カテゴリー: 光のおとずれ

光のおとずれ 編集後記 令和元年9月

投稿日:2019年8月29日 カテゴリー:光のおとずれ 編集後記

光のおとずれ 編集後記 令和元年9月

★3年に一度の役員改選により9/1から各組織 の会長・委員長が交替することになりました。会長・ 委員長は組織の代表者であると共に、教化部の責 任役員( 幹事) でもあります。特にこれまで、2期 6年に渡り教化部の財政再建のために心血を注い で下さいました責任役員の皆様には、心より感謝 申し上げます。責任役員会を内閣に例えるならば、 この6年は「財政再建内閣」とでも命名できるよ うな役員会でした。毎年聖使命会費が右肩下がり に減少して行く中で、如何にして教化部財政を維 持していくのか、赤字を減らしていくのか、毎月 の責任役員会での主な議題はそんなことばかりで、 毎月毎月頭を悩まされた役員の皆様には、本当に 苦労の絶えない6年間ではなかったかと思います。

 

★平成28年度には「宮城県教化部財政健全化計 画」が次々と断行され、自家用車の交通費は1キ ロ30円から10円に削減。祭祀用の供花は2万 円から1万円に削減。各種会議のお弁当は手弁当 に。誓願券・霊牌・人型の組織助成金は250円 から100円に、35円が15円に、50円が 20円にそれぞれ削減。そして、29年度の講習 会の組織配分費は無しにすることも飲んで頂きま した。まさに身を切る改革であり、組織も教化部 も削減できるものは全て削減し、最終的には職員 の人件費も削減の対象となりました。その結果、 26年度の支出が935万円だったものが28年 度は733万円に、30年度は660万円まで削 減し4年間で275万円も支出を減らすことがで きたのです。人間で言えば93㎏の体重を66㎏ までダイエットに成功し、肥満から健康体になる ことができたのです。この身を切る改革が断行で きたのは、偏に今回退任される責任役員の皆様の お陰であり、このメンバーでなければ成し得なか ったことだったと思います。

 

★8/2が任期中最後の責任役員会となりました が、令和元年6月度の月次決算の報告が、ナント 久しぶりの黒字決算となったのです。しかも、聖 使命献資収入が前年同月比よりもプラスになって いました。この6年間毎年右肩下がりに減少し、 常に前年同月比でマイナスになっていた聖使命献 資収入が初めてプラスとなっていました。思わず 役員の皆様から拍手が起こったほどです。それも これも、今年度の当初より聖使命会費を増収・増 口するために相白が研修会を開催し、拡大してき た結果の賜物です。日本経済のデフレと同じく、 生長の家の聖使命会員も減少することが当たり前、 となっていましたが、それは決して当たり前では なく増やすことができることを、宮城教区で示し ていこうと始めた聖使命会員拡大運動。その事に 果敢に挑戦して下さったのも今回退任される役員 の皆様でした。教化部財政の健全化にご尽力下さ いました責任役員の皆様、本当にありがとうござ いました。そして、お疲れ様でした。皆様の今後益々 のご活躍をお祈り申し上げます。

( T )

カテゴリー: 光のおとずれ, 編集後記   パーマリンク

 

私の日時計日記 令和元年9月

投稿日:2019年8月29日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

練成会で両親に心から感謝!青年会にも入会しました!
登米市・遠藤弘昭さん

( 先月号に続く)
また、一緒に練成会に参加された 方々のお子さんに対する想いに触れ、ようやく私は今 まで両親に見守られていた、愛されていた、素晴らし い「いのち」なのだと、両親に感謝する事が出来まし た。その後、浄心行に臨み、私の今までの想い、そし て、ただただ感謝している事、私も両親を愛している 事などを書き連ね、浄心行を終えた後には、喜びの気 持ちで一杯になりました。すると本当に不思議なので すが、私は食事の際、必ず鼻水をかんでいたのがほと んどなくなっていたのです。また、よく目にまつげが 入っていたのも、全くなくなっておりました。昔から 不思議な体験は耳にしておりましたが、自分が体験し た事で、改めて驚きとありがたい気持ちになりました。

練成会を終えた私は、もっと生長の家の教えを学び たいと思い、青年会に入会させて頂く事になりました。 四月に行われた青年会全国大会での奉仕や、六月の生 長の家講習会では友人も一緒に来てくれました。また、 今月からは電気自動車を事業に導入したり、PBS の 活動の一つであるSNI オーガニック菜園部への加入 も計画しており、環境問題への取り組みも実行してお ります。神想観と聖経読誦もマイペースながら続けて おり、その中で私は既に自然豊かな環境や安心安全な 野菜たち、そして、優しい心を持った人達に囲まれた、 ありがたい環境にいるのだと気付かされました。これ からはご恩返しの人生として、感謝の心を忘れず、少 しでもお役に立てるように活動して行きたいです。

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

「夏季青少年一泊見真会・お父さんお母さんの ための一泊見真会」開催!

