カテゴリー: 復興支援活動

ご協力いただいた物資を手にボランティアに行ってきました。 菊地詩織

投稿日:2011年5月25日 カテゴリー:復興支援活動

先日は、たくさんの支援物資をさっそく送っていただきありがとうございました。5月22日に友人達と共に、みなさまからご協力いただいた物資を手にボランティアに行ってきました。

当日は、雨天となり旅館の大きなお部屋で遊ぶことになりました。中学生は別の行事があり、また南三陸町へ帰省していた子ども達もいましたが、1~10歳の子ども達13名が参加してくれました。物資の遊び道具を使い、風船遊びでのびのびと体を動かしたのち、新聞びりびり遊びで元気な声で大ハシャギで遊んでいました。その後、オセロ・小麦粉粘土・パズル・折り紙コーナーにて、子ども達はそれぞれ好きな所で集中して遊んでいました。帰りの際には、ひとりひとりにプレゼント(物資)があることを伝えると、大喜びで受け取っていました。その他の個数が合わない物資については、子ども達に欲しいものを選んでもらい差し上げました。その後、子ども達は持って帰るはずだった最初に遊んだ風船のことを忘れるくらい、もらったプレゼントを大事そうに抱えて帰っていきました。親御さん達からは、感謝の言葉をいただきお役にたつことができてよかったと思いました。今後も、定期的にボランティアに行く予定です。

今回、物資のご協力をいただきました総裁先生ご夫妻はじめ、本部職員のみなさま、愛媛教区白鳩会、島根教区白鳩会の方々など、みなさまには感謝の気持ちでいっぱいです。たくさん送っていただいたので、今後の活動や他の避難所にも分けながら大切に使わせていただきたいと思います。本当にありがとうございました。

宮城教区  菊地詩織

再拝

カテゴリー: 復興支援活動   パーマリンク

 

本部から第3陣「被災地復興支援隊」の皆様が来られました。

投稿日:2011年5月25日 カテゴリー:復興支援活動

左から 清水さん、中村さん、佐伯英子さん 兒玉さん、紀野さん、田中さん

■平成23年5月14日(土)~20日(金)まで、生長の家本部より紀野輝明さん、田中尚さん、清水志郎さん、中村優さん、兒玉久仁子さんが「被災地復興支援」に来られ、ご協力頂きました。

支援内容は、物資の仕分け、写真洗浄、石巻、亘理信徒さん清掃作業。聖使命会員被害状況データ入力など様々な支援を頂きました。

第3陣の皆様も、石巻日和山公園で「聖経 甘露の法雨」を真心込めて読誦して下いました。第3陣「被災地復興支援隊」の皆様のお陰で、被災された信徒の皆様に、大変喜ばれた支援活動を続けることができました。ご協力ありがとうございました。最後に、第3次隊にご協力頂いた、清水志郎さんのポスティングジョイに掲載された内容を紹介致します。 (三浦記)

(第3支援隊の本日の活動は、信徒の方への物資の運搬と石巻港のSさん宅の清掃作業でした。連日のようにSさん宅に支援に行かせて頂き、如何に一軒の被災されたお宅の支援活動が、重要且つ大変なものであるか気づかされます。震災の甚大な被害を見ると、泥かきや瓦礫の撤去等が主な活動と考えていましたが、結局、私達にできることは、被災者の方に心配りをしながら、細かい作業を重ねることでした。又、その積み重ねにより、信頼関係を築き、少しでも被災者の方の心を癒すように努めることと教えてもらいました。教化部及び支援隊の皆さんは、”心配りのかたまり”のような素晴らしい作業をしており、感銘を受け続ける日々です。今日も、Sさんご家族に、心から喜んでもらえました。これも、今まで活動されてきた方々と支援隊を支援して下さっている皆さんのお陰とその結晶です。感謝の想いでいっぱいです。さらに、今後も支援隊の活動が継続していく話もあり、本当に嬉しく思うと共に、自分としても様々な支援の形がありますが、一般ボランティアへの参加等、とにかく直接被災地との繋がりを継続していきたいです。被災地は、いろいろありながらも、元気いっぱいです!)

