カテゴリー: 光のおとずれ

講師会「講師の集い」開催!

投稿日:2020年11月29日 カテゴリー:光のおとずれ 講師の集い 講師会

講師会「講師の集い」開催!講師会「講師の集い」開催!


講師会はコロナ禍、教化部で集う事ができない現状の中、 こちらから出向いていきましょうと「講師の集い」を企画致しました。教化部長先生からは「出前講師」ですねとのうれし いお言葉を頂き、県北・南部と2 会場開催させて頂きました。 教化部からは大型テレビを持参。会場では、谷口雅宣先生、 谷口純子先生の御講話拝聴、参加者の方々は映像の中の両先 生のお話に大感動。教化部長先生の講師に向けてのお話も素 晴らしく、私自身勉強をさせて頂きました。部長先生と久し ぶりにお会いする感動を体中で表現され、新たな決意発表もして頂きました。元白鳩会連合会長の小坂よね子先生も参加 して頂きました。以前よりも若々しいお姿がうれしかったで す。中止となった地区の皆様、申し訳ございませんでした。

カテゴリー: 光のおとずれ, 講師の集い, 講師会   パーマリンク

 

光のおとずれ 編集後記 令和2年12月

投稿日:2020年11月29日 カテゴリー:光のおとずれ 編集後記

光のおとずれ 編集後記

★ 早いもので今年も師走。「コロナに始まりコロナ に終わる」と思うと遣る瀬無い1 年になりますが、 「祈りに始まり祈りに終わる」私達の1 年は、コロ ナ禍でも神様に祝福された素晴らしい年となったの ではないでしょうか。

私事で恐縮ですが、私の娘も この1 2 月にようやく結婚することになりました。 娘の半身を聖使命会員に入れて、神様にお祈りしご 先祖様にお願いすること8 年。今年の2 / 2 3 の天 皇誕生日に初めて娘から彼氏を紹介され、その後何 度かわが家にも来て話をするようになりました。

わ が家の子供たちのことは練成会等でも話しをしまし たが、3 人とも親とはほとんど話をしません。こち らから話かけてもスル― されるか頷く程度、会話が 成り立ちませんでした。何でこんな子供に育ったの かと悩みの種でしたが、ナント結婚相手がよくしゃ べる方だったのです。長男の時もそうでしたがお嫁 さんがよく話をする明るい方でした。娘の彼氏もよ くしゃべる方で会話が成り立ち安心しました。つま り、子供たちが話をしなくても義理の娘や息子とな る方が話をしてくれるので、親子の会話が成り立つ ことになったのです。まさに「万事好都合」でした。

★ 「祈りに始まり祈りに終わる」と言えば、今年を 締めくくるに当たって教化部では1 2 / 1 9 に「大 晦大祓( おおつごもりおおはらい) 」を行います。「 祓」の起源は神代の昔、伊邪那岐大神( いざなぎの おおかみ)が筑紫の日向(ひむか)の橘の小戸(おど )の阿波岐原(あはぎはら)で、禊(みそぎ)祓いをし たことから始まります。国中の全ての罪穢れを祓う 祭儀を「大祓」と言い、太古より大祓は災害や疫病 などの災いがあるたびに行われてきたのです。平安 時代には、大内裏( だいだいり) の正面にあたる朱 雀門(すざくもん)に親王以下在京の百官が参集し、 大祓祝詞を奏上して、万民の罪穢れを祓ったと伝え られています。つまり私達日本民族は、悠久の昔か ら災害や疫病などの災いが起きるたびに、国を挙げ て大祓を行い国中の罪穢れを浄化して、国家の安泰 と国民の平安を祈ってきたということです。

★ 谷口雅春先生は昭和5 5 年1 2 月3 1 日の龍宮住 吉本宮における「大晦大祓」の中で、「にせものは皆 ふき祓へ大空の無きこそもとの姿なりけり」と祈ら れ、更に「虚妄をみな吹き祓って、実相完全の世界 を現すのが大祓であります」と、大祓の意義をお説 きになられました。つまり、私達が知らず知らずの うちに犯した罪穢れは、本来「完全円満なる実相」 を忘れた結果ですから、住吉大神の宇宙浄化のお働 きによって全ての人が〝本来罪無し〟の自覚を深め、 〝にせものの我〟を吹き祓うことで一人一人の実相 顕現はもとより、中心帰一・万物調和の実相世界を 地上に現していくのが生長の家の大祓だと言うこと です。平成2 6 年からは〝造化の三神〟もご顕斎さ れ龍宮住吉本宮で執り行われる大祓は、人類のみな らず有情非情を悉く祓い浄めて、神・自然・人間の 大調和した実相世界を顕現する更に荘厳なる御祭り となりました。「終わり良ければ全て良し」。コロ ナ禍で知らず知らずのうちに溜まった悪しき想念感 情を「人型」に移し、〝にせものの我〟を吹き祓って 今年1年を締めくくりましょう。