投稿日:2019年8月29日 カテゴリー:一泊見真会 光のおとずれ





去る8/3( 土) ~ 4( 日) の日程で、「夏季青少年一泊見真会」 「お父さん、お母さんのための一泊見真会」が教化部で開催され、 16 名( 初参加者2 名) の方が参加されました。今回は山形教区 と初めて合同開催となりました。

一日目は、真理講話、お楽しみ会、神想観の練習を行いました。 特に、お楽しみ会ではカルタ大会と卓球大会を開催し、とても 盛り上がりました。二日目は、みちのく湖畔公園にクラフト体 験に行きました。参加者それぞれ、見本をまねせず、オリジナ ルの作品を作っているのが印象的でした。暑い中、運営してく ださいました皆様、本当にありがとうございました。

感謝合掌

カテゴリー: 一泊見真会, 光のおとずれ   パーマリンク

 

7/20(土)・21(日)「喜びの真理講演会」に215名参加!

投稿日:2019年8月29日 カテゴリー:光のおとずれ 真理講演会


7/20( 土)・21( 日) 県内4会場で「喜びの真理講演会」が開 催されました。講師には本部クロスメディア部から、葛原博康 講師と谷口暁子講師にお越し頂きました。

4会場で215 名( 教化部45 名、泉会場35 名、登米会場65 名、 石巻会場70 名) の方にご参加頂きました。

葛原講師は本部講師補になって初めての講演会だったそうで すが、その初々しさが逆に新鮮で感動を呼び、泉会場では聖歌 の披露もあって大いに盛り上がりました。

谷口講師は県北と石巻の会場でしたが、県内から参加者が集 まりどちらも会場満席となりました。県北会場には講習会に初 めて参加した方や、生長の家の行事に初めて参加した方もいま したが、谷口講師のお話を聞いて「自分のことばかりではなく、 愛を行ずることの大切さを知ることができました」「同じ世代の 講師の話に感銘しました」との感想が印象的でした。

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理講演会   パーマリンク

 

光のおとずれ 無限供給 栄える会 令和元年9月

投稿日:2019年8月29日 カテゴリー:光のおとずれ 無限供給 栄える会

栄える会会頭 日野清人

合掌 ありがとうございます。
この度の栄える会定期役員改選にて、宮城 教区栄える会の会頭を拝命することになりま した。思えば、今年3月5日に、いままで務められておりました、伊藤一郎前会頭が現職 のまま昇天なされ、宮城教区栄える会の会頭が不在の ままでした。その間、平成25年から、栄える会事務局長を拝命いたしました私が、会頭の代わりとして、 教区栄える会の運営に携わって参りました。今年の役員改選を迎え、私が新たに会頭に選出され、身が引き 締まる思いです。宮城教区の栄える会は、全国的にも歴史が長く、すばらしい方々を多く生み出して来まし た。現在は、小規模となっておりますが、信仰中心の ハイレベルの人達が月一回の例会を中心に、繁栄祈願祭・教化部長の講話と、研鑚に励んでおります。教区栄える会の発展に今後とも尽くして参りますので、よ ろしくお願い申し上げます。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 無限供給 栄える会   パーマリンク

 

光のおとずれ 希望の泉 生教会 令和元年9月

投稿日:2019年8月29日 カテゴリー:光のおとずれ 希望の泉 生教会

生教会会長 齋藤貴之

合掌 ありがとうございます。
この度の選挙で、生教会会長を再任するこ ととなりました。これも常に暖かくご指導下 さる松田教化部長をはじめ、生教会会員の皆さま方のご協力のおかげです。心より感謝申 し上げます。皆さま方のご期待に応えられるよう、こ れからの三年間更に精進してまいります。 さて、八月三日~四日にかけ、「夏季青少年一泊見 真会・お父さんとお母さんのための一泊見真会」が開 催されました。今回大人のプログラムに、初めて「教 育フォーラム(生教会主催の誌友会)」を入れさせて 頂きました。教育関係者のビデオや松田教化部長のお話を聞き、参加者一同とても感動致しました。また今 回の教育フォーラムを通し、〝生長の家の教育〟がいかに現在必要とされ、それを実践する教育者がいかに 重要なのかを改めて実感致しました。

この三年間は、「教育フォーラム」を中心に、宮城教区生教会をさらに発展させて参ります。今後ともど うぞ宜しくお願い致します。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 希望の泉 生教会   パーマリンク

 

光のおとずれ 真理の灯台 講師会 令和元年9月

投稿日:2019年8月29日 カテゴリー:光のおとずれ 真理の灯台 講師会

地方講師会長 福田みどり

合掌 ありがとうございます。 9月は役員改選を終え、新体制のスタート の月です。講師会も富樫幸男前会長の退任に伴い、私が今期講師会長を拝命する事となりました。何分お役は6年振り。草花に親しみ、鹿野 の里でスローライフを楽しんでおりました私にとっては、まさしく青天の霹靂でした。光明化運動の中でお 受けした最後のお役3年間を、松田教化部長の御指導 のもと、講師の方々と組織の血液として皆様のお役に立ちたいと思っております。