カテゴリー: 復興支援活動   パーマリンク

 

本部から第2陣「被災地復興支援隊」の皆様が来られました。

投稿日:2011年5月25日 カテゴリー:復興支援活動

■平成23年5月7日(土)~13日(金)まで、生長の家本部より紀野輝明さん、斉城偉さん、関田圭一郎さん、山田麻衣さん、稲留薫さんが「被災地復興支援」に来られ、ご協力頂きました。

支援内容は、自転車配送作業(20台)、気仙沼、石巻、登米へ物資配送。石巻、亘理信徒さん清掃作業。聖使命会員被害状況データ入力など様々な支援を頂きました。

皆様のご協力により、全国から届いた支援物資を被災地に届けることができ、大変喜ばれました。清掃作業では「復興を祈念する、祈りではじまり、祈りで終わる」ことで、調和した雰囲気の中で作業を続けることができました。

また、私達の知らない時に、本部 紀野輝明隊長先導の下、「聖経 甘露の法雨」を真心込めて読誦して下さいました。

被災地を一望できる日和山

「…被災地を一望できる日和山に登りお祈りと聖経読誦をさせていただきます。身をもって私たちに語り給う観世音菩薩様ありがとうございます・・・・・。」と祈念して。

「石巻、宮城県の復興は自然と大調和の内に必ず復興できる」と一同感謝と共に思わせて頂きました。

宮城教区は、全国、世界中の生長の家信徒皆様からの愛の祈りを受け、感謝と祝福の気持ちを一杯に、復興支援、講習会推進へ邁進してまいりましょう。第2陣「被災地復興支援隊」の皆様、ご協力ありがとうございました。              (三浦記)

カテゴリー: 復興支援活動   パーマリンク

 

三本木の早坂登貴さんが開いている家具店の後片づけの支援に行ってきました

投稿日:2011年4月16日 カテゴリー:復興支援活動

小坂事務局長 より

■4/15(金)には本部から小関隆史さん、大沼由美子さんが支援に来られたので、三本木の早坂登貴さんが開いている家具店の後片づけの支援に行ってきま した。2度の地震で建物も家具も被害を受け、お店は開いていてもお客さんが家具を見れずに帰ってしまう状況でした。14(木)には相愛会の照井会長と佐竹 孝一さん、青年会の若山裕之君の3名で手伝い、15(金)は5名で手伝った結果、何とか家具の展示が可能となり店らしさを取り戻すことができました。早坂 さんも、見違えるようにきれいになったお店を見て本当に喜んでいました。

カテゴリー: 復興支援活動   パーマリンク

 

気仙沼にお見舞い訪問に行って参りました

投稿日:2011年4月16日 カテゴリー:復興支援活動

小坂事務局長 より

■4/13(水)は髙坂教化部長、福田みどり白鳩会連合会長、高橋惠子地方講師会長と一緒に気仙沼にお見舞い訪問に行って参りました。震災後初めての気仙 沼入りです。地元の米川玲子さんの案内で、避難所生活をしている会員の方や地元の幹部である小山勝子さん、岩槻礼子さん、竹渕節子さんなど7軒の方々を訪 問し激励して自転車等の支援物資を届けて参りました。途中、南気仙沼の方を通りましたが、町を流れる川には津波で押し流された車や船、夥しいがれきが散乱 し、町は破壊され見る影も無い無残な状況に皆声を失いました。そんな中にあっても、米川さんや竹渕さんなど地元の方々は明るく、感謝の気持ちを忘れずに、 家や仕事、生活の復興に前向きに立ち向かっている姿に、こちらが本当に励まされました。髙坂教化部長も就任後初めての気仙沼訪問でしたが、信徒の皆様が明 るく元気な様子を見て、本当に安心し喜んでおられました。