(T)

カテゴリー: 光のおとずれ, 編集後記   パーマリンク

 

私の日時計日記 令和2年12月

投稿日:2020年11月29日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

コロナ禍でも二人の息子に嬉しい出来事が !!
石巻市・H・A さん

合掌 ありがとうございます。
我が家の長男は東日本大震災で20数年経営してい た飲食店を閉めました。そして、心癒やすかの様に2 年半、遠方で全く違う職業に就いていました。再度、 包丁を持つ信念で。今年の7 月、コロナ禍の中、長男が師匠と尊敬する方からお声がかかり、石巻の素晴らしいお店で調理を任せられることとなりました。

7 月、8 月は酷暑でコロナの状況もあり、長男と次男の勤務時間も異なり、若くない私の炊事係は少しこたえました。お盆、お彼岸も過ぎた頃、長男からお付き合いしている方が出来たこと、将来のこと等を告げられました。私と主人はまだ相手の方にはお会いして いませんが、その時以前と違う長男の穏やかな表情を 「そうゆう事か」と頷けました。素晴らしい方と出会 えたと、私の想像の中で安堵しております。

思えば慣れない仕事に励んでいる長男の姿を想わぬ 日は無く、唯々神に、囲りのお支えくださる方々に感謝のコトバで日記は〆られていました。次男もこの度、 会社で人員整理がありましたが、早々に残ることが決 まり、更なる仕事への責任と意欲が見られるようにな りました。幸せを願い、感謝し記した『日時計日記』は、 どれ程の流れを綴ったでしょう。朝露に濡れた一輪の 花に愛しさと感動する時の想いを忘れず、その想いが 表現出来る様、善き「コトバ」を記し、実践出来たらと願っています。ありがとうございました。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

「第21 回クリーン ウォーキング」開催!

投稿日:2020年11月29日 カテゴリー:クリーンウォーキング 光のおとずれ 相愛会

「第21 回クリーン ウォーキング」開催!「第21 回クリーン ウォーキング」開催!


★令和2年10 月18 日(日)午後 1時30 分から、相愛会宮城教区連合会恒例の「第21回名取川クリー ンウォーキング」が開催されました。 例年ですと、年2回の地域貢献活動としての行事でしたが、今年は新型 コロナウイルスの影響により、5月 開催予定のものが延期となり、今回の開催に至りました。

★参加者は千葉満相愛会宮城教区連 合会長をはじめとした相愛会会員の 参加総数13名と、佐々木トクエ白 鳩会宮城教区連合会長、白鳩会対社会活動対策部の方々(白鳩会の参加 総数4名)の合計17名にて名取川 河川敷の清掃活動をさせていただき ました。前日まで雨が降っておりま したが、活動当日は天気がよく、ク リーンウォーキング日和でした。ク リーンウォーキングにご参加いただ きました、相愛会および白鳩会の皆様、清掃活動へのご協力ありがとう ございます。

相愛会宮城教区連合会事務局

カテゴリー: クリーンウォーキング, 光のおとずれ, 相愛会   パーマリンク

 

白鳩会「熟年の集い」開催!

投稿日:2020年11月29日 カテゴリー:光のおとずれ 熟年の集い 白鳩会

白鳩会「熟年の集い」開催!白鳩会「熟年の集い」開催!


10/16 の船岡生涯学習センターを皮切りに、11/17 の前坂南集会所まで10 会場で開催いたしました。どの会場でも「急設(九折) スタジオ」の総裁先生、純子先生の動画を視聴していただきました。 純子先生の〝永遠の命を生きる意味〟は皆様、とても感銘を受けていました。そして、総裁先生の〝七重塔に文字を重ねる〟では皆様に自宅に帰られてから、墨書していただくよう、七重塔を印刷した葉書をお渡しいたしました。とても喜んでいただきました。参加された方より、

「コロナ禍の中、お互い元気で参加出来たことを喜び合いました。 教化部へ行く機会もなく、淋しい思いをしておりましたので、佐々木 会長さんたちとお会い出来、大切なお話を聞かせていただき、私共の 存在も忘れられてないことが嬉しくて、また頑張るパワーを頂戴出来 ました。」

との喜びの声をいただきました。

カテゴリー: 光のおとずれ, 熟年の集い, 白鳩会   パーマリンク

 

相愛会「みんなが幸せになれる見真会」開催!