また、私としましては、機関誌8月号で総裁先生がお示しくださいました「野の百合の生きる道」から、 「雅春先生は…『謙虚で』『物を大切にする』生き方 をされていたのであります。…私たちも、師を慕う弟子として、今日の生き方も同様にするのが良いと思う のです。」の御指導通り生きていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いいたします。富樫前会長さん、 ありがとうございました。

再拝

前 地方講師会長 富樫幸男

合掌 ありがとうございます。
この度の地方講師会定期役員改選で、福田 みどり地方講師会長が誕生致しました。皆様 も御存知のように、福田みどり氏は白鳩会教 区連合会長も経験され、また準教務として練成会講話 や誌友会への出講等に活躍している経験豊かな講師で ありますので、これから益々素晴らしい講師会を築い てくださることでしょう。

この三年間小生を支えて下さいました副会長、推進 部員、地方講師・光明実践委員、信徒の皆々様に心か ら感謝と御礼を申しあげさせていただきます。本当に ありがとうございました。

これからは一地方講師として練成会・誌友会の出講 や先祖供養祭等の神官、又組織会員として活動し、一 人でも多く信徒が拡大してまいりますよう励ませて頂 きますので、宜しくお願い申し上げます。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会   パーマリンク

 

光のおとずれ 喜び溢れる 青年会 令和元年9月

投稿日:2019年8月29日 カテゴリー:光のおとずれ 喜び溢れる 青年会

青年会委員長 遠藤弘昭

合掌 ありがとうございます。
今年の四月から青年会に入会させて頂き ました、遠藤弘昭と申します。それと共に、 新しく青年会の委員長も拝命いたしました。

右も左も分からない者が、しかも入会し たばかりの私にお役目が務まるのだろうかーー

お話を頂いた当初は迷っておりました。しかし、私 でも神さまのお役に立てる事があるのであればと思 い、素直に「ハイ」と受ける中心帰一の姿勢を持って お受けする事を決心しました。

教化部長先生、事務局の皆さん、副委員長の皆さん、 生長の家の先輩方、そして家族の協力と、沢山の方々 に支えられてこれから活動して参ります。とても恵ま れた環境でお役に立てる機会を頂けてありがたいで す。どうかこれから、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお 願いいたします。

再拝

 

前 青年会委員長 髙橋英恵

合掌 ありがとうございます。
暑い日が続き熱中症が気になる毎日です が、皆様体調崩さず元気にお過ごしでしょ うか?

皆様におかれましては宮城教区青年会に対し日々ご 愛念を頂いておりますことを心より感謝申し上げま す。

これまで私は二期六年間、青年会委員長をさせてい ただき、その間に妊娠、出産と二回ありました。子供がいながらの委員長という大役をこなすのはとても簡単ではありませんでしたが、前宮城教区教化部長の髙坂先生や松田正道教化部長先生、各組織の皆様、そし て青年会教区委員と会員の皆様、そして家族の理解や 助けや協力があり、支えられてこれまで続けることが できました。頼りない委員長で皆様に何かとご迷惑お かけしましが、これからは新たに遠藤弘昭委員長のもと、教区委員の皆様を始め、青年会を盛り上げていた だきたいと思います。他組織の皆様、どうぞこれからも引き続き温かく青年会を見守っていただけると幸い です。この書面を借りてお礼申し上げます。これまで 本当にありがとうございました。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 喜び溢れる 青年会   パーマリンク

 

光のおとずれ 明るくはばたく 白鳩会 令和元年9月

投稿日:2019年8月29日 カテゴリー:光のおとずれ 明るくはばたく 白鳩会

白鳩会連合会長 佐々木トクエ

合掌 ありがとうございます。
この度、改選によりまして、生長の家宮 城教区白鳩会の連合会長を拝命致しました、 佐々木トクエと申します。どうぞよろしくお 願いいたします。私は神の表出口として神に 中心帰一し、運動して参りたいと思っております。

「自分の心のうちに『幸福な世界』を持つにはどうし たらよいであろうか。また『幸福』とはいかなる状態で あるであろうか。答えて曰く、調和が幸福な状態である、 ・・・ここに『汝ら天地一切のものと和解せよ』との教え が絶対権威のあるものとして生きてくるのである。」 ( 『生命の實相』三十八巻 三十八頁より) そしてこの後に、 「和解するとは感謝することである」と書かれておりま す。

私達は、信徒誌友同志として感謝・礼拝し合い、外に 向けては愛をもって素晴らしい生長の家の御教えを多く の方々に宣布する使命を頂いております。 愛を尽くし、心を尽くし、誠を尽くして、皆様と共に 大調和して、人類光明化運動に励んで参ります。重ねて よろしくお願い申し上げます。