カテゴリー: 復興支援活動   パーマリンク

 

岡山教区の白鳩会からダンボール400箱の支援物資が届きました

投稿日:2011年4月11日 カテゴリー:復興支援活動

■4/8には東京の茅野美香様から子供用の衣類が、大阪教区からはお米300㎏が届きました。ありがとうございました。又、義援金も大分の匿名様、大阪の K.H様、R.M様、東京のN.A様、Z.S様、神奈川のH.I様等、他教区の皆様からも個人的にお振り込み頂きました。心から感謝申し上げます。

4月8日、本部の精鋭メンバーがトラック3台で教化部に参上しました!

■また、4/8には生長の家本部から戸島総務部長、吉原教区運営管理室長、眞藤さん、高橋さんの4名がトラック3台で宮城教区に支援物資を届けに来て下さ いました。お米や野菜、缶詰やカップ麺、自転車や石油ストーブ、ガソリンや灯油など本当にたくさんの物資を届けて下さいました。ありがとうございました。


200リッターの灯油のドラム缶

自転車が約30台


■4/9、4/10、4/11には、早速岩沼、矢本、石巻にこれらの支援物資を届けに行きました。被災地ではほとんどの方が車や自転車を流されて交通手段 に困っていたので、自転車の提供を本当に喜んで頂きました。又、今も被災地ではガスが復旧していないので石油ストーブも煮炊きをするのに大変喜んで下さい ました。


■4/11には、岡山教区の白鳩会からダンボール400箱の支援物資が届きました。午前10時、4/8に岡山を出発したトラックが教化部に到着。教化部では 教化部長他職員6名の他に相愛会7名、白鳩会16名、計29名の有志にお集まり頂き、早速400箱の支援物資の荷下ろしを行いました。宮城教区のためにこ れだけの支援物資を、集めて、梱包して、箱に中身を書いた紙を貼り付けて下さった、岡山教区の白鳩会の皆様のご努力とご愛念には本当に感動し感激致しまし た。それだけでも大変な作業なのに、「がんばろう日本!がんばろう宮城!」と大書した模造紙に、荷造り作業をされた白鳩会の方々なのでしょう、70名ほど の方一人一人が激励やお見舞いのメッセージを書いた寄せ書きまで贈って下さいました。岡山教区の白鳩会の皆様。皆様のご愛念に本当に勇気と力を頂きまし た。皆様のご愛念を力にこれからの被災者支援活動に頑張ってまいります。本当にありがとうございました。


カテゴリー: 復興支援活動   パーマリンク

 

生長の家宮城教化部 「災害復興支援隊」活動レポート

投稿日:2011年4月7日 カテゴリー:復興支援活動

平成23年4月3日~4月5日の3日間、「災害復興支援隊」として、宮城県沿岸部(石巻市、東松島市)へ向かいました。

まず、大講堂で髙坂幸雄教化部長に出発の祈りをしていただきました。女子職員、大沼由美子本部員を中心に滞在中の食事の準備もしていただきました。

石巻市内は信号機は点灯せず、両脇に車や瓦礫の山が積まれているため、車もやっと一台通れるような状態でした。


4月3日
メンバー(9名):小関隆史本部員、柴田忠洋本部員、山本英輔さん(日本教文社)、照井隆二連合会長、佐藤佳樹講師、佐竹孝一さん、三浦光宏光明実践委員、若山裕之さん、鈴木直人青年会事務局長

清掃前

清掃後

初日は相愛会の佐藤邦夫さんのお宅へ行かせていただきました。ご自宅2階までの自営で店を開いているごスペースの清掃奉仕を行ないました。午後1時から開始し、4時半頃まで高圧洗浄機やスコップ、ブラシ等を駆使してお店全体を明るくキレイにすることができました!

