カテゴリー: 光のおとずれ

光のおとずれ 真理の灯台 講師会 平成30年4月

投稿日:2018年3月31日 カテゴリー:光のおとずれ 真理の灯台 講師会

地方講師会長 富樫幸男


合掌 ありがとうございます。
3月4日に教化部会館にて「生長の家立教記念日祝賀式」 が開催され、沢山の信徒の方々が参集いたしました。

昭和5年に生長の家創始者である谷口雅春先生が『生長の家』誌を創刊し、以来人類光明化運動は谷口清超先生、 谷口雅宣総裁と受け継がれ今年で立教89年となりました。今や日本国内ばかりではなく北米、ブラジル、ヨーロ ッパ等と全世界に布教され、生長の家の御教えに生きる人々が何百万の人々に増加し布教活動をおこなっています。

宮城教区においても、沢山の信徒が布教を展開し現在の宮城教区を形づくってまいりました。感謝の限りです。

そして、今年、その代表的に活躍してきた方々が、立教記念日の3月1日に総本山で開催された「生長の家立教89年生長の家春季記念日・生長の家総裁法燈継承記念式典」において、「東日本光輪賞」を大橋みな子講師、照井隆二講師が受賞、「布教功労賞」には宮本美根子講師が受賞されました。誠におめでとうございます。

私自身、御教えに触れていなかったら、本当の人生を掴むことは出来なかったと思います。教化部長松田正道本部講 師は宮城教区の「三種の神器」は「明るく・楽しく・元気 よく」であると。

さあ皆さん、これから「明るく・楽しく・元気よく」どんどん、神・自然・人間の大調和した地上天国実現に向けて、 国際平和信仰運動・人類光明化運動を各地で大展開してい きましょう。

再拝

 

楽しく学べる真理勉強会

  • 4月7日(土) 真理勉強会 10時半~12時
  • ( 受験模擬試験答え合わせ) 13時~14時半
  • 5月15日(火) 、6月2日(土)
    ※ 5月、6月の開催時間は4月と同じです
カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会   パーマリンク

 

光のおとずれ 真理の灯台 講師会 平成30年3月

投稿日:2018年3月2日 カテゴリー:光のおとずれ 真理の灯台 講師会

地方講師会長 富樫幸男

合掌 ありがとうございます。
昭和5年に生長の家創始者である谷口雅春先生が『生長の家』誌を創刊し、以来人類光明化運動の歴史は刻まれ続けられ今年で立教89年となりました。宮城教区におい ては3月4日(日) に「生長の家立教記念日祝賀式」が執り行われます。

谷口雅春先生は立教の出現の精神を『生長の家』創刊号 に次のように記しています。

「自分はいま生長の火をかざし て人類の前に起つ。起たざるを得なくなったのである。友よ助けよ。同志よ吾に投ぜよ。人類は今危機に頻している。(中略)自分の有つている限りの火で人類を救わねばならな い。自分の火は小さくとも人類の行くべき道を照さずには おかないだろう。(中略)自分は今覚悟して起ち上った。見 よ!自分の身体が燃え尽くすまで、蝋燭のようにみづからを焼きつゝ人類の行くべき道を照射する。」

私たち信徒は、この立教の精神を忘れることなく心に刻 み、人類光明化運動・世界平和信仰運動を展開いたしまし ょう。

このたび、信徒の方々が真理を広く深く学ぶための「楽しく学べる真理勉強会」が講師受験勉強会を拡大して開催いたします。指導講師は教化部長松田正道本部講師です。 御教えが根本から学べます。左記の通りにて開催しますので、 ぜひ参加して真理を学びましょう。

再拝

楽しく学べる真理勉強会

● 3月3日(土) 真理勉強会 13時~14時半(受験希望者に模擬試験問題配布)
※ テキスト:『宗教はなぜ都会を離れるか?』『大自然讃歌』『観世音菩薩讃歌』
機関誌『生長の家』H23_09~11 『聖歌集』

● 4月7日(土) 真理勉強会 10時半~12時(受験模擬試験答え合わせ)13時~14時半

● 5月15日(火) 、6月2日(土) ※ 5月、6月の開催時間は4月と同じです

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会   パーマリンク

 

光のおとずれ 真理の灯台 講師会 平成30年2月

投稿日:2018年1月30日 カテゴリー:光のおとずれ 真理の灯台 講師会

地方講師会長 富樫幸男

合掌 ありがとうございます。
1月1日に教化部では5時半から「新年神想観始め」が執り行われました。今年も多賀城市に住んでいる照井隆二講師が 自宅の近くまで迎えに来て下さり参加することができました。 迎えに来るとなると逆方向に一度向かわなくてはなりません、 ただただ感謝で、感謝と神想観と祈りで始まる素晴らしい一年 のスタートが出来ました。

行事の終わりに総本山からのみかんとおみくじをいただきま した。そのおみくじにはこんな御言葉が書かれておりました。 「歓べば歓びが来たるなり」と、注釈文には「喜びは悦びと波 長が合うなり、波長が合うものが実現するなり、常に感謝して喜べば幸福来る」と記されていました。生長の家の中にいます とよく聞き、よく思い、よく話す言葉です。なぜ自分が今回引 いたおみくじがと考えました、想いをめぐらしました。そうか 聖典『生命の實相』40巻を要約して言えば聖経『甘露の法雨』となり、聖経『甘露の法雨』を要約して言えば『大調和の神 示』となり、『大調和の神示』は要約して言えば「感謝」の二文字となると言われます。人事処すべてにおいて「感謝」を忘れず、神の子として行動し生きることの大切さを、深く深く気 づかせていただきました。これから一年の目標、そして道しるべ となりました。