再拝

前 白鳩会連合会長 髙木みち子

合掌 ありがとうございます。
光明化運動に携わって早二期( 六年) を終 えようとしている今、振り返りますと色々な 事が走馬燈のように思い出します。すべての事が今となっては「魂の向揚の為」と楽しか った事ばかり。充実した日々を送らせていただきました。 常に温かく守り、支えてくださいました髙坂前教化部 長、松田教化部長、諸先輩の皆様、副会長、地区総連合会長、地区連合会長、支部長、信徒・誌友の方々のご愛 念の賜物と、只々感謝申し上げます。

「〝ありがとう〟 私はいつもありがとうの気持ちを大切にしたい。 一歩さがってみつめてごらん 一段と頭を低くして下から見つめてごらん ありがとうの本質がきっとしっかり見えてきて 心からありがたいと思うから。 ありがとうと言えるから」 清水英雄著書 『ありがとう』より 九月より

新会長の基、新体制となります。 報・連・相を大切にして、白鳩会の増々の教勢発展をお 祈り申し上げます。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 明るくはばたく 白鳩会   パーマリンク

 

光のおとずれ 躍進する伊達な 相愛会 令和元年9月

投稿日:2019年8月29日 カテゴリー:光のおとずれ 躍進する伊達な 相愛会

相愛会連合会長 千葉 満

合掌 ありがとうございます。
今回の相愛会連合会長の改選で、相愛会 連合会長に就任することになりました。平成元年に生長の家に入信し、まさか令和元年に連合会長に就任するとは思ってもなかったの で、非常に驚いております。佐藤佳樹前連合会長、 今まで本当にありがとうございました。佐藤連合会長の確固たる信仰姿勢、休まず毎回開催し続けてい る誌友会、必ず出席していた練成会を初めとした諸行事。そして相愛会員をどこまでも愛し、祝福礼拝するお姿は、歴代の連合会長の方々が築いてきた宮城の伝統そのものでありました。本当に感謝いたしております。私はこの相愛会の伝統を大切にしつつ、 「相愛会の年代の皆様が如何にすればよろこんで頂 けるか」このコンセプトを基に、相愛会全体でアイ ディアを出し合いながら、明るく楽しく元気よく! 相愛会活動に邁進してまいりたいと思っております。皆様方どうぞご今後とも、ご指導鞭撻の程よろ しくお願い申し上げます。

再拝

前 相愛会連合会長 佐藤佳樹

合掌 ありがとうございます。
先日、本部より新しい連合会長の辞令が 届きました。新しい連合会長は、千葉 満さ んです。まだ若い56才。現役の仙台市の職員で す。千葉新連合会長は、青年会委員長として活躍され相愛会の副会長としてもその能力をいかんなく発 揮されてきました。これからは千葉会長のもと、新役員の若い力で相愛会を引っ張って行ってくれるも のと確信しております。

相愛会宮城教区は、一糸乱れず行動の出来る非常 に結束力の強い素晴らしい組織です。会員の皆様には、今後も「人間神の子」の真理を目指す仲間として、 千葉会長を中心とした新体制を盛り上げて頂けますよう心よりお願い申し上げます。

これを持ちまして退任の挨拶とさせていただきま す。ありがとうございました。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 躍進する伊達な 相愛会   パーマリンク

 

光のおとずれ 教化部長 令和元年9月

投稿日:2019年8月29日 カテゴリー:光のおとずれ 教化部長

「何事も『大調和の神示』を礎に!」

生長の家宮城教区教化部長 松田正道

▶日頃より人類光明化運動・国際平和信仰運動、そして自然と共に 伸びる運動実現に向けて、挺身・致心・献資の尊い功徳を積まれま す宮城教区の会員・信徒の皆様、ありがとうございます。

▶いよい よ宮城教区では、各組織長・各組織役員の人選も整い、新体制のもと気分も一新して今月から運動が展開されることとなりました。教 区七者の内、今回の改選では5名が新任として就任されました。ご 紹介致します。

  • 相愛会・千葉満氏(新任)
  • 白鳩会・佐々木トクエ氏(新 任)
  • 青年会・遠藤弘昭氏(新任)
  • 地方講師会・福田みどり氏(新 任)
  • 栄える会・日野清人氏(新任)
  • 生教会・齋藤貴之氏(重任)

そして小職(重任)の七者であります。

今後とも、新たな陣容で教勢拡大発展を目指して参りますのでどうぞ宜しくお願い申し上げま す。これまでの役員の皆様には、この紙面をお借り致しまして篤く感謝御礼申し上げます。ありがとうございます。