投稿日:2020年11月29日 カテゴリー:光のおとずれ 相愛会 見真会

「みんなが幸せになれ る見真会」開催!

1 0 月2 5 日(日) に、相愛会宮城教区・山形教区共催にて、「みんなが幸せになれる見真会」が開催されました。当初、1 0 月 2 4 日(土) ~ 2 5 日( 日) に開催予定にしておりました、相愛 会南東北一泊見真会の代替行事としてZ o o m によるネットフ ォーラムにて見真会を開催したものです。宮城教区の加賀靖彦さんに体験発表をしていただき、国際本部相愛会・栄える会推進課の大隈賢治本部講師に「みんなが幸せになれる!」と 題して講話をしていただき、家族愛・夫婦愛についてわかり やすくお話いただきました。

最後は、宮城教区・山形教区 の教区ごとに参加者全員に対して、「幸せを作る良き言葉( Ⅳ ) を唱えて終了いたしました。宮 城教区は男女併せて2 8 名、山 形教区は男性のみ6 名、宇治から男性1 名の方々がネットにてご参加いただきました。

カテゴリー: 光のおとずれ, 相愛会, 見真会   パーマリンク

 

中止:第361回神性開発“新春”宮城練成会

投稿日:2020年11月29日 カテゴリー:光のおとずれ 宮城県教化部 練成会

令和3年1月の「第361 回神性開発新春宮城練成会」は、新型コ ロナウイルス感染症防止のため、已む無く中止することになりま した。代替行事として1/ 31( 日) に「第4回ネットフォーラム・ 祈り合いの神想観」を開催致します。

  • 「第4回ネットフォーラム・祈り合いの 神想観」プログラム
    9:40 ~ 9:50「開会の祈り・挨拶」
    9:50 ~ 10:00「体験談」
    10:00 ~ 10:30「祈り合いの神想観説明講話」
    10:30 ~ 12:00「祈り合いの神想観」
    12:30 ~ 12:50「神想観の集い」
    12:50 ~ 13:10「結語講話」
    13:10 ~ 13:20「閉会の挨拶・祈り」
  • 「祈り合いの神想観」は松田教化部長の ご指導です。
  • 「祈り合いの神想観」で祈ってもらいた い方は、同封の「祈願用紙」に記入して 事前に教化部に郵送してください。但し、 当日オンラインで参加可能な方のみとな ります。(「祈願用紙」はホームページか らもダウンロードできます)
  • ※ID、パスコードは「光のおとずれ12月号」の折込資料を ご覧ください。
  • ※奉納金は随意です。奉納方法も自由です ( 後日教化部持参も可)。
カテゴリー: 光のおとずれ, 宮城県教化部, 練成会   パーマリンク

 

中止:令和3年新年祝賀式

投稿日:2020年11月29日 カテゴリー:光のおとずれ 宮城県教化部 新年祝賀式

  • 令和3年1月10日( 日) の「新年祝賀式」 は、新型コロナウイルス感染症防止のため、「 新年祭・総裁先生のビデオメッセージ・7者 の年頭の挨拶」のみを、Zoom で配信し視聴 してもらうことになりました。
  • 日時1/10( 日) 10:30 ~ 12:00
  • ※ ID、パスコードは「光のおとずれ12月号」 折込資料をご覧ください。
カテゴリー: 光のおとずれ, 宮城県教化部, 新年祝賀式   パーマリンク

 

中止:令和3年元旦 早朝神想観始め

投稿日:2020年11月29日 カテゴリー:元旦神想観始め 光のおとずれ 宮城県教化部

  • 令和3年1月1 日( 金) の「元旦神想観始め 」は、新型コロナウイルス感染症防止のため、 已む無く中止することになりました。
  • 代替行事として、松田教化部長が事前に録画 した「神想観・年頭の挨拶」を、 宮城教区のホームページから元 旦の0時以降に視聴できるよう にしますので、来年は各自ご自 宅で「元旦神想観」を実修して ください。
カテゴリー: 元旦神想観始め, 光のおとずれ, 宮城県教化部   パーマリンク