また、教化部の2階から初日の出を迎えました。まぶしいば かりの神々しい光でした。ご来光でした。参加者の皆さまと一 緒に思わず合掌させていただきました。

皆さまも新年を迎え、十人十色、百人百様の誓いを立てて新年の出発をいたしたと思います。1月14日「新年度運動方針 徹底のための役員合同会議」で各組織の運動方針が発表されました。これからの一年、松田教化部長を中心に今までよりもさ らに大胆に、明るく楽しく元気よく光明化運動を展開してまい りましょう。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会   パーマリンク

 

光のおとずれ 真理の灯台 講師会 平成30年1月

投稿日:2017年12月28日 カテゴリー:光のおとずれ 真理の灯台 講師会

地方講師会長 富樫幸男

合掌
新年 明けましておめでとうございます
今年も講師会 宜しくお願い申し上げます

新しき年を迎え、多くの人々はこの新年を如何に生きるかと 様々な人生目標や誓いを立てて、新たな気持ちで生きていこう としていると思います。

聖典『生命の實相』13巻55~56ページに、「人生 の目的」についてこんなことが書かれています。

『われわれ人間の魂を沸き立たすあらゆる問題のうちで、最も重要な問題はなんであるかといえば、人生の目的如何?という ことであります。むろんそんなことを頓着しない人間はたくさ んあります。そういう人間はただ5官の世界にだけ住んでいるのでありまして、人間とは肉体であり、肉体を楽しましめるこ とができれば、それで善いものだと漠然と考えているのであります。

そして、地上の生活時期が終わって肉体がまさに彼からもぎ とられようとするときになってから、初めて「なんのための自 分の人生であったのか、自分の人生に、永遠的価値ある何物かがはたして残されていたであろうか」と振り返って、長大息す るのであります。(中略) 諸君よ、われわれはこんな空虚な人生を生活したくないものであります。人生の目的とは、要するにこの世に神の生命を顕現することであります。(中略)  人 生は神の永遠の生命が、5官に触れる形式にあらわれたものでなければならないのです。完全なる意味においては、人間とはひっきょう「神人」でなければならないし、人生とはひっきょう「神生」でなければならないのであります。』

この世界には人は74億人いるけれど、「私」という「神の子」は、世界でたった一人でかけがいのない存在です。私たちは人生を「神生」とし、信徒として、講師として、この宮城の 地で大展開して参りましょう。互いに協力し合い、素晴らしき 宮城教区を築いてまいりましょう。

再 拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会   パーマリンク

 

光のおとずれ 真理の灯台 講師会 平成29年12月

投稿日:2017年12月12日 カテゴリー:光のおとずれ 真理の灯台 講師会

地方講師会長 富樫幸男

合掌 ありがとうございます。
講習会も大盛会となり、皆さんの推進のお陰をもちまして、 明るく楽しく元気よく無事終了致しました。本当に皆さま 一人一人のたゆまぬ活動の結果が現れたのだと思います。こ れからは新たな活動の出発となります。何故なら初めて講習会に参加し、生長の家の真理に初めて触れた人もいらっしゃいます。又、総裁のご講話や生長の家を実践している方々 の体験談を聞き、新たに生長の家の真理の素晴らしさ、そして生き方に感動、再感動した信徒の人々も沢山いるのではないでしょうか。これは大きなチャンスです。急がば回れ、慌てることなく地道ですが、私たちが愛と真心を尽くして、誌友会に、見真会に練成会にどんどんお誘いして、生長の家の真 理を生き、実践する人々へと導いてまいりましょう。これが 一番です。

朝、新鮮な空気を吸おうと庭に出ると、身がブルッと引き締まります。もう秋も深まり庭木もご近所の木々も遠くに 見える野山にも冬の到来を待つばかりとの顔を見せてくれて います。

先日仙台のアーケード街を歩いていますと定禅寺通りなど の樹木をイルミネーションで飾り、仙台を幻想的な雰囲気をかもし出す街にしようと、若者の募金をうながす声が方々から聞こえてきました。もう年の瀬が身近に迫っていることが ヒシヒシと感じます。早いな~、一年が過ぎるのがこんなに も早いなあ~と、つくづくと感じます。

竹には節があり、節を積み重ねてどんどん伸びていきます。 孟宗竹なんかはこんなにも伸びるのかとビックリするほど無限力を発揮して伸びていきます。私達は神の子です。無限力 があります。これから年の瀬を迎えるにあたり、私たちはこ の一年を振り返えってみますといろんな人と「結び」を体験 し、経験を積み重ねて節と年輪を大きくしています。講師・ 信徒も皆さん大きな節目として今年最後の練成会に参加し、 身も心も浄め新年を迎えましょう。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会   パーマリンク

 

光のおとずれ 真理の灯台 講師会 平成29年11月

投稿日:2017年11月2日 カテゴリー:光のおとずれ 真理の灯台 講師会

地方講師会長 富樫幸男

合掌 ありがとうございます。
朝も夕もしっかりと涼しき秋となりました。小生は教化部に会議や行事等がある時はJRを利用して乗り継ぎながら、南仙台駅まで来てそこから徒歩で教化部に向かいます。私の脚が短いのか20分位かかりますがその道中も楽しいものです。

今日はあの道この道とコースを替えたりして向かいますが、その間通り過ぎる家々の庭の植木や草花が彩りをなし、又、秋という季節がら柿などの果実や懐かしいアケビなどの個性ある庭もあり、いろいろと楽しませてくれています。講師や信徒の皆さんも活動の道すがら、いろいろな秋を体感なさっていることでしょう。

早いもので、小生が宮城教区に帰ってきて丸2年、地方講師会長を拝命してからあっと云う間の一年でしたが、今までの光明化運動のあり方を振り返えって観ると、まだまだ愛が足りない、思いが足りない自分に気づきます。 あそこでこうやれば良かったとか、あーやれば良かったとか、反省がてんこ盛りです。これからも皆さんのご指導とご協力のもとに、一人でも多く真理に生きる人々を生み 出せるような活動を展開して参りたいと思いますので宜しくお願い申し上げます。