▶さて、現代では 見受けることは少なくなりましたが、「托鉢」といって主に禅宗仏教の修行僧が各家々を廻り布施される米や銭を鉄鉢(応器)で受け て廻る修行があります。この托鉢行脚を、しかも素足で続けている 僧侶は、高齢になってもいわゆるボケることはないと云います。歩くことで足の裏に適度な刺激を受け、体の隅々に健康が漲みなぎるのでしょうか。老いは脚から来ると云われますが、まさに老化現象の防止にも役立つ秘策かもしれません。最近の都会では、素足で歩くことは先ずありません。公園や学校の運動場などごく一部に限られます。 歩くことは健康に良いとは知っていても、なかなかそれを実行する には思い切りが必要です。仕事もそうですが、歩くことでも何事も楽しくやらなければ長続きはしませんね。その逆をすると、例えば 苦しいのを我慢してジョギングをしたり、体を余り使わず神経をすり減らして仕事に臨むようなことではストレスが増える。漢方医の 小田慶一氏は、如何にしてそれらが楽しく出来るようになるかとい うことについて笑いに触れながら説いておられます。

▶ところで、 この様な当たり前の生活法が「生長の家」では『大調和の神示』の 中に次の通り説かれています。

『……汝らの兄弟のうち最も大なる 者は汝らの父母である。神に感謝しても父母に感謝し得ない者は神 の心にかなわぬ。天地万物と和解せよとは天地万物に感謝せよとの 意味である。本当の和解は互いに怺え合ったり、我慢し合ったりす るのでは得られぬ。怺えたり我慢しているのでは心の奥底で和解し ていぬ。感謝し合ったとき本当の和解が成立する。……』

▶この『大 調和の神示』が天降った日を祈念し、この御教えに改めて感謝する ことを胸に抱きつつ、教化部では今月 27 日に「大調和の神示祭」を 挙行致します。皆様それぞれに同神示を写経され、教化部にご奉納 ください。そして当日は、生長の家の教えの根幹であります『大調 和の神示』を深く味わい学ぶ日に致しましょう。

▶この様に生長の 家では、その根本に「人間は神の子である」との唯神実相の真理が 流れており、その上で天地万物への感謝が実行された時、一切が〝 大調和〟し、〝実相が顕現〟するという、実に明快な方程式があるのですね。とはいえ普段の日常生活では、この当たり前のことを 「頭」では分かっていても「心」が作用して、うまく運ぶ場合とそ うでは無い場合とが交錯します。この様な時こそ、日常の喧 噪を離 れて〝実相世界〟を体験してみたいと思いませんか?

▶総本山で 開催される「団体参拝練成会」では、生長の家の御教えを分かりや すく学べる講話や、心を浄める「浄心行」、野菜の収穫や田んぼの 草取りなどの作業を通して大自然との一体感と感謝の気持ちを育む 「献労」、そして森の散策や星空観察・クラフトの制作などの行事を 通して「人間は神の子である」「すべては一体である」との実感を 得、病や人間関係など様々な人生苦から解放され、問題が解決して ゆくのです。今年は、 10 月 26 日~ 29 日にその「団参」が開催されま す。特に 28 日には、前総裁「谷口清超大聖師十一年祭」の御祭に参 列することが出来ます。皆様と共に、総本山の大自然に抱かれて素晴らしい実相世界を体験して参りましょう。

▶また「生長の家自然 の恵みフェスタ2019」が11月に開催されます。フェスタの開 催に向けて各地の誌友会では、どのような企画で作品をご用意なさ るのでしょうか? 楽しみです。また一方では、PBSの活動紹介 も期待されます。 11 月 10 日のフェスタを宮城教区信徒の皆様の総力 で、明るく・楽しく・元気よく大成功させましょう! ありがとう ございます。

感謝合掌 生長の家宮城教区教化部長
松田正道

カテゴリー: 光のおとずれ, 教化部長   パーマリンク

 

光のおとずれ 教化部長 令和元年8月

投稿日:2019年7月31日 カテゴリー:光のおとずれ 教化部長

「皆様と共に、感動いっぱいの日々を過ごす!」

生長の家宮城教区教化部長 松田正道

▶宮城教区の会員・信徒の皆様、日頃より挺身・致心・献資の尊い功徳を積まれますこと、心より感謝祝福申し上げます。ありがとうございます。講習会が終わって一ヵ月余りが過ぎましたが、ご参加頂いた方々へのその後のフォローは順調に進んでいますでしょうか? 参加推進の時と同様に、あたたかいあなたのその一声を待っている方がいらっしゃいます。特に講習会に参加された新しい方々、青年・壮年世代の方々、そしてもっと生長の家を深く知りたいという方々に「喜びの真理講演会」や、地元で開催の「誌友会」等にお誘いください。きっと喜ばれます。なぜなら、講習会で深い感動を受けているところに、さらにお誘いしたあなたが、再び自分を誘ってくれたという感動に魂が喜ぶからです。

▶さて先月号に紹介させて頂きました通り、小職は7月1日付で宮城教区教化部長職に加え、隣接する山形教区教化部長職を兼務することとなり、同日着任致しました。既に山形教区での各種行事を担当させて頂いています。私にとっては初めてとなる兼務でもあり、感動と心地よい緊張感の中での日々を過ごしております。兼務の一部を当紙面にもご紹介致します。