津波で流れついてきた自転車

佐藤さんは津波で流れついてきた自転車を使用し、ご近所や知人の安否確認をしてまわっていたとのことでした。すっかり泥を洗い流した部屋を見ていただいて、これからの生活に大きな希望を持っていただけたようでした。


4月4日

メンバー(6名):小関隆史本部員、柴田忠洋本部員、山本英輔さん(日本教文社)、三浦光宏光明実践委員、若山裕之さん、鈴木直人青年会事務局長

聖使命会員のSさん宅

2日目は東松島市の聖使命会員のSさん宅の清掃奉仕を行いました。部屋が8つある広いお宅で、まずは荷物を外に運び出し、日当たりの良い奥にある部屋から泥だし・洗浄を始めました。最初は掃除を諦めかけていたSさんも、部屋がキレイになっていくのを目の当たりにして、少しずつ笑顔が見えるようになってきました。この日は午前10時半より午後の5時半くらいまで、一日がかりの作業でした。


4月5日

メンバー(7名):小関隆史本部員、大沼由美子本部員、柴田忠洋本部員、山本英輔さん(日本教文社)、三浦光宏光明実践委員、若山裕之さん、鈴木直人青年会事務局長

前日から清掃奉仕に入っているSさん宅が予定より早く作業が進んでおり、Sさんの方から「近所のTさんのお宅もお願いしたい」という話をいただき、午後からはTさん宅へ移動。お昼からかけつけてくれた大沼由美子本部員のご実家から食事の用意をしていただき、皆さんで外でおいしい食事をいただきました。

時間が迫っていましたが、お昼から午後5時半まで作業をさせていただいて2部屋を洗浄する事ができました。

Tさんのご主人が「おかげできれいになりました。毎日少しずつやっていたんですが、作業が1ケ月分進んだ気がします。明日からまた頑張ろうという気持ちになりました」という事を言っていただき、作業にあたったこちら側も大変嬉しい気持ちになりました。


この3日間、食事・宿泊・お風呂等のお世話をして下さいました、白鳩会の阿形典子さん、伊藤昌子さん、ありがとうございました。伊藤昌子さんのお子さん、将真くんと、咲希ちゃんには小関隆史本部員からの絵手紙のプレゼントもありました。

食事の準備や地域の皆様と連絡を取り続けてくださいました大橋みな子さん、阿部弘子さん他、ご協力いただきました全ての皆様に感謝申し上げます。ありがとうございます。

※是非この機会にPostingjoiに登録し、TKさんが書いたジョイ(今回の「災害復興支援活動」の報告)もご覧下さい。

災害復興支援隊 鈴木直人記

カテゴリー: 復興支援活動   パーマリンク

 

宮城教区から被災者へのお知らせ(掲示板)

投稿日:2011年4月4日 カテゴリー:復興支援活動

小坂事務局長 より

  • 現在宮城県教化部には多数の救援物資が届いています。
    新潟越南教区からは救援物資ダンボール82箱。宇治市、服部信男様からお米30㎏。総本山、林光子様からダンボール1箱届きました。心から感謝申し上げます。
    又、山形県教化部からは教化部車(ノア)をお借りすることができました。後片づけの支援活動や救援物資を届けるのに大変助かっています。
  • 青年会部から大沼由美子さんが宮城の支援に入ってくれました。救援物資の仕分けや支援活動の準備など、教化部職員だけでは手が回らない部分を手伝ってくれ本当に助かりました。感謝です。
  • 4/3~5まで出版広報部の小関隆史さん、日本教文社の山本英輔さん、青年会部の柴田忠洋さんが宮城の支援活動に来てくれました。早速、宮城から相愛会3名、青年会3名(教化部職員2名)の9名で「災害復旧支援隊」を結成し、朝8時30分に教化部に集合。3台の車に救援道具を詰め込み、髙坂教化部長の出発の祈りの後、支援先の石巻に出発しました。
カテゴリー: 復興支援活動   パーマリンク