。

さらには、私たち人類のみならず、生きとし生ける もの(有情)、ありとしあらゆるもの(非情)を悉く 祓い浄めて、神・自然・人間の大調和した実相世界を 顕現せしめる荘厳なる御祭りであります。

このたび、龍宮住吉本宮では、6月30日に 「六 月晦大祓みなづきつごもりおおはらい」が厳粛に執りおこなわれます。どうぞ 皆様、この半年間の現象界に於ける「罪」や「穢れ」 を大祓によって浄めさせて頂きましょう。

そして、ご自身や信徒の皆様をはじめ、そのご家族 はもとより、友人、知人へも大祓の「人型」のお勧め をいたしましょう。

再拝。

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会 | コメントは受け付けていません。

「白鳩会会員研修会」開催!

5/8 矢本上町集会所 6名参加!

5/15 鈴木恭子様宅 5名参加!


3 月よりスタートしました「白鳩会会員研修会」も 残すところ1 会場となりました。松田教化部長のご指 導のもと、” 聖使命会員拡大” に励んで来ました。そ して、「講習会」に向けて気持ちがひとつになりまし た。毎回報告いただく参加者名の中にも、新人の方が 増えて来ました。嬉しいお声も聞こえて来ました。 「講習会」当日は、会場あふれんばりの大盛会となる こと間違いなしとの手応えを感じております。

カテゴリー: 光のおとずれ, 白鳩会, 白鳩会会員研修会 | コメントは受け付けていません。