▶着任当日の7月1日、生長の家山形県教化部大講堂には、30名近くの皆様が参集されました。殆どの人々と初めての出会いです。確かに講習会当日に、メイン会場(天童市)に参じていたので多くの方とお目にかかっていたかもしれませんが、殆ど分からないといった方が正しい表現でしょうか。

▶「山形教区教化部長着任神前奉告祭」は、静かな雅楽の音に乗せて開式。祭式は進み一同瞑目合掌の中、祝詞を奏上しました。この〝唯神実相〟〝唯心所現〟〝万教帰一〟を説く生長の家の御教え宣布の使命を、新たな拠点・山形教区でこれから担当することになるのだと、胸が打ち震えるほどの感動に包まれ、あらためてその職責の大きさに襟を正す思いが全身を覆いました。本当にありがたい「奉告祭」でした。

▶その一週間後、宮城教区の「第353回神性開発宮城練成会」の三日目の7日、山形教区では「一日見真会」を開催。(当分はこの様に大きな行事が重なり合うことも予想されます)小職は宮城での練成会二日目の夕刻まで、講話や宗教行・個人指導も含めて担当し、その後は山形へ。宮城教区の練成会参加者や、運営委員のあたたかいご理解のもと、安心して山形教区に向けて出発致しました。当日は朝早くから多くの方々が参集、事前の運営委員会に参加される人々のお名前も分からない状態で、いよいよ見真会のスタートです。拙い私の講話にも、参加者の皆さん、楽しそうに真剣に耳を傾けてくださり、講話を担当させて頂く私こそ大きな感動を受けた次第です。見真会の午後は「先祖・流産児供養祭」。宮城教区同様、大変に厳かな供養祭となりました。その後は再び講話。閉会式が終わる午後4時過ぎまで、50名近くの信徒の皆様が最後までお聞きくださり、感動的な閉会式となりました。このように、兼務という未知の世界に順調に歩み出すことが出来ましたのも、宮城教区の皆様の深いご理解と、温かく迎えてくださる山形教区の信徒の皆様の心が一つに結びあった姿ではないかと、心より感謝申し上げたく存じます。ありがとうございます。

▶さて、今月は3~4日の「夏季青少年一泊見真会」「お父さん・お母さんのための一泊見真会」が開催されます。心豊かな青少年の健全育成を目指し、生長の家の教育を、参加される小中高の皆さんに責任をもって指導させて頂きます。また、その親御さん・ご家族の皆様にも教育の素晴らしさを「教育フォーラム」を取り入れて開催致します。どうぞ多数のご参加をお待ちしています。

▶生長の家宇治別格本山では、17日~19日にかけて「宝蔵神社盂蘭盆供養大祭」が開催されます。まだ霊牌に記載していないご先祖様がおられないか、今一度確認してみてください。この大祭には、全国から数多くの霊牌が届けられ、一柱毎に招霊し丁寧に供養させて頂きます。その後一年間、連日大勢の信徒の方々や神官の聖経等の読誦による供養が為されます。

▶同じ宇治別格本山では、24日~25日にかけて「生長の家教育学会」が開催されます。教育関係者のみならず、子育て中の方々にも是非お聞き頂きたい、内容の濃い指導が行われます。宮城教区の齋藤貴之・生教会会長は、今年度の学会で事例発表を行うことになり、大いに期待されています。

感謝合掌
生長の家宮城教区教化部長 松田正道

カテゴリー: 光のおとずれ, 教化部長   パーマリンク

 

光のおとずれ 躍進する伊達な 相愛会 令和元年8月

投稿日:2019年7月31日 カテゴリー:光のおとずれ 躍進する伊達な 相愛会

相愛会連合会長 佐藤佳樹

合掌 ありがとうございます。
早いもので、連合会長の任期6年の最後の月となりま した。この間会員の皆様には絶大なご支持、ご協力を頂 きましたことを心より感謝申し上げます。

6年間を顧みますと宮城教区で始まった、「同志を集 めるための祈り」「幸せを作る良き言葉」は、今や全国 の教区に広まっております。また、「相愛会学習会」は、 全国の代表ともいえる東京第二教区の相愛会でも取り入 れられ相愛会員の「真理の学習」に大いに貢献しているとの事です。そして何より大きな成果は、他の教区が多 く会員を減らす中、就任当時107名であった会員が105名と殆ど減らさずに来られたことであります。この間 30名を越す退会者が居りましたが、皆様と毎日行った 「同志を集めるための祈り」が多くの仲間を呼び寄せて きたのであります。これは、宮城教区の結束力の強さで あり、その底力を示す証明でありましょう。

7月に正副会長・対策部長会議で「講習会」の反省が 行われました。しかしこれはただの反省だけではなく、 来年度、再来年度の運動方針になりうる素晴らしい内容 でした。今後、新しい会長の元、新しい執行部によって 素晴らしい運動が展開されてまいります。会員の皆様に は、今まで同様新執行部への絶大なるご支持と、ご協力 をお願いたします。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 躍進する伊達な 相愛会   パーマリンク