いよいよ宮城教区においての単独開催最後の「生長の家講習会」がもう間近と迫ってきました。泣いても笑っても 開催日11月26日(日) はもうすぐです、各組織において講習会推進活動に拍車が掛かっています。

講師の皆さん、所属する各組織や各地区において推進活動の模範となって講習会の各目標突破に向けて牽引して 行きましょう。もう一度対象者を洗い直しながら、祈って 歩いて声かけて「もう一人拡大」を合い言葉に残された期間、思いっきり明るく楽しく元気よく展開してまいりましょう。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会   パーマリンク

 

光のおとずれ 真理の灯台 講師会 平成29年10月

投稿日:2017年9月28日 カテゴリー:光のおとずれ 真理の灯台 講師会

地方講師会長 富樫幸男

合掌ありがとうございます。
季節も涼しき秋へと向かい、野山の木々も赤や黄色と装いの準備を始めてまいりました。四季があるということは素晴らしい事ですね、何か心が豊かになる感じが致します。

そして今は実りの秋です、我が家の裏庭で家庭菜園をしていますが、沢山の実りがありました。一家で食べられる程度と心掛け沢山は栽培してはいませんが、今年はキュウリにナス、トマトは二種類でアイコと中玉、外にジャガ芋とシソで六種類です。今年は昨年の経験から、家庭菜園の先輩から,そして菜園の解説書を開きながらいろいろと工夫を凝らしました。それぞれの野菜の特徴に合わせ、肥料を施し、水やりや剪定などをおこない育ててまいりました。毎日毎日見ていますとかわいくなるのです。心の大きな安らぎともなっています。ナスなどは丸々と色つやも良く大きく育ち、トマトは昨年よりも粒も大きく、そして食べきれないほどの実をつけてくれました。

その中で思うのです。私達の周りには沢山の友人知人がいます。幼なき頃の友人や最近友達になった人、職場であれば同僚や上司や部下もいます、近所の方々もいます。自分の家族や親戚の方もいます、自分の生きてきた人生の中でいろいろな人との出会いと結びの働きがあり、自分の周りの人間関係を築かれてきたのだと思うのです。

生長の家講習会が11月26に開催されます。講師・信徒の皆さん、この機会に縁のある方々を思いっきり祝福しませんか、益々幸せになるよう、素晴らしい人生が築けるよう祈りませんか、幸いにしてこのたび教化部で「講習会受講対象者祝福名簿」を作成いたしました。これを最大限に活用して、縁のある人々を祝福し祈りの中でどんどん幸せの輪を広げていきましょう。そうすれば縁のある一人一人に幸福の果実が大きく実るように導いてくれる言葉や行動のアイデアも天下ってくるのではないでしょうか、そして講習会に参加する人達も沢山出てくるのではないでしょうか。

講習会まであと約二ヶ月、明るく楽しく元気よく推進を展開してまいりましょう。

再拝

新任講師紹介

新任講師 松田あゆみ

合掌 ありがとうございます。
はじめに、今回の地方講師試験を受験するにあたり、親しくご指導くださいました松田教化部長ありがとうございます。また、髙木連合会長はじめ、激励くださいました皆さまありがとうございました。おかげさまで無事に合格することができました。講師諸先輩のみなさま、どうぞよろしくご指導くださいませ。

青年会時代、光明実践委員を拝命しておりましたが、卒業の時に提出物を間に合わすことができず、再びの受験となりました。松田教化部長ご指導の勉強会に参加し、聖典やブックレットシリーズを読み返すうちに、私にとって今こそ、この勉強が必要な時期なのだ。きっと合格して皆さんにお伝えしたいという気持ちになりました。試験中も教化部長、試験監督の源講師が祈ってくださっていることが安心感となり、臨むことができました。本当にありがとうございました。

またこの度、9月1日付けで教化部事務局次長を拝命致しました。気持ちを新たに、諸先輩方からのご指導をいただきながら「人類光明化運動」「国際平和信仰運動」に邁進してまいります。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

再拝

 

新任講師 白鳥道雄

合掌 ありがとうございます。
この度の新任地方講師試験を受けるにあ たり、松田教化部長先生より懇切丁寧なご指導をいただきました。半年にわたり真理の研鑽を受け、より一層真理の奥深さを学びました。7月の試験の前、持病が悪化し3週間程動くことが出来ない日々がありました。しかし、小坂南小泉相愛会長のお見舞いをいただき、復活しありがたく受験出来ました。

振り返りますと受験勉強のおかげで浄化作用が起こり魂が浄めらたのではと思います。無事合格出来ましたことを部長先生はじめ講師の先生方に感謝して、地方講師の一員として、活動に励んでいけるよう、研鑚を積んで行きたいと存じます。

そして、一人でも多くの方が、生長の家の真理に触れ、光明化運動が盛んになるよう、伝道に努めて参りたいと存じます。 新米でございますので、今後とも皆様のご指導ご鞭撻をいただけますよう、よろしくお願い申し上げ ます。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会   パーマリンク

 

光のおとずれ 真理の灯台 講師会 平成29年9月

投稿日:2017年8月30日 カテゴリー:光のおとずれ 真理の灯台 講師会

地方講師会長 富樫幸男

合掌 ありがとうございます。
もう夏の暑い日差しも過ぎ、涼しき秋へと向う季節に なってまいりました。

先日、8月の17日~19日の3日間、宇治別格本山 において盂蘭盆供養大祭が執り行われました。宮城からは松田教化部長、教区を代表して、佐藤相愛会連合会長が神官として参加、招待者招霊祭員として髙木白鳩会連 合会長と小生、外に教区代表の招霊祭員4名、計8名が参加いたしました。1、2日目は雨や曇りで暑さはそれほどでもなかったのですが、3日目の本祭の日は快晴で、さ すが京都暑さが半端ではございませんでした。