 

光のおとずれ 真理の灯台 講師会 令和2年12月

投稿日:2020年11月29日 カテゴリー:光のおとずれ 真理の灯台 講師会

地方講師会長 福田みどり

 


合掌 ありがとうございます。
宮城教区地方講師の皆様、ありがとうございます。この 一年、3月からはコロナ時代に入り、生長の家も大きく変 わりました。先の見えない講師活動に、皆様も様々な変化にとまどい、不自由な日々を送ってこられた事と思います。 ネットを使っての正副会長会議を開催するなんて、グルー プ教義研修会を教化部に集まって楽しく研修してた頃には想像もつかない事でしたネ。変化についていくのが精一杯 でした。来年の活動も変わっていく事と思いますが、変化を受け入れ、コロナ禍ではありますが、新しい文明を築い ていく一人として、誇りを持って来年も進んでいきたいと思います。皆様とお会いできない淋しい一年でしたが、来年は良くなる!どんどん良くなる!と信じて。講師の皆様の活動に心より御礼感謝申し上げます。御愛行ありがとう ございます。

講師の方々から、封筒の愛行を頂きました。ありがとうございます。講師会のからのお便りに使用させて頂き、大変助かっております。又、災害時の備品として、たくさん の雑巾を愛行頂きました。60枚以上の雑巾は袋型になっ ていて、手を入れて掃除できる物もありました。災害復興時、一番最初に欲しいものですよね。皆様、御愛行ありがとうございました。これからも地域の方々と共に支えあっ てコロナ禍を乗り越えていきましょう。 皆様の御健康とお幸せを心よりお祈り申し上げます。

感謝合掌

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会   パーマリンク

 

光のおとずれ 喜び溢れる 青年会 令和2年12月

投稿日:2020年11月29日 カテゴリー:光のおとずれ 喜び溢れる 青年会

青年会委員長 遠藤弘昭


合掌 ありがとうございます。
日ごろより青年会活動にご理解、ご協力を頂き感謝申し上げます。

早いもので今年も残りわずかとなりました。この一年を 振り返り、大事なく過ごしてこられたことに感謝の気持ちです。

さて振り返りと言えば、今年は『日時計日記』を活用した振り返りに力を入れる予定でした。信仰を実践のみなら ず、振り返りによって深めようというものです。ところが 「新型コロナウィルス感染症」拡大防止のために青年会全国大会が中止となり、その実践方法を十分に習得できませんでした。そこで、現在青年会の有志で企画している振り返りの会というイベントをご紹介したいと思います! こ れは参加者がZoomにて、一ヵ月ごとに振り返りをしま す。それを皆と共有、対話をしながら、新たな月に向けての準備を楽しむ会です。振り返りと言いますと何か難しそうな、固そうなイメージを持たれるかも知れませんが、この会は日時計主義に基づいた振り返りを楽しく行います。 また、信仰のみならず生活面も振り返って頂いて、より良 い習慣を身に付けて頂くこともできます。青年会員の方であればどなたでもご参加頂けますので、もし参加されたい方がいらっしゃいましたら私にご連絡ください。Zoom のID とパスコードをお教えいたします。ぜひ、私たちと 日時計主義に基づいた振り返りを楽しみましょう!

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 喜び溢れる 青年会   パーマリンク

 

光のおとずれ 明るくはばたく 白鳩会 令和2年12月

投稿日:2020年11月29日 カテゴリー:光のおとずれ 明るくはばたく 白鳩会

白鳩会連合会長 佐々木トクエ


合掌 ありがとうございます。
常に生長の家白鳩会宮城教区連合会の運動にご尽力賜りましてありがとうございます。早いもので今年も最後の月を迎えました。皆様いかがお過ごしですか。今年一 年振り返ってみますとコロナウィルスのことで、今まで にない大きな変革の年となりました。一見悪現象と見えますが、今までの人類の人間至上主義(化石燃料の使用、 原発、森林伐採、肉食等)への警鐘として受け止め、私達一人ひとりが倫理的な生活を心がけていくことが大事 なのですね。

『生命の實相』38巻123頁より抜粋

われわれは遷り変わらないものを愛しなければならぬ。永遠価値のものを愛しなければならぬ。絶対的なものを愛しなければならぬ。すべて心を労してもとめても、 やがて価値の変わるものに心を労してはならぬ。神より出ずるもの、神の属性であるもののみ無限価値がある。 愛は無限の価値あるものである。赦しは無限価値あるものである。忠、孝はむろんのこと、すべて肉体を超えて永存する価値のことを考え、求めなければならぬ。

とあります。
私達は,山も川も草も木も鉱物も動物、鳥、 虫たちも全て神様の命の現れと教えて頂いております。私達はただ愛し、感謝し、神・自然・人間の大調和実現をめざして皆様と共 に喜びを持って運動してまいりたいと思います。Zoomの入り方を多くの方々にお伝えし、ネットフォーラムに参加できる方々を増やしていきたいと思っております。 今年もご協力ありがとうございました。皆様のご多幸を 心より祈念いたします。来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

感謝合掌

カテゴリー: 光のおとずれ, 明るくはばたく 白鳩会   パーマリンク

 

光のおとずれ 躍進する伊達な 相愛会 令和2年12月

投稿日:2020年11月29日 カテゴリー:光のおとずれ 躍進する伊達な 相愛会

相愛会連合会長 千葉 満

合掌 ありがとうございます。
皆さま方には日頃相愛会運動に邁進して下さいましてあ りがとうございます。誠に感謝申し上げます。今年も早い もので12月を迎えております。今年はコロナの影響もあ り、予定していた各行事の中止、または縮小を余儀なくさ れました。今年の相愛会運動方策に誌友会、練成会、教区大会をリンクした運動を掲げておりましたが、誌友会の開催は、皆さまのご協力で何とか復活し、練成会、教区大会に関しては開催できる状況ではありませんでした。しかし 10月25日に教区大会のテーマを復活させ山形教区と共 同で「みんなが幸せになれる見真会」をオンラインにて開催出来たこと、そして「大隈賢治本部講師のお話が素晴らしかった」「本部練成道場の雰囲気を久々に感じられた。」 「親孝行の大切さを初め、とても基本的な信仰の大切さを学ばさせて頂いた」等々参加して下さった方々に喜びの声を頂けたことはとても嬉しいことでした。参加して下さっ た方々本当にありがとうございました。また6月の大祓い、 8月の霊牌がこのような状況にも関わらず前年より多かっ たことも凄いと思いました。この状況下の中、皆さまの思いを感じました。

今年は当たり前にできる運動が本当にありがたいこと、 特に誌友会が復活した時は生長の家の原点に帰った運動の大切さを感じました。来年度は今年の反省を生かし皆さま方に喜んで頂けるような、皆さまの意見に耳を傾け運動を考えて参りたいと思います。最後に12月6日(日)の大先祖供養祭に参加され、ご先祖様に感謝の気持ちをもって、 さらに大晦大祓で身を清められて素晴らしい新年を迎えて 参りましょう。それでは皆さま今年一年ありがとうござい ました。心から感謝申し上げます。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 躍進する伊達な 相愛会   パーマリンク

 

光のおとずれ 教化部長 令和2年12月

投稿日:2020年11月29日 カテゴリー:光のおとずれ 教化部長

「観かんの眼つよく、見けんの目よわく」

生長の家宮城教区教化部長 松田正道


▶常日頃より人類光明化運動・国際平和信仰運動、そして自然と共に伸びる運動実現に向けて、挺身・致心・献資の尊い功徳を積まれます宮城教区の会員・信徒の皆様、ありがとうございます。

▶江戸時代初期の武術・剣術家に 宮本武蔵という人物がいます。武蔵の著した兵法を記述した書に『五輪書ごりんのしょ』 があり、「水之巻すいのまき」に「観かんの眼つよく、見けんの目よわく」とあります。ここで 云う「見の目」というのは、人間に備わっている肉眼のことで物事の表面だ けを捉え、物事を浅くしか見ることが出来ません。これはその時の状況や雰囲気に左右されたり錯覚を起こしたり、いわゆる現象の先入観に左右されがちな見方なのですね。それに対して「観の眼」というのは、物事を直感的・全体的に捉え、事物の奥深くに潜んでいる本質を見抜く見方のことをいいま す。書によるとこれを養うには、感情を交えず虚心(先入観を持たず、心に 何の蟠わだかまりもなく、素直な心=虚心坦懐)になって、日頃から訓練をすることが望ましいとされています。

▶ここでハッと気がついた方もおありでしょう。 兵法のことですから常に身を守るための護身術の一つとして編み出された考 え方であることとはいえ、見事なまでに「生長の家」で云う神想観の観法の 奥義・極意を説いているように感じます。生長の家創始者・谷口雅春先生著 の『新版 詳説神想観』には、次の通り説かれています。

「観」とは心の眼 でみる事ー「観」ずれば現れる 神想観の「観」とは、肉眼で見るのではなく、精神統一をして、ひたすら心の眼でみることであります。 映画のフ ィルムがあっても電燈をつけなければ現われない。「観ずる」というのは、 この電燈をつけるようなものです。観ずれば現われる。観じなければ現われ ないのです。
(同書 24 ~ 25 頁)

▶私たちはややもすると、この現代社会に於 いて現象界の多くの事柄に心を奪われ一喜一憂するといった生活を送りがち ではないでしょうか。そのような中でも目先の出来事だけに心を奪われることなく、絶えずその先の動きに気を配り、物事の全体像を予見し、冷静にその奥にある本質に思いを馳せて生活をすることが大切です。

▶さて一年間も瞬またたく間に経過し、最早もはや最後の月に入りました。この一年を振り返ってみて誰もが口にすることは、「新型コロナウイルス感染症」。この蔓延に全世界が翻 弄されるという近年希に見る事態となっています。国内に目を向けると、G OーTOトラベルキャンペーン等、国民の生活面や産業界の経済振興策も採 られているようですが、懸念材料は山積しているようです。

▶「生長の家」 でも今年度に入ってコロナ禍によって、総裁先生ご夫妻に直接ご指導を賜る 「生長の家講習会」が一度も開催できないという、嘗て経験したことのない 状況であり、さらに例年恒例の「全国幹部研鑽会」「全国大会」も大幅な開 催形態の変更策を講じましたが、遂に中止となりました。吾が宮城教区でも、 コロナ禍直前の一月の練成会は開催したものの、それ以降は一度も練成会が 開催できず、今日に至っています。さらに年に一度、生長の家総本山に馳せ 参じての「団体参拝練成会」も中止。大聖師・聖姉の各年祭も大幅な開催形 態の変更を余儀なくされ、真夏の恒例行事、宇治宝蔵神社での「盂蘭盆供養 大祭」も、同様の措置が執られました。ほかにも「地方講師・光明実践委員 研修会」「講演会」等、毎年・毎月定例開催して来たことが、何とありがた かったことだったのかと、今更乍らに感じているところです。

▶しかしコロ ナ禍は、マイナス面ばかりだったのでしょうか? このピンチをチャンスと 捉えて、対面での行事が出来なければ、インターネットを使ってこれまで以 上に、幅広く迅速に繋がろうということで多くの人々がこの未知の分野に挑 戦してくださったことは特筆に値します。パソコンを始められた方・ガラケ ーをスマホに替えた方・ご自宅にWi-Fi 環境を整えられた方等々、これからも大いに慣れて頂きたく思います。しかし、これらに不慣れな方々にも今後 ご満足頂けるようにと教区五者一同、色々と施策を講じて参りますので、どうぞご安心頂きたく存じます。

▶また以前のようにいつでも気軽に誌友会や 各種行事をを開催し、真理を互いに研鑽し合う日が一日も早く来るよう、皆様と心を一つにお祈りさせて頂きましょう。冒頭に掲げた宮本武蔵が云うよ うに、現象の表面のみを見て慌てるのではなく、物事の本質を見極めた行動をとりましょう。そして総裁・谷口雅宣先生が四月に発表された【コロナバ スターズ宣言】(当紙6月号2頁に掲載)を、今一度読み返してみましょう。

▶皆様のこの一年のご活躍に心より感謝申し上げます。ありがとうございま す。

感謝合掌

カテゴリー: 光のおとずれ, 教化部長   パーマリンク

 

ご案内:「青少年のためのネットフォーラム」をZoom で開催!

投稿日:2020年11月29日 カテゴリー:ネットフォーラム 光のおとずれ 青年会

「青少年のためのネットフォーラム」をZoom で開催!

  • 日 時▶ 12 月20 日( 日) 10:00 ~ 11:50
  • 会 場▶ 生長の家宮城県教化部( 関係者のみ)
  • 御指導▶ 松田正道・教化部長
  • テキスト▶『神さまと自然とともにある祈り』
    『 真理入門25章』『日時計24』12月号
  • ※ ID、パスコードは「光のおとずれ12月号」の折込資料をご覧 ください。

今年は「絵馬」を       作成します(^^ ♪今年は「絵馬」を 作成します(^^ ♪


カテゴリー: ネットフォーラム, 光のおとずれ, 青年会   パーマリンク

 

ご案内:「大晦大祓」をZ o o m で開催!

投稿日:2020年11月29日 カテゴリー:光のおとずれ 大祓

  • 日時 12 月19 日 ( 土) 10:30 ~
  • 会場 生長の家宮城県教化部( 関係者のみ)
  • ※大祓人型の締め切りは12 月15 日( 火) まで
  • ※ ID、パスコードは「光のおとずれ12月号」の折込資料をご覧くだ さい。

 

  • ◆ 右図のように本人自筆で氏 名と年齢を記入し、人型で全 身をなでて息を吹きかけ、ご 本人の霊波を「人型」に移して から納めてください。
  • 人型は 1 人につき、同じものを2 枚 書いてください。
  • ◆ 奉納金額は1 人( 2 枚) 3 0 0 円以上です。
カテゴリー: 光のおとずれ, 大祓   パーマリンク

 

ご案内:「ネットフォーラム・大先祖供養祭」をZoomで開催!

投稿日:2020年11月29日 カテゴリー:光のおとずれ 大先祖供養祭 宮城県教化部

~ご先祖様とともに浄らかな心で新年を~
今年最後の「大先祖供養祭」です。霊牌は11月末までに教化部にお届けください!
ネットフォーラム・大先祖供養祭

  • 日時:12月6日( 日)
    10:45 ~ 開会の祈り・挨拶
    11:00 ~ 講話 「喜びの先祖供養」
    13:00 ~ 大先祖供養祭
    15:00 教化部長挨拶 世界平和の祈り
  • 講師:松田正道・教化部長
  • テキスト:『新版 人生を支配する先祖供養』 『〝新しい文明〟を築こう』上巻・中巻
  • ※ ID、パスコードは「光のおとずれ12月号」の折込資料をご覧ください。
カテゴリー: 光のおとずれ, 大先祖供養祭, 宮城県教化部   パーマリンク

 

光のおとずれ 編集後記 令和2年11月

投稿日:2020年10月29日 カテゴリー:光のおとずれ 編集後記

光のおとずれ 編集後記

★ 今年もスーパーの店頭に新米が並び始めました。 昨年はちょうど稲刈りの次期に台風19号が直撃し、県内の農家は甚大な被害を受けました。今も丸森町の泥を被った水田と倒伏した稲の光景が目に浮 かびます。その意味で、今年は無事に稲刈りができ ることを祈らずにはおれません。そして、そのことを誰よりも心配し気にかけられていたのが天皇陛下 でした。9 /15に皇居内の水田で「お稲刈り」をさ れた天皇陛下は、次の様なご感想を発表されました。

「本年、種籾まき、田植え、そして稲刈りまでの一 連の作業を初めて経験することによって、我が国の農耕文化の中心である稲作への思いをより深めるこ とができました。本年は、豪雨等による被害や新型 コロナウイルス感染症の感染拡大により、農業に従事されている皆さんの御苦労もいかばかりかと思います。そうした中、実りの秋を迎え、各地で収穫が 無事に行われることを願っております」

天皇陛下も また、昨年の台風1 9 号の影響で被害にあった農家 の方々を思いやられ、今年は無事に新米が収穫され ることを切に祈られておりました。昭和天皇の御製。 「新米(にいよね)を神にささぐる今日の日に深くお もふは田子のいたつき」( 田子= 農民、いたつき= 苦労) 天皇陛下も今年は種籾まきから稲刈りまで一 連の作業をご体験されて、農家の方々の御苦労に思いを馳せられたのでした。

★ 天皇陛下と農家で思い出されるのは「皇居勤労奉 仕の物語」です。昭和2 0 年1 2 月8 日終戦直後の占領下の皇居に、青年男女60人が、食料、燃料、 草刈鎌を携えて馳せ参じました。その青年たちは皇居が空襲で荒廃していることを聞いて、それは相済 まぬこと、せめて草刈りや掃除の手伝いをしようと、 上京した宮城県栗原郡の青年達だったのです。食うに食なく住むに家の無い時代。皆自分達が生きることで精一杯の時代に、ナント宮城県栗原郡の若者達 が手弁当で、しかも占領軍に検挙されるかもしれな いと家族と水杯まで交わして、皇居に馳せ参じたのです。青年たちの3日間の奉仕で、瓦礫は撤去され 皇居はみごとに片付きました。そして、昭和天皇はその青年たちに是非会いたいと足を運ばれ、此処に前例のない対談が始まりました。陛下は「遠いとこ ろから来てくれてまことにありがとう。郷里の農作 の具合はどんなか、地下足袋は満足に手に入るか、 肥料の配給はどうか、何が一番不自由か」などご質 問は尽きず、かれこれ10分間ほどお言葉がありました。そして、対談が終わり陛下がお帰りの際、突如として君が代の合唱が起こりました。占領下誰も が口に出せなかった君が代が、誰に相談することな くほとばしり出たのです。最後は万感胸に迫り歌声 は嗚咽に代わりました。そして、最後に青年たちは 皇居の草を一把ずつ頂いて郷里の土産にしたいと、 次の如く言うのです。「私たちは農民です。草を刈って肥料のために堆肥を造ります。この一把の皇居 の草を頂いて持って帰って、堆肥の素とし私たちの 畑を皇居と直結したいのです」 占領下の国難でも、 皇室と国民の絆は決して揺るがないことを示してく れたのが、地元宮城の先輩達だったのです。コロナ 禍私達もかくありたいと思った次第です。

(T)

カテゴリー: 光のおとずれ, 編集後記   パーマリンク

 

私の日時計日記 令和2年11月

投稿日:2020年10月29日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

祈りは叶えられる念願の教化部に奉職 !!
名取市・相澤俊弘さん

合掌 ありがとうございます。
私は東日本大震災後の神社清掃がきっかけで青年会 に入会することになりました。最初は「青少年練成会 」だけの参加でした。

平成25年10 月、当時通っていた専門学校を退学 することになり、このままではいけないと思い、教化部で『光のおとずれ』の印刷の手伝いをさせていただけることになりました。

その後、平成28 年7 月に「光明実践委員」を拝命、 同年10月には「青年会事務局長」を拝命しました。 その頃から「宮城県教化部に奉職したい」との思いが 次第に強くなってきました。「不登校だった私が教化部に奉職していいのだろうか、果たして教化部に奉職して役に立つことができるのだろうか」と考え、この ことは言葉に出してはいけないと考えていました。

しかし、「宮城県教化部に奉職したい」との思いは 変わらず、『大調和の神示』の写経の祈願欄には、「 宮城県教化部に奉職」と2 年間書きました。また、『日時計日記』にも「教化部奉職実現」と、毎日書き続け ました。

令和2 年3 月に教化部奉職のお話をいただき、4 月10 日付で生長の家宮城県教化部に奉職することが できました。私は「祈りは叶えられる」と実感しまし た。

教化部では経理(一般会計) を担当することになり、日々勉強の毎日です。 教化部で素晴らしい神様のお仕事ができることに感 謝し、教化部職員として「初心」を忘れずに務めてまいります。宮城教区の信徒・誌友の皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

10/11「ネットフォーラム記念講話」 に66名が参加!

投稿日:2020年10月29日 カテゴリー:光のおとずれ 未分類


1 1 / 8 に予定していた「自然の恵みフェスタ2 0 2 0 」の代替行事として、1 0 / 1 1 ( 日) に三浦光宏本部講師補による「ネッ トフォーラム記念講話」が開催されました。 当日は、三浦講師が北杜市の自宅からZ o o m で講話をして 下さり、〝森の中のオフィス〟にまだ行ったことのない会員さ んのために、画像を通して〝森の中のオフィス〟の紹介をして 頂きました。オフグリッド化された現在のオフィスの様子か ら、ノーミート料理を提供している食堂の様子。P B S 活動をしている様子や地域貢献活動をしている様子。そして現在の三浦家の家族の様子など、本当にわかりやすい説明でした。 また、同じく宮城から本部に奉職した松田あゆみさんも〝友情 出演〟して下さり、宮城教区の皆様にとっては、オンラインでしたが本当に懐かしいお二人の元気な様子を見ることがで き、フェスタに替わる楽しい行事となりました。

今回は、宮城県教化部から本部に奉職して8 年が過ぎた三浦講師の話をぜひ聞きたいと、そのために事前にZ o o m の勉 強をして参加した方が随分いました。そのお陰で当日は宮城の参加者が51名( 前回7 /19の時はZ o o m 参加者は2 1 名 でした) 、山形が1 2 名、その他が3名の合計66名の方が 参加され大盛会となりました。

カテゴリー: 光のおとずれ, 未分類   パーマリンク