 

光のおとずれ 明るくはばたく 白鳩会 令和元年8月

投稿日:2019年7月31日 カテゴリー:光のおとずれ 明るくはばたく 白鳩会

白鳩会連合会長 髙木みち子


合掌 ありがとうございます。
令和元年六月九日「講習会」、7月20日、21日 「真理講演会」と共に推進や、運営、御参加と御尽力添 えくださいました皆様に心より感謝申し上げます。 8月は、17、18、19日、宇治別格本山にて、第 64回宝蔵神社「盂蘭盆供養大祭」が3日間にわたっ て執り行われます。

第1回の盂蘭盆供養大祭が行われたのは、昭和31年 8月でした。そのさい全国から約20万柱の霊牌が集ま り、近隣の教区から約200名の諸講師により招霊が行わ れていたようです。

霊牌を宝蔵神社にお祀りされますと霊牌を媒介とし て、本尊神霊のお導きをうけて霊界から様々な光明化の 働きをして下さるという大変重要な意義がありますの で、多くのご先祖様にまごころの供養をとおして、報恩 感謝の誠を捧げましょう。 『宇治だより』より

◎次期白鳩会連合会長の選挙も終わりまして、皆様も気 にしていられる事と思いますが、本部の承認が間もなく おりる事と思いますので、報告があり次第お伝え致しま す。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 明るくはばたく 白鳩会   パーマリンク

 

光のおとずれ 喜び溢れる 青年会 令和元年8月

投稿日:2019年7月31日 カテゴリー:光のおとずれ 喜び溢れる 青年会

青年会委員長 髙橋英恵

合掌 ありがとうございます。
梅雨空が続き、梅雨明けを今か今かと思う今日この頃で す。

皆様におかれましては宮城教区青年会に対し日々ご愛念 を頂いておりますことを心より感謝申し上げます。

さて、八月三日( 土) 〜四日( 日) に「夏季青少年一泊 見真会」、「お父さん・お母さんのための一泊見真会」が 開催されます。七月一日より松田教化部長先生が山形教区 の教化部長を兼務することとなり、この夏の見真会は宮城 で山形教区と合同で開催することとなりました。子供達に とっては山形教区の子供達とは生命学園の芋煮会を一緒に 開催するなど以前から交流があり、合同で開催できること は宮城、山形両教区にとっても楽しみであります。お父さ ん・お母さんの初日のプログラムでは現職の小学校の先生、 佐々木勇治先生が教育相談の時間もあります。二日目はみ ちのく湖畔公園でクラフト作りなど行事盛り沢山です。 是非皆様御家族揃って見真会にご参加ください。

そして、八月は御盆の季節です。八月十日( 土) 十三時 〜教化部で「盂蘭盆供養大祭霊牌奉送祭・先祖供養祭」が あります。是非この機会に親族・縁族等々霊牌に名前を書 いて提出して頂きたいと思います。先祖供養には聖経読誦 が一番の供養です。是非当日も教化部へお越しいただき皆 さんと一緒に聖経を読誦いたしましょう!

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 喜び溢れる 青年会   パーマリンク

 

光のおとずれ 真理の灯台 講師会 令和元年8月

投稿日:2019年7月31日 カテゴリー:光のおとずれ 真理の灯台 講師会

地方講師会長 富樫幸男


合掌 ありがとうございます。
夏・夏・夏です。この頃は日差しも強く照り汗も噴き出 す日々が続いています。八月にはお盆があり、ご先祖様に 感謝を捧げる月でもあります。今、教区を上げて宇治盂蘭盆供養大祭用の「霊牌」の推進を展開しています。我が家 でも、ご先祖様、親戚や深くお付き合いのある方々のご先 祖への報恩感謝とご供養の意味で、毎年約180柱ほどの 「霊牌供養」させて頂いています。皆さまも、是非この機 会に多くのご先祖様や縁のある方々の報恩感謝の「霊牌供 養」を致しましょう。 30数年ぶりに練成会に参加した 塩釜市の女性 J ・ T さんは、小中学生の時から親に薦めら れて青少年練成会に何度も参加していました。その後はし ばらく生長の家の活動からは離れてはいたが、御教えは自 分の中に生きていたといいます。このたび七月に念願して いた宮城練成会にやっと参加することができましたと大変 喜んでおりました。私は J ・ T さんが青少年練成会に参加 していた当時は、青年会で青少年育成指導部長を担当して いましたので、互いに面識があり、当時の話しに花が咲き ました。

 

そして思い出したことがあります。それは夏季青少年練 成会の参加促進で子供の居る家庭を訪問した時のことで す。訪問先のお母さんが「私は、子供達を青少年練成会に 参加するようにしています。何故かと言いますと、自分が 小さい時に親が同じように練成会に送り出してくれたからです。その当時はその意味がよく分かりませんでしたが、 人生を送る中において、何か問題が起きた時に御教えが幾 度となく思い出され、何度も助けられました。今感じるこ とは御教えが自分の中で生きていたのです。だから練成会 に参加させてくれた親にただただ感謝です。そのことから、 例え子供が今御教えがよく分からなくても参加させるよう にしています。将来必ず自分のためになることを体験とし て私は知っているからです。」と話してくれました。

皆さん、八月に夏季青少年一泊見真会が開催されます。 多くの青少年を見真会にお誘い致しましょう。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会   パーマリンク

 

9/27(金)「大調和の神示祭」開催のご案内!