今年は18日の招霊祭で祀られるた霊牌は145万柱を超え、招霊祭員は全国から教区の代表者として930名の方々が参加し、その招霊の声は宝蔵神社大拝殿に響き合い、その荘厳さと感動で一杯になりました。 午後4時からは、生長の家総裁谷口雅宣先生、白鳩会総裁谷口純子先生にご奉祀、ご臨席を頂いての自然災害物故者追悼慰霊祭の御祭り、そして夕方からは全国有名盆踊り大会が大拝殿で開催されました。最終日の19日には、本祭、精霊招魂神社大祭、全国流産児無縁霊供養塔供養大祭、大施餓鬼、末一稲荷神社大祭が執り行われました。お一人お一人のご先祖の皆さま、有縁無縁の御霊さまが喜ばれている姿が目に浮かぶようです。

さすが、魂のふるさと、私たち信徒にとりましても、 宇治別格本山は格別な思いを抱かせる聖地でした。 いよいよ、暦も9月に突入し、講習会開催日の11月26日まであと80日余りとなり、グッと間近に迫ってまいりました。

講師、信徒の皆さん、これからは食欲の秋、運動の秋。 そうです。よく食べエネルギーをふんだんに取り、馬力をつけて、そして冷静沈着に真心と愛を展開し、人類光明化運動を、講習会推進運動を、明るく楽しく元気よく推進してまいりましょう。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会   パーマリンク

 

光のおとずれ 真理の灯台 講師会 平成29年8月

投稿日:2017年7月27日 カテゴリー:光のおとずれ 真理の灯台 講師会

地方講師会長 富樫幸男

合掌 ありがとうございます。
もう夏も真っ盛り暑い日が続く今日この頃です。 7月1日、2日に本部主催の地方講師会長・地方講師幹部研修会が河口湖本部練成道場で開催されました。

今までとは違い講師会長だけでは無く、副会長、事務 担当者も参加の研修会で宮城教区からは5名が参加致し ました。全講話を三好雅則運動推進部長が直接指導する それは熱気あふれる研修で、近年の光明化運動の変化に 即して運動の3カ年計画及び本年の運動のポイント、現 在進めている運動の意義などが網羅された研修でした。

そして講話力向上のための1分間スピーチの実践や講 師としての心構え、信仰と生活が一致した生き方が大切 であるなど、多岐にわたり、これからの講師として光明 化運動を進めるに有意義な研修会となりました。

私にとりましても昨年10月に講師会長となっての研 修でしたので非常にタイムリーに感じています。

今月は教区内の各誌友会場では「先祖供養」をテーマ に開催されている誌友会が多いのではないかと思います。 私自身も生長の家に入信してから先祖供養の意義を詳し く知ることができました。実に感じます自分がこうして この世に生を受け誕生しているということは、必ず父母が いるということです。そしてその父母にもまた父母がいま す。こうして10代遡れば1,000人以上、20代遡れば 100万人以上、代遡れば10億以上のご先祖がい るということになります。もしその内の一人でもいなかっ たならば、自分は存在していなかったのです。

つまり数え切れないほどの多くのご先祖がいのちをつな いでくれたおかげで、今ここに生きているのです。そのこ とだけでも感謝です。ご先祖に報恩感謝の思いを表現す るのが先祖供養の原点となるのではないでしょうか。

宇治別格本山では8月17日~19日に「宇治盂蘭盆 供養大祭」が執り行われます。教区ではそれに合わせて ご先祖様への宇治大祭用の「霊牌」供養を進めています。 講師・信徒の皆さま、この機会に報恩感謝の心を込めて 「霊牌」供養をいたしましょう。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会   パーマリンク

 

光のおとずれ 真理の灯台 講師会 平成29年7月

投稿日:2017年6月26日 カテゴリー:光のおとずれ 真理の灯台 講師会

地方講師会長 富樫幸男

合掌 ありがとうございます。
もう夏がそこまでやって来ました、樹木も光と恵みの雨を 頂き生き生きと空に向かって息づいています。 最近宮城練成会の「浄心行」に参加して、初めて参加し た時のことを思い出しました。昭和51年頃で私は青年 会で青少年育成指導部の小・中学生担当になったばかりで した。初めて経験する夏季の青少年練成会に多くの小・中 学生に参加して頂こうと県内各地を参加促進で走り回ってい た時のことです。青年会の方々に教化部自動車の運転を頼 み一緒に参加促進をしていました。

ある時どうしても運転をしてくださる人が決まらず途方 に暮れ、思わず教化部職員の阿部千加子さん( 現姓:原さ ん) に頼み込みました。快く引き受けてくださいましたが条 件を付けられました。その条件は練成会の「浄心行」を受 けることでした。恥ずかしいのですが、その時はまだ宮城練 成会の「浄心行」に参加したことが無く「真っ暗の中でやっ ているあの行事ですか? 」と言いながら、車の運転をして頂 く関係からしぶしぶ参加の決意表明をしたのでした。後日、 私は約束は違えてはならんと「浄心行」に参加をいたしまし た。参加して「おとうさん、おかあさん」と何度も声を出 している中で、小学四年生頃のある光景がよみかえってきま した。それは、悪ふざけをして友人の家でボヤを起こしかね ない迷惑をかけてしまったことです、その夜に家の中で母に 呼ばれ正座させられコンコンと説教をされました、そして母 が内職に使っていた物差しで、どちらの手がボヤを出しかね ない事をしたのかと聞かれ、その手を何度も叩くのでした。 その手に水のようなしずくが落ちてきました。何だろうと 上を見上げたら母の涙でした。

「幸男、片親だから子供が変な道にいったと言われるような 育て方はしたくから叩いているんだよ」と言うのでした。痛 い自分が泣くんなら分かるけど、叩いている母の涙だったん です。それを思い出して涙が止まりませんでした。それから いろんな光景が次々と蘇ってきました。

こんなはずではなかった、自分は親孝行の部類に入る人間 だと自負していたが、母の愛はそんなもんでは無いとつくづ く思わせられました。そのことを再度思い起こされたのでし た。皆さん、練成会で「浄心行」に参加し感動と益々素晴 らしき神の子を築いてまいりましょう。 次の練成会は7月14日~16日で「浄心行」は第1日目 14日夜におこなわれます。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会   パーマリンク

 

光のおとずれ 真理の灯台 講師会 平成29年6月

投稿日:2017年5月30日 カテゴリー:光のおとずれ 真理の灯台 講師会

地方講師会長 富樫幸男

合掌 ありがとうございます。
道を歩いていますと沢山の草花が各家々の庭にいろんな色 や姿を見せて咲き誇っていて、こちらの心まで明るく楽しく 元気になってまいります。

5月13日に教区全体の「講習会受講券奉戴式」が執り 行われました。受講券は教化部長から相愛会、白鳩会、青 年会の各組織に手渡され、いよいよ単独開催最後の「生長の 家講習会」推進への出発となりました。

講習会の開催日は11月26日( 日) あと約6ヶ月で す。講習会は生長の家創始者谷口雅春先生が昭和9年1月 12・13日に盛岡市の桜山神社で開催したのが始まりで、 その後2代目総裁谷口清超先生、3代目総裁谷口雅宣先生 へと引き継がれ現在に至っています。

講習会推進には教化部長が作成してくださいました、「人 脈いっぱい」の参加推進対象者表をもとに、今まで参加して 下さった方々や職場、家族、友人知人、そしてご近所付き 合いをしている方や地域の諸団体など縁のある方々を祝福の 祈りを捧げると共に、声を掛け、足を運び、より多くの人々 を講習会に導いてまいりましょう。

また、5月14日には「宮城自然の恵みフェスタ2017が教化部会館で開催されました。前回よりも増して工夫 がなされ、信徒皆さんの絵手紙、和歌、俳句、絵、パッチワ ークなどの作品が県内各地から集まり教化部会館に展示さ れました。各地区でBタイプ誌友会が開催されたこともあ り、特に絵手紙や俳句等が沢山出品があり、ところせまし と展示されてあの人この人と皆さんの多才な才能を見させて 頂きました。

又歌や踊り楽器演奏等とノーミート料理や屋台も出て、 参加した皆さんにとりましても本当に楽しさと素晴らしさ 一杯の「自然の恵みフェスタ」となったことと思います。

講師は組織の血液です、これからも益々陰に陽に誠を尽 くし、地元組織の潤滑血液として人類光明化運動、国際平 和信仰運動に邁進して、光あふれる宮城教区を創ってまいり ましょう。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会   パーマリンク

 

光のおとずれ 真理の灯台 講師会 平成29年5月

投稿日:2017年5月1日 カテゴリー:光のおとずれ 真理の灯台 講師会

地方講師会長 富樫幸男

合掌 ありがとうございます。
今までの寒い日々は遠ざかり、日増しに暖かさが増す季節となってまいりました。

野の草花も花木も太陽の光を浴びて満開の姿を見せてくれています。

 

そして皆さまの中には光明化運動のかたわら、家庭菜園の準備に取りかかっている方々もいらっしゃるのではないでしょうか。

私も昨年から家の裏庭で三坪程の家庭菜園の挑戦を始めました。

昨年初めて経験したことですが、成長して実っていく野菜たちをよく見ると、例えば同じキュウリでも当たり前ですがみんな顔が違うんですね、一つ一つにイノチを観、今までにない愛情と愛おしさを感じて一日に何度も足を運ぶ自分がいました。

 

今までそんな気持ちと感覚で野菜たちを観ることはなかっ たのですが、ここにも神の結びが働くのですね、不思議なものです。

皆さんも是非家庭菜園に挑戦なさることをお勧めいたします。

 

5月14日(日) に「宮城自然の恵みフェスタ2017」 が教化部会館で開催されます。

昨年は秋でしたが、今年は秋に講習会が開催される関係から5月に開催されることになったのです。

秋の開催とはまた違う趣向で開催されます。

信徒の皆さんの無限力や「技能や芸術的感覚」が発揮された絵手紙、俳句、書、写真、絵、パッチワーク等沢山の作品が自薦他薦で県内各地から集まり展示されます。

又、歌や踊り、楽器演奏とノーミート料理や屋台も計画され、自然の恵みにも感謝した、楽しさいっぱいの「宮城自然の恵みフェスタ」となること太鼓判です。

子供達も喜ぶ焼きマシュマロや綿あめ、焼きソバの屋台も出ます、どうぞこの機会に家族そろってご参加ください。

楽しい一日となります。

 

この「宮城自然の恵みフェスタ」を講師・信徒のみなさんの力を合わせ、盛り上げて、11月26日に開催する「生 長の家講習会」を大盛会に導いて参りましょう。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会   パーマリンク

 

光のおとずれ 真理の灯台 講師会 平成29年4月

投稿日:2017年3月30日 カテゴリー:光のおとずれ 真理の灯台 講師会

地方講師会長 富樫幸男

合掌 ありがとうございます。
4月末には、白鳩会全国幹部研鑽会、相愛会・栄える 会合同全国幹部研鑽会、青年会全国大会が全国各地で開催されます。

以前は東京の日本武道館で各組織の全国大会としてそれぞれ開催されていた時期がありました。

 

昭和51年頃に私は初めて青年会の一員として青年会全国大会に参加させて頂きました。

この全国大会によって私は活動する青年へと生まれ変わることができました。

それは忘れもしません北見教区の中学2年の佐々木恵子さ んの体験発表でした。

生長の家の御教えの素晴らしさ、日本の国の素晴らしさ、父母に感謝することの大切さを知り感激し、真理に満ちた生き方を学校中に広める決意をして、仲間や友達にも学校の先生に相談し広めていった。

そ して真理研究クラブを結成し、最初反対していた先生も最後にはクラブの顧問になってくれたという。

今では校内試験で250人中1番をとれるようになり、仲間も30名と増え、これからは100名を目指して頑張りますと元気な姿で発表をしていました。

 

会場内は割れんばかりの拍手が鳴り響いていましたがその時の私は下を向き、目を潤ませて自分の膝を握り拳で何度も何度も叩いていました。

私はあの中学生に生き方で負けたと思ったんです。大の大人である自分がなんと情けない、自分が自分がと自分の幸せしか考えていなかった人間ではなかったかと、自分自身に思いっきり腹が立ってきたの です・・・・・・・・。これをきっかけに自分の生き方が大きく変 わり、現在に至っています。

 

皆さまも是非、全国幹部研鑽会・全国大会に参加して御教えに生きる多くの仲間と出会いましょう。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会   パーマリンク

 

光のおとずれ 真理の灯台 講師会 平成29年3月

投稿日:2017年2月25日 カテゴリー:光のおとずれ 真理の灯台 講師会

地方講師会長 富樫幸男

合掌 ありがとうございます。
3月1日は生長の家立教記念の日であります。

そして 生長の家創始者谷口雅春先生が立教して88年を迎えました。

私がもし生長の家の教えに出会うことがなかったならば自分の人生はどのようになっていたのだろうと考え ると思わず身震いがいたします。

 

私はこの出会いによって本当の人生のあり方を見いだすことができて感謝の思いで一杯です。

出会いは昭和50年 頃、年齢も25、6歳と、うら若き時でした。

私が宗教に触れる切っ掛けは、会社勤めをしていた23歳の頃でした。

自分の部署に学校を卒業したばかりの女性が配属され、2,3ヶ月してキリスト教会に行っていると言ってきました。

私は話を聞いているうちに、その考 えや行動は間違っていると思い、それを正すため、後で一人でその教会を訪ねて行きました。

 

口では誤魔化されないと20項目位の質問状を携えて乗り込んでいきました。

残念ながら責任者には会えず、ならばこの質問状に答えるべき書籍があるならば購入したいと言った時に聖書等を渡されました。

それからは通いながら真剣に学びだしました。やがて、罪の子や原罪に疑問を抱くようになるなかで、教会にあった生長の家の聖典と出会い、借りて読み「人間神の子、実相のみ独在」であること を知り、人生の一大転機が訪れました。

 

書店で『生命の實相』を買い求め学んでいたところ、信徒の鈴木俊子さんと出会い仙台に生長の家の会館があることを知り、喜び勇んで飛び込んでいきました。

それから42年が経ち現在を迎えています。人生では人事処においていろいろな人々と出会い導かれ、自分の人生が築かれていきます。

私にとっても一連の出会いが無ければ生長の家との出会いは無かったと思います。

 

出会いの一つ一つが自分の人生をつくり、それぞれの人々の人生にも大きく関わりを持ってまいります。

私達は出会 う多くの人々の「人生」が、「神生」となるように、善き隣人として邁進してまいりましょう。

 

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会   パーマリンク

 

光のおとずれ 真理の灯台 講師会 平成29年2月

投稿日:2017年1月29日 カテゴリー:光のおとずれ 真理の灯台 講師会

地方講師会長 富樫幸男

合掌 ありがとうございます。
お正月の初詣のために以前はJRで特別ダイヤが組まれて初詣列車が走っていたものですが、今は無くなりましたので、私は教化部の元旦5時半から始まる行事「新年神想観始め」に間に合うことが出来ないと思っていました。

 

しかしそこに救いの神が現れ、多賀城市に住んでいる照井隆二講師が近くまで迎えに来て下さることになりました。

迎えに来るとなると逆方向に一度向かわなくてはなりませんので、申しわけない気持ちと感謝で心の内で合掌さ せていただきました。

仲閒とはありがたいものです。お陰様で15年ぶりの参加となり、神想観と祈りで始まる素晴らしい一年のスタートが出来ました。

 

行事の中で総本山のおみくじをいただきました。

そのおみくじにはこんな御言葉が書かれておりました。

「報いを求めず唯働け」

と、報いを求めて善行を為すは商行為にして道徳行にはあらざるなり、無我の愛のみ神に通ずという。唯々何の報いを求めず、人事処すべてにおいて唯々神の子として行動し生きることの大切さを、なお深く深く気づかせていただきました。

これから一年の道しるべ となりました。

ありがとうございます。

 

また、行事終了後、教化部の二階から初日の出を迎え思わず合掌させていただきました。

いつもの太陽であるけれども、自分の心の変化からか、その初日の出の御光はなんとまぶしく感じられ自分の心を射貫いていきました。

 

皆様もお正月を迎え、十人十色、百人百様の誓いを立てて新年の出発をいたしたと思います。

それらを胸に秘めながら、これからの一年、今までよりもさらに大きく大胆 に、明るく楽しく愛深く、光明化運動を展開してまいり ましょう。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会   パーマリンク

 

光のおとずれ 真理の灯台 講師会 平成29年1月

投稿日:2016年12月27日 カテゴリー:光のおとずれ 真理の灯台 講師会

地方講師会長 富樫幸男

合掌 新年 あけましておめでとうございます。
今年も講師会宜しくお願い申しあげます。
聖典『神と偕に生きる真理365章』の19頁~21頁に次のようなご文章が書かれておりました。

「新しく生まれ変わる年である。新生の年である。今まで自分を一個の物質的な存在であると思っていたのを〝人間 は物質に非ず肉体にあらず、聖なる神の子であり、霊的実 在である〟と知る時が来たのである。わが内に神の生命が 宿っており、その〝神の生命〟が一時的に被服として身にまとい、地球上での仕事又は使命を果たすための〝宇宙服〟としてみずからの生命が織り上げたところの被服であると知 るときを迎えたのである。この自覚の生まれ変わりを得なけ れば新しき年を迎えるということは、唯、齢を重ねて老い行くというだけで、人間の存在に何らの深い意義もないことになるのである。 (中略)〝神の子〟は神らしく生活を始めたとき、はじめ て〝神の子〟として生まれたあなたの人生に意義と価値と をもつことになるのである。」

と、・・・

この一年の始めにあたり、私達は「三正行」(神想観、聖 経と讃歌の読誦・聖典等の拝読、愛行) を日々励み神の子の自覚をより深め、松田正道教化部長を中心に光明化運動を展開し多くの人々に神の子の真理を伝え、素晴らしい教区を築いていこうではありませんか。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会   パーマリンク

 

光のおとずれ 真理の灯台 講師会 平成28年12月

投稿日:2016年11月28日 カテゴリー:光のおとずれ 真理の灯台 講師会

地方講師会長 富樫幸男

合掌 ありがとうございます。
宮城教区に帰ってきまして、早いものでもう一年もすぎて、 あっという間の月日の流れに驚いています。振り返ってみると、 そのような中でいろいろな出会いがありました。かっての光明化運動の仲間達との再会や新たな組織の役職を持つことによ っての新らたな人々との出会いです。そこには新たな「結び」 があり、そのことによって塩釜相愛会ができ誌友会も開催されるようになり、新たな仲間との交流が始まりました。楽しく嬉しいものです。

先日、昔から知っている男性講師から電話連絡があり会うことになりました。共に裸の付き合いということになり仙台市泉区の竜泉寺の湯で再会し、温泉風呂、岩盤浴、サウナ等いろいろと楽しみながら、午前10時~午後10時まで長い時間を過ごしました。この間、光明化運動のこと、今後の自分達のあり方、真理を生きることの大切さ、人生の目的など時間も忘れるほど話合いました。

そして最後に言ってくれました、「ああ 会って良かった」と。 その講師から、むかし生長の家の仲間から頂いた貴重な本部の講師等の講話テープがあるから、ほしいテープは劣化のしないCDにでも良かったらダビングして下さいと60本程持参してきました。私はダビング用の機械を買い、時間をみなが ら、拝聴しながら約2ヶ月掛けてダビングを終了いたしまし た。その間教えられたことは、生長の家の教えに感動し自分 だけの幸せに留まることなく、そこを超え、多くの人達に真理を伝え導く姿がありありと感じさせられたことでした。

このような先達の伝道者、光明化運動をやってこられた方々がいてくれたからこそ、今の自分達がいることを実感いたしました。又、貴重な時間を割きながら、一人でも多くの人が生長の家の真理に触れ、幸せな人生、意義のある人生 を送ってほしいとの一念のもとに光明化運動に活躍している講師や会員の方々を、今尊敬と仲間としての誇りを感じています。これからも皆さまと一緒に手を取り合い、協力し合いながら、明るく楽しく愛深く光明化運動を展開して参りましょう。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会   パーマリンク

 

光のおとずれ 真理の灯台 講師会 平成28年11月

投稿日:2016年10月29日 カテゴリー:光のおとずれ 真理の灯台 講師会

地方講師会長 富樫幸男

合掌 ありがとうございます。
ここのところ台風や大雨と激しい気候変動で、日本各地で被害をもたらしていますが寒さもどんどん増してくる日々が 続いております。
私は体型的にも寒さは余り感じないだろうと思っていましたが、やはり寒いです。

このような中でも講師の皆さまに県内各地でご活躍いただいておりますこと心より感謝申し上げます。

このたび講師会もお陰様を持ちまして新体制が整いました。
まず前会長の白田悦子氏が副会長として活躍して下さ ることになりました。心強い限りです。

又、前副会長の皆さまも定年を迎えられた方を除き全員留任(矢吹りつ氏(白)、齋藤俊午氏(相)、山口知恵子氏 (白)、佐々木浩子氏(青)) して下さることになり、新しく青年会光実議長に就任いたしました櫻井真紀子氏も副会長として加わり、事務担当には教化部職員の栗田和子氏が再度の担当者となりスタートいたしました。

そのほか前推進部員(高橋恵子氏、大橋みな子氏、千葉 麻子氏、佐藤節子氏、玉川倫子氏、照井隆二氏、関口洋子 氏、伊藤京子氏) も全員留任して下さり、そこに新たに前副会長の千葉義人氏が新推進部員として加わり9名体制となりました。

私自身がまだ宮城に戻って来て日も浅くまだ教区全体を把握し切れていない面が多々あると思います。
皆さまのご協力を頂きながら、新体制のもと講師の方々と共に組織の血液として、明るく楽しく愛深く、活動を展開して参りたいと思います。
宜しくお願い申し上げます。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会   パーマリンク

 

光のおとずれ 真理の灯台 講師会 平成28年10月

投稿日:2016年9月27日 カテゴリー:光のおとずれ 真理の灯台 講師会

前 地方講師会会長 白田悦子

合掌 ありがとうございます。
この度の地方講師会定期役員改選で富樫幸男講師会長が誕生致しました。神様から最高のプレゼントを頂きましたこと誠に有難く、心より感謝申し上げます。

3年間私を支えて下さいました副会長、推進部員、地方講師・光明実践委員、宮城教区すべての皆々様にお礼を申し上げます。その感謝の気持ちとして副会長を拝命致しま した。富樫会長のお手伝いさせて頂く事で講師会への感謝とお礼の気持ちとさせて頂きます。

髙坂教化部長先生には一からのご指導頂き、本日まで地方講師会長という大役を全うさせて頂きました。これから感謝の気持ちを・・・と思って居りましたのに、急な転勤に驚くばかりです。故郷北海道で、今必要とされているのですネ。 誠に残念ですが、気仙沼、県北、県南、宮城教区の隅々までにご愛念を賜りました事に、改めて心から感謝とお礼を申し上げ、髙坂先生ご夫妻の益々のご活躍とご健康、ご多幸をご祈念申し上げます。ありがとうございました!

再拝

新 地方講師会長 富樫幸男

合掌 ありがとうございます。
この度改選にて講師会長を拝命することにな り、驚きとその大役の重大さに身も心も引き締まる思いでおります。

私は昨年生長の家本部を退職し、赴任先であ った山形教区の教化部から、10月に生まれ故郷の宮城県に帰って参りましたが、考えてみますと平成14年に宮城県 教化部から岩手県教化部へ、そして山形県教化部へ転勤を重ね、もう14年も経っていました。昔から存じあげている人 もいますが、役員や信徒の中には新しい方々も沢山おりました。運動方法も変化しており、又教化部周辺の町並みもだいぶ変わっていて、まさに浦島太郎の気分で過ごしていました。

そうした中におきまして、9月まで相愛会・講師会の副会長として光明化運動の一端を担って活動をさせて頂きましたが、今後は益々講師の皆さま信徒の皆さまのアドバイスや ご協力を得ながら、講師会が組織の血液としてさらなる前進が出来ますよう、努力を重ねて参りたいと思いますので宜 しくお願い申し上げます。

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会   パーマリンク

 

光のおとずれ 真理の灯台 講師会 平成28年9月

投稿日:2016年8月30日 カテゴリー:光のおとずれ 真理の灯台 講師会

地方講師会会長 白田悦子

残暑お見舞い申し上げます。
猛暑が続く毎日ですが、講師・光明実践委員の皆様には日夜、人類光明化運動・国際平和信仰運動・自然と共に伸 びる運動にご挺身頂いて居りますこと心より感謝申し上げます。

3年間支えて頂きました副会長さん・推進部員の皆様、 又昨年の4月から祈願の担当をして下さいました講師の皆様はじめ教区のすべての皆々様に改めて心より感謝御礼申し上げます。

8月17日より「第61回宝蔵神社盂蘭盆供養大祭」 に参加させて頂きますので御先祖様と一緒に宮城教区益々の発展を祈念して参ります。

最後になりましたが、嬉しいニュースをお知らせ致します。 青年会より光明実践委員に相澤俊弘さん、準教務は小川淑 枝さん、佐々木トクエさんがみごと合格されました。益々のご活躍に期待を込めまして、心よりお祝いを申し上げます。 誠におめでとうございます。今回残念だった方、体調を崩されたり、家庭の事情で受験出来なかった方、お願いです。 「再挑戦」して下さいませね!御指導下さいました髙坂幸雄教化部長先生誠に有難うございました。

再拝

 

新任講師紹介

 

新任講師 相澤俊弘

合掌 ありがとうございます。
この度、3月に光明実践委員の試験を受験しました。

髙坂幸雄教化部長先生のご指導をはじめ、講師会、 各組織の皆様、青年会の皆様に応援して頂き無事に合格することができました!

昨年の7月に受験の話があり、「まだ早い・・・」と 思っておりましたが、早い方がいいと言われ「よし、 やるぞ!」と思い受験を決意させて頂きました。

勉強が始まると、分からないことが一杯でした。又、 書く事が苦手なので記述式の問題が一番心配でした。 家で中々勉強することが出来ず、そろそろやばいと 思い、2月から猛勉強を始めました。3月になっても、 記述問題の方は中々覚えられずにいました。

試験一週間前、教化部で本番のつもりで書く練習を始めました。最初はあまり書けませんでしたが、 だんだん書けるようになりました。このお陰で当日は緊張せずに書く事ができました。

今回受験して、「やれば出来る!」ことを実感しま した。様々な人に生長の家の教えを伝えられるよう に、これからも明るく楽しく真理の勉強をしていきたいと思います。皆様、これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

再拝

 

準教務昇格 小川淑枝

合掌 ありがとうございます。
昨年、白田講師会長より準教務昇格試験のお話しをいただき、「お勉強 してみたいな。」と思い、「ハイ!」と返事をいたしま した。

10月から勉強が始まり、出席するだけで精一杯の私でしたが、髙坂教化部長先生のご指導のもと、学ぶことの楽しさと真理の奥深さに毎回感動しながらの お勉強でした。

また、講師会の皆様はじめ教化部職員の皆様、白鳩会の皆様がいつも温かく見守り、激励してくださっていることに大変感激いたしました。

その頃個人的に現象的な問題が発生していましたが、この勉強会に出席させていただくことが、どれほど私の心の支えになっていたことでしょう。年が明けて、 本当に自分で勉強しなければと、これまでにないほど真剣に聖典を拝読いたしました。講師としてこんなことも知らなか ったのかと、勉強不足の自分を反省いたしました。真理のお勉強は感動の連続でした。

私が抱えていた問題もこの受験勉強会があったからこそ、 自然に乗り越えることが出来ました。

試験にはただただ感謝の気持ちで臨みました。今回合格 させていただきましたこと、髙坂先生のご指導に心より感 謝いたします。講師会の皆様や激励して下さった皆様ありが とうございました。

この勉強を生かし更に真理を深め、明るく楽しく自分の置かれた場で実践していきたいと思います。

再拝

 

準教務昇格 佐々木トクエ

合掌 ありがとうございます。
この度、準教務昇格試験に合格させて頂 きました。神さま、関わって下さいました全ての方々、皆さ まに心から感謝申し上げます。ありがとうございます。試 験を受けさせて頂き思いますのは、今迄ところどころ読んでいました聖典を真剣に隅々まで読ませて頂き、わからなかっ たことが前よりは少しは理解できたことが有難かったです。 これから神さまの御心に叶いました生活を実践して参りたいと思います。どうぞ今後とも宜しくお願い申し上げます。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会   パーマリンク