投稿日:2019年7月31日 カテゴリー:光のおとずれ 大調和の神示祭

今年も” 大調和の神示” が天降った日に合わせて、「神・ 自然・人間の大調和せる地上天国」実現を願い、教化部 で「大調和の神示祭」を開催致します。

各誌友会等で宇治の写経用紙に” 大調和の神示” の「写 経」をして、9 / 2 5 (水) までに教化部に届くように推 進をお願い致します。皆様から奉安された写経は、神示 祭の後にまとめて教化部から宇治別格本山にお送り致し ます。宇治では1 0 年間奉安され、毎日聖経『甘露の法雨』 が読誦されます。

  • 日 時:9月27日( 金) 午前10:30~
  • 会 場: 生長の家宮城県教化部(大講堂)
  • 持ち物: 聖経『甘露の法雨』(大調和の神示)
カテゴリー: 光のおとずれ, 大調和の神示祭   パーマリンク

 

7/13(土) ~ 14(日)「青年・壮年一泊見真会」開催!

投稿日:2019年7月31日 カテゴリー:光のおとずれ 青年・壮年一泊見真会



7/13( 土) ~ 14( 日) にかけまして、全国初の試みとなる「青 年・壮年一泊見真会」が教化部で開催されました。 参加者は、13 名( 青年8 名、壮年5 名) の方にご参加いただ きました。

一日目は、小池聖明・本部講師、辻田昌司・青森教区教化部 長による真理講話、夜には、松田正道・山形・宮城教区教化部長の先導による浄心行が執り行われました。特に浄心行は、参加者が自分で「浄心文」を焼却いたしました。

二日目は、松田正道・教化部長による講話、さらに「祈り合 いの神想観」の先導を行っていただきました。また、3 名の方に よる素晴らしいPBS の活動事例紹介もあり、とても内容の濃い、 素晴らしい一泊見真会となりました。 運営にあたっていただきました皆様、ありがとうございました。

( 相澤俊弘記)

カテゴリー: 光のおとずれ, 青年・壮年一泊見真会   パーマリンク

 

6/23(日)「第19回名取川クリーンウォーキング」開催!

投稿日:2019年7月31日 カテゴリー:クリーンウォーキング 光のおとずれ



元号が令和となってから最初となる「第19 回名取川クリーンウ ォーキング」が、6 月23 日(日)午後1 時30 分から開催され ました。相愛会の名取川クリーンウォーキングは、平成22 年から 年2回実施しており、今年で10 年目となります。今回は相愛会よ り13 名、青年会より1 名の方々が参加していただき、お揃いの 蛍光オレンジ色のビブスを着けて、河川敷の清掃活動を行っていた だきました。ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

次回は、11 月24 日(日)に第20 回目の開催を予定しており ますので、ご協力お願いいたします。

再拝

カテゴリー: クリーンウォーキング, 光のおとずれ   パーマリンク

 

私の日時計日記 令和元年8月

投稿日:2019年7月31日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

練成会で両親に心から感謝!青年会にも入会しました!
H・E さん

私は生長の家の信仰はしておりませんでしたが、母親が信仰をしておりまして、幼い頃から御教えには触 れておりました。今回、母親の事業を継ぐにあたり、 真理を学んで来るように申し付けられましたので、宇治別格本山の一般練成会に全期参加させて頂くことに なりました。それと共に、私の兼ねてからの課題であっ た両親へ感謝が出来るようになることも達成したいと考えておりました。なぜなら私は、両親に対して目上軽視の発言ばかりしてしまっていたのです。私がこれ から人生を拓いて行くにはこの心を改め、両親に感謝 出来るようになることが必要だと思いました。

 

練成会では早速個人指導をお願いし、長田忍講師に指導して頂ける事になりました。長田忍講師からは、 感謝しようと思う事が既に感謝であること、感謝に終 わりはないことを教わりました。両親に改まって感謝 の言葉を伝える事を想像していた私は、始めはまだ、 どんな言葉をどのように伝えるかばかり考え、教えて頂いたことを理解しきれておりませんでした。しかし、 講話や体験発表の中で私と同じ想いの中、壮絶な体験 を経た後に父親や母親に感謝し、素晴らしい人生を歩まれているお話を伺い、とても感動いたしました。

( 次号へ続く)

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク