カテゴリー: 光のおとずれ

私の日時計日記 令和3年9月

投稿日:2021年8月31日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

コロナ禍でも、ますます元気になりました!
仙台市・山岸淑子さん

合掌 ありがとうございます。
今年の2 月、齋藤さんにFacebook、オーガニック菜園 部の入部の設定をして頂き、QR コードの使い方も教えて いただきました。毎日楽しみにFacebook を開いているうちに、殺風景だった我が家の玄関先に花の鉢が置かれ、栗田さんのヘチマの投稿を見て、ゴーヤのグリーンカーテン を造り、ジャガイモやネギの投稿を見て、イモとネギを植 えてもらいました。これらの作業は主人がしてくれるのですが、私は朝夕の水やり等少しづつ庭に出られる様になりました。

Facebook では純子先生の料理や九折スタジオ、練成道場の早朝行事等も配信されています。私は朝早く起きた時に宇治別格本山の早朝行事に参加しています。

コロナ禍には、かえって、ゆっくり、朝は神棚にお参りして、仏前で聖経をあげ、神想観、実相円満誦行をした後、 20 分くらい時間をかけて体操をします。

皆様に助けていただきながら誌友会等に参加していた私 ですが、最近は「すごく元気になったね」と言われるようになりました。ありがとうございます。

『日時計日記』には毎日、「全て良くなる」と書いてい ます。

再拝

ヘチマのグリーンカーテン (教化部)

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

私の日時計日記 令和3年8月

投稿日:2021年7月30日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

胃を手術、そして今は元気です!
仙台市・鈴木芳春さん

合掌 ありがとうございます。
私は昨年9 月に「宮城県対がん協会がん検診センター」 で胃検診(バリウムによる検査)を受け、さらに胃カメラ による精密検査を受け早期の胃がんと診断されました。そ して12 月に「東北大学病院」で胃の手術(胃の半分以上 を切除)を受けました。

「病は迷いの心によってあらわれる」「神の子の円満完全な すがたを自覚することが大切・・・」などの生長の家の教えが思い浮かび、この体験は「私の信仰心をより深めるた めにあらわれたものだ」と気づかされました。これまで以上に真剣に「三正行」に取り組もうという思いが強くなり ました。 手術の前に「深呼吸をしてください」と言われたとき、 神想観のことば「神の無限の生かす力・・・流れ入る流 れ入る流れ入る・・・神のいのちここにありて生くるな り」と心で念じながら深呼吸をすると、「神さまに全托」 という思いがしてきて、そのうちに麻酔がきいて眠りに入 り・・・、そして目を開けたときには「手術は成功!」と のことでした。入院期間は約2 週間の予定でしたが、思 いのほか食欲が戻り、11 日間で退院しました。

手術から半年以上経過しましたが、食欲もあり毎日元気 に過ごしております。「日時計日記」には「今日もすばら しい幸せな日でありますことを感謝いたします。ありがと うございます。」などと、感謝のことばを書いております。 明るい心、感謝の心で生活していきたいですね。

相愛会の皆様、講師会の皆様をはじめ多くの皆様にお祈りいただきましたことを、心から感謝いたします。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

私の日時計日記 令和3年7月

投稿日:2021年6月28日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

フェイスブックで祈りにつながり心の病も快方に!
仙台市・松田文江さん

合掌 ありがとうございます。
昨年の暮れより、心の病が突然おこり、どんどん落ち込んでしまう日が続き、現在も継続中なのですが、生長の家を学んできた自分の現象があまりにもみじめでひどすぎて ・・・毎日どうしてよいやら、なさけなくて泣いてばかりいました。

清超先生はかつて実相と現象は分けて考えなさいとお教 えくださいましたが、学んだことは何の役にもたたずこわれてゆくんだ!と、沈んでゆくばかりでした。

そんな私を見かね、娘がスマホとフェイスブックをやるようにと勧めてくれました。スマホで写真を撮ってライン で送るとほめてくれたり、フェイスブックで河口湖練成道場がやっている早朝神想観や夜の祈りにつながれるように教えてくれ、少しづつやってみました。なれないし、解らないことばっかりなのに、「大丈夫!大丈夫!失敗するご とに上達するよ」って励ましてくれ、この頃はフェイス ブックを通じて知り合いになれた方が何名かできました。 気づいたら心が静まっている時間が少しづつ長くなってき たようです。特に早朝神想観は神に生かされていることへ の感謝の念に包まれる安楽の時間です。夜の祈りは道場の 髙講師の司会で、聖歌あり、神想観あり、祈り合いもあり、 全国から参加している12 名程の方々との雑談風な語り合 いの中に、たくさんの教えが入っていて、体験談に涙がこぼれたり、真理のことばをメモしたりと、毎夜練成会を受けている心境です。おかげさまでこの頃は外へ出て(下をむいたままですが)、人と会うのもそんなにこわくなくなって歩けるようになりました。おどおどと言葉もろくに 話せないこともなくなってきました。

教化部のお昼の神想観にも時々入らせていただけるよう にもなりました。生長の家を学んでいたのにどうして?と 自分をいっぱい責め続けてしまっていましたが、吾神の子、 吾は神の子ゆえ何があっても大丈夫!と云えるまでになり ました。「何ごとも『ありがとうございます』だけですべ て良しなのよ」と!教えてくださった先生がおりました。 今また、生長の家に助けていただき、感謝をこめて実相円 満完全を祈り続けます。世界平和のためにも。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

私の日時計日記 令和3年6月

投稿日:2021年5月29日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

日常は変わっても 新しいカタチが与えられた
仙台市・T・H さん

合掌 ありがとうございます。
コロナ禍の影響で、教化部へ行けなくなって1 年半になります。毎月参加していた「写経の集い」、「聖経十巻 読誦」、「先祖供養祭」。「誌友会」も開けなくなりました。 〝ステイホーム〟最初は安易に考えていたのですが、外出 を控えた生活を続けていくうちに徐々に気持ちが落ち込 み、満たされない気持ちになっているのに気がつきました。

そんな時、昨年の夏、阿部薫さんからZoom への繋が りを勧められました。白鳥さんのご指導をいただき、パソ コンからZoom に繋がりました。それは山形教区主催の「 神想観の集い」でした。ご指導くださるのは松田教化部長先生。初日、先生の唱える招神歌・神想観のお言葉を聞く内に心が和らぎ、気持ちが落ち着きました。続くミニ講話 のテキストは、何度か目を通してきたものですが、先生のご講話を通して今迄素通りしていた大切なことにも気付か せていただき、また更に深い意味も教えていただき、勇気 づけられております。何よりも先生の体験も交えての熱のこもった講話は、Zoom を通して伝わってきて、今では毎日の生活の一部になっています。

また、ネットフォーラムの「白鳩会の行事」、「先祖供 養祭」、「浄心行」、講演会等諸行事に参加させていただ いています。ネットを通じて皆様とお会いできるのもうれしいことです。

また、Facebook を使って「急設スタジオ」、「九折ス タジオ」、「生長の家の講話」等随時利用させていただいております。 日常の活動のかたちが違ってしまい淋しい気もします が、新しい活動のカタチが与えられたのだと思っています。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

私の日時計日記 令和3年5月

投稿日:2021年4月27日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

宮城教区栄える会に入会しました!!
岩沼市・長田 弘さん

合掌ありがとうございます。
令和3年の年も、新型コロナウイルス感染症の影響によ り、生長の家宮城教区の各種行事や相愛会、栄える会など の活動などが中止になったりしております。またネットを 活用した行事が開催されるようにもなりました。3月18日から、宮城県と仙台市が独自の「緊急事態宣言」が出さ れ、4月5日からは政府の「まん延防止等重点措置」が発出されました。宮城教区栄える会では、当初、4月12日 (月) に県北地域にて、例会開催を予定し、5月のGW 期間にその例会の開催会場の裏側にある森林にて、山菜採りやタケノコ掘りの計画まで考えておりました。私自身は、 栄える会の事務を担当させていただいておりますが、正式 な会員ではなかったので、会員として行事に参加出来るよ うにしたいと思い、この際、会員の入会申し込みをさせて いただきました。

栄える会では、森林保全活動や社会貢献活動に力を入れ られておりますので、地元に根付いた活動に参加させていたたきたく、積極的に行動して参ります。また、栄える会 でのネットが活用していけるように微力ながら推進して参りますので、よろしくお願いいたします。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

私の日時計日記 令和3年4月

投稿日:2021年3月29日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

102歳の生涯を全うした母に感謝を捧げて(後編)
仙台市・髙橋佳子さん

若い頃は本当に大変な苦労をしてきた母でした。空襲により、家も、幼い2人の子供も失い、シベリアに抑留され ていた父が帰って来たのは終戦後2年が過ぎてからでした。その後、私達兄弟3人が生まれましたが、私が8才の時、 父は突然の脳溢血で倒れ、そまま職場で帰らぬ人となりました。そんな時、近所の人に生長の家をすすめられました。 その生長の家があったからこそ、どんな時も、どんな問題も、乗り越えられない問題はないと母は女手1つで私達 3人を育ててくれました。

母は最後まで聖使命会員として毎月の感謝奉納祭に誌友会にと欠かさず参加しておりました。講習会にも地元はもちろん宮城の会場にも度々参加させていただき、宮城練成会でも皆様には大変お世話になりました。ありがとうございました。母から伝えられた生長の家により、今私達も幸せに過ごさせていただいています。

この生長の家が子から孫へ、そして曾孫へとしっかりと伝えられていくことを願っております。そして、これからの次世代を生きる子や、孫達が明るい心豊かな未来となるよう、神・自然・人間の大調和をめざして頑張っていきたいと思います。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

私の日時計日記 令和3年3月

投稿日:2021年2月27日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

102歳の生涯を全うした母に感謝を捧げて(前編)
仙台市・髙橋佳子さん

合掌 ありがとうございます。
昨年の3 月末、主人の27 回忌の法事があり、母は熊谷から私の弟と一緒に仙台の私の家に来ておりました。お墓 参りも済ませ、自宅で私の作ったおはぎも、又みんながお皿に取り分けてくれた料理も母はペロリとたいらげ、そんな母の様子を見ながら、まだまだ母は大丈夫と思ったものでした。翌日もせっかく母が遠くから来てくれた事もあり、 母をつれてみんなで日帰り温泉に行きました。そこは源泉掛け流しのお湯が流れ出ていて、一緒に入った私は母の背中を流しながらほんのちょっと親孝行ができたような思い にもなりました。

翌々日、岩沼の娘の家にも出かけて行きました。娘の家は周りが山で、その山の斜面に咲いている桜を見ながら、 〝別荘に来たようだね〟と喜んでおりました。母が一番気 にかけていたその孫娘が結婚して8 年目にしてようやく女の子が授かりました。もちろん部長先生はじめ、皆さんに祈っていただき、写経にも、日時計日記にも書き続けておりました。ずぅ-と待ち望んでいたその19 番目の曾孫 の誕生を母は誰よりも喜んでおりました。こうして2 日 後には熊谷に帰って行きました。翌日も元気にいつものよ うにデイサービスに出かけて行ったそうです。夕方帰って来た母をその日は近くに住む姉が迎えて玄関を入り、自分で歩き出した母は、そこでそのまま102 才の生涯を閉じることとなったのです。家族6 人もその日に限って全員 揃っていて、母を見送ったのでした。どこで倒れても大変 なことになっていたはず。亡くなる前日まで仙台の私の所に来て、元気な姿を見せてくれた母、そしてまわりの皆さ んすべてにお別れをして、静かに、しかもみごとなまでに パッと霊界に旅立っていった母。生長の家にふれて62 年、 ひたすらこの教えを生きてきた母の最後のスガタに、私は 母の深い愛を感じました。

( 次号へ続く)

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

私の日時計日記 令和3年2月

投稿日:2021年1月28日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

相愛会のネット行事に参加して
塩釜市・加賀靖彦さん

合掌、ありがとうございます。
昨年7月5日に開催予定の相愛会教区大会が「新型コロ ナウイルス感染症」防止の観点から止むなく中止となり、 代替行事として、10 月25 日に「みんなが幸せになれる 見真会」がZoom による「生長の家ネットフォーラム」 として、オンラインにて開催されました。

当日は、体験発表の場をいただき、生長の家との出会い から現在、そして未来に至るビジョンを語らせていただきました。そして、当日のテーマである「幸せとは?」につ いて自己の思いを述べさせていただきました。 それは、「幸せに至る近道は、”感謝”と”挨拶”である。」 ということでした。

聖経『甘露の法雨』の”七つの灯台の点灯者の神示”に は、”○○○に感謝せよ”との文言が再三再四出てきます。 この文言に感銘を受けたところから、私の信徒としての第 一歩がスタートしました。”挨拶”は、誰でも、努力不要の、 今すぐできるの、三拍子揃った大変便利なツールです。

見真会のメインである大隈賢治本部講師のご講話は、

1: 両親が”二組”いる女子中学生の話、

2:酒癖の悪い義父 の話、

の2つのケースでした。それぞれ登校拒否や家庭不 和の元凶でしたが、当事者(=相談者)が感謝し、悔い改 める気持ちを抱くことによって、問題は無事解決されたそ うです。ここに改めて、感謝することの大切さ、有り難さ を再認識することが出来ました。ありがとうございます。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

私の日時計日記 令和3年1月

投稿日:2020年12月27日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

『生命の實相』は私の宝物
仙台市・鈴木秀子さん

合掌 ありがとうございます。
私が『生命の實相』と出会ったのは、独身の頃、勤めて いた会社の本棚の中に『生命の實相』がありました。何故か引きつけられ読んで見ると、とても感動し、全巻を揃えたいと思いました。そしてこの本は、私の宝物となりました。その後、舅姑のいる長男に嫁ぎ、世間知らずの私は毎日が勉強でした。

嫁いで10 年が過ぎた頃、福田みどりさんとの出会いが あり、聖使命会に入会しました。

先祖供養祭の大切さも学び、毎月の母親教室や誌友会も楽しみに参加しました。13 年前、息子が宮城県教化部で勤めさせて頂き、皆様には大変お世話になりました。

その後、息子は宇治別格本山へ奉職することとなりました。いっしょに働いていた方と御縁があり、夫が亡くなる前に仙台で結婚式を挙げることができました。そして、夫 と息子の関係が大調和になりました。ありがとうございま す。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

私の日時計日記 令和2年12月

投稿日:2020年11月29日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

コロナ禍でも二人の息子に嬉しい出来事が !!
石巻市・H・A さん

合掌 ありがとうございます。
我が家の長男は東日本大震災で20数年経営してい た飲食店を閉めました。そして、心癒やすかの様に2 年半、遠方で全く違う職業に就いていました。再度、 包丁を持つ信念で。今年の7 月、コロナ禍の中、長男が師匠と尊敬する方からお声がかかり、石巻の素晴らしいお店で調理を任せられることとなりました。

7 月、8 月は酷暑でコロナの状況もあり、長男と次男の勤務時間も異なり、若くない私の炊事係は少しこたえました。お盆、お彼岸も過ぎた頃、長男からお付き合いしている方が出来たこと、将来のこと等を告げられました。私と主人はまだ相手の方にはお会いして いませんが、その時以前と違う長男の穏やかな表情を 「そうゆう事か」と頷けました。素晴らしい方と出会 えたと、私の想像の中で安堵しております。

思えば慣れない仕事に励んでいる長男の姿を想わぬ 日は無く、唯々神に、囲りのお支えくださる方々に感謝のコトバで日記は〆られていました。次男もこの度、 会社で人員整理がありましたが、早々に残ることが決 まり、更なる仕事への責任と意欲が見られるようにな りました。幸せを願い、感謝し記した『日時計日記』は、 どれ程の流れを綴ったでしょう。朝露に濡れた一輪の 花に愛しさと感動する時の想いを忘れず、その想いが 表現出来る様、善き「コトバ」を記し、実践出来たらと願っています。ありがとうございました。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

私の日時計日記 令和2年11月

投稿日:2020年10月29日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

祈りは叶えられる念願の教化部に奉職 !!
名取市・相澤俊弘さん

合掌 ありがとうございます。
私は東日本大震災後の神社清掃がきっかけで青年会 に入会することになりました。最初は「青少年練成会 」だけの参加でした。

平成25年10 月、当時通っていた専門学校を退学 することになり、このままではいけないと思い、教化部で『光のおとずれ』の印刷の手伝いをさせていただけることになりました。

その後、平成28 年7 月に「光明実践委員」を拝命、 同年10月には「青年会事務局長」を拝命しました。 その頃から「宮城県教化部に奉職したい」との思いが 次第に強くなってきました。「不登校だった私が教化部に奉職していいのだろうか、果たして教化部に奉職して役に立つことができるのだろうか」と考え、この ことは言葉に出してはいけないと考えていました。

しかし、「宮城県教化部に奉職したい」との思いは 変わらず、『大調和の神示』の写経の祈願欄には、「 宮城県教化部に奉職」と2 年間書きました。また、『日時計日記』にも「教化部奉職実現」と、毎日書き続け ました。

令和2 年3 月に教化部奉職のお話をいただき、4 月10 日付で生長の家宮城県教化部に奉職することが できました。私は「祈りは叶えられる」と実感しまし た。

教化部では経理(一般会計) を担当することになり、日々勉強の毎日です。 教化部で素晴らしい神様のお仕事ができることに感 謝し、教化部職員として「初心」を忘れずに務めてまいります。宮城教区の信徒・誌友の皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

私の日時計日記 令和2年10月

投稿日:2020年9月30日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

久しぶりの自転車遠乗りは最高!!
岩沼市・長田 弘さん

合掌 ありがとうございます。
令和2年の年は、新型コロナウイルス感染症の影響 により、生長の家宮城教区の各種行事や相愛会の組織 活動などが中止になったりしておりました。日本政府 が4月に緊急事態宣言を出され、5月25 日の緊急事 態宣言解除までは、なかなか行事が出来る状況ではあ りませんでした。その後時間が経ち、徐々に活動出来 るようになるだろうと感じておりましたところ、SNI クラフト倶楽部のミニイベントとして、「七重塔」と「造 化の三神を納めるお社」の台座を制作することとなり ました。イベント参加のため私は、SNI クラフト倶楽 部に入部を申し込みました。

SNI クラフト倶楽部のミニイベントを開催する場所 は宮城県遠田郡美里町の日野清人さん(宮城教区栄える会会頭・大工店経営)の作業場で、6 月12 日( 金) 午前10 時からと決まり、日野清人会頭にもSNI ク ラフト倶楽部に入部していただきました。また私は SNI 自転車部に入っておりましたので、岩沼市から美里町まで( 片道60Km あるそうです) 自転車で行くことにしました。自転車移動は私一人だけで、自転車部のミニイベントとはいきませんでしたが、移動ではポイントで写真を撮り、フェイスブックに投稿いたし ました。特に松島の風景は素晴らしかったです( 写真参照)。SNI クラフト倶楽部のミニイベント会場では 日野清人ご夫妻と松田教化部長ご夫妻と合流し、台座 作りに励みました。 自転車で出掛け、手 作りの作業を行う大 変素晴らしい体験を させていただきまし たこと、感謝申し上 げます。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

私の日時計日記 令和2年9月

投稿日:2020年8月29日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

「コロナのお陰で母娘・孫2人と大自然の中で」
丸森町・伊藤照子さん

合掌 ありがとうございます。
幼稚園がコロナでお休みになったからと、大阪か ら娘が2 人の子供と70 日近くの里帰り。私達母娘、 孫は素晴らしい体験をさせて頂く事が出来ました。

娘は小学校の頃、私と奉納祭に参加、一緒に聖経読 誦をしたり、高専在学中、飛田給一般練成会に1 人 で10 日間参加したりしましたが、結婚したら聖経も 聖典も私にお返ししますと言って・・・結婚して直ぐに 埼玉から大阪に転勤、2 人の子供を出産、全く何もし てあげる事が出来なかった私です。今回、子供達を生 長の家の教育法、ほめる教育で導いている娘の姿を見 て、私も沢山の学びを頂く事が出来ました。

娘は3 人目の神の子さんと共に、私の家の土方仕事を毎日して、猪が崩した家周りの水路を全て修復してくれました。「お母さんに子供を見てもらったり、 家事一切してもらいこのくらいさせてください。」と 娘の嬉しい有難い言葉に涙した私です。「今回こんな に長く里帰りさせて頂く事が出来て、色々な学びがあった」と言う娘。「当たり前だと思っていた事が当たり前じゃ無かった事に気づかせて頂けた」と言う娘。明るく楽しく毎日過ごせたお陰で、最高の胎教になった事に母娘で感謝しました。「子供達にも大自然 の中で色々な体験をさせてあげる事が出来て本当に有難かった」とも感謝していました。

毎晩、母娘、孫で感謝の言葉を伝え合う事が出来て、 みんなで幸せな気持ちで朝を迎える事が出来ました。 ハウスの中にもみんなで色々な野菜を植え、今、毎日 その野菜を感謝して収穫し、頂いている私です。娘にも時々野菜の写メールをして喜び合っています。この様な時間を頂けた事、全てに感謝です。ありがとうご ざいます。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

私の日時計日記 令和2年8月

投稿日:2020年7月28日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

「願いは叶う」
亘理町・松本美紀子さん

合掌 ありがとうございます。
「相手の立場になって考える賢い奥様に」。それは 43 年前、私が結婚する時に勤めていた会社の女性先輩が、寄せ書きに書いてくれた言葉でした。それが、 その後の結婚生活に役立ち、考え方の一部になり、大 変役に立ちました。後で振り返るとその当時の自分は、 自信がなく心に余裕がありませんでした。平成16 年 に、父( 故人) を通して生長の家にふれ、子供の問題 が御教えで解決しました。

震災後、めったに会うことがない先輩に会い、お礼 を言い、43年前の寄せ書きの言葉が誰の言葉か聞き ましたが、忘れたとの事でした。その後、テレビで渋 沢栄一( 明治時代に日本で初めて株式会社、銀行、社 会福祉事業を興した人) に関する番組を見、子供の小 学生時代に持っていた漫画本『人物日本の歴史』の渋 沢栄一を読み、この言葉が孔子の論語の仁( 相手の身 になって物事を考える姿勢) であり、これだ!と思い ました。その言葉が誰のものだったのか、40 年後に わかったのです。講師の方から生長の家の教えでもあ ると聞きました。この言葉は相手を理解し、争いごと を少なくする力があると思います。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

私の日時計日記 令和2年7月

投稿日:2020年6月29日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

『日時計日記』と「祝福の祈り」で喜びの日々を実感!
大河原町・S・Y さん

合掌 ありがとうございます。
1月末に飛田給で行われた「青年会幹部研修会」に 3人の仲間とともに参加し、私は野菜と、食べること も好きなことから決意し、SNI オーガニック菜園部に 入部しました。さらに、『日時計日記』を続けること、 祝福の祈りの実践をともに決意しました。

菜園部としては4月に、「スカンポ」、「フキノトウ の茎」の春野草を摘み、各々お料理した旨を投稿しま した。どちらも、春の味がして美味しかったです。自 らの思いを発信する事により、自然の恵みや、ご先祖様のありがたさに改めて気づけました。組織を超え、 全国の方からの反応も嬉しかったです。また、野草を 摘むようになった今年は、ありがたい事にタラの芽や タケノコを友人や職場から戴けて、旬の食材を味わう 喜びを存分に感じることができました。

日記と祈りは、疲れて出来ずにいる日もありました が、後日に「ありがとうございます」と書き、各日の 日訓を読むことは必ず行うことで元気が湧いてきまし た。祝福の祈りは、全国大会向けに配布された祈りのしおりからです。自分の事だけではなく、ご縁のある 方々の幸福を祈れる人になってきた喜びが持てまし た。

引き続き、信徒として学び、実践し、喜びに満ちた 生活を送っていきたいです。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

私の日時計日記 令和2年6月

投稿日:2020年5月28日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

職場の同僚に感謝したとき新たな採用が決まった!
仙台市・熊谷浩安さん

合掌、ありがとうございます。
今年1月の事ですが、2月に60 才の誕生日を迎え るにあたり、派遣会社からメインで働いているパン工 場を停年で打ち切ると言われ焦っていました。当然それに替わる職場を見つけなければなりません。新しい 職場にするか、同じ職場で再度勤めるか、悩んでいま したが、いろいろと支障が出て前に進めませんでした。

一方、派遣会社から紹介されている食品工場は、固 定メンバーとして働いていました。食品工場の同じ職場にお節介な人がいて、私がパン工場の件で悩んでい ることに口を挿んできます。段々とうんざりして、険悪な雰囲気になってきました。

生長の家では、感謝が大切だと教えられているので、 渋々、家で彼の実相円満誦行をしていました。ある日、 彼と仕事をしている時、次のように言われました。 「熊谷さん、派遣会社からの紹介打ち切りであれば、 再度パン工場の人事課の新人ではなく、しかるべき幹部の人に確認してみたらどう! 今時、60 才で働け ないなんておかしいよ!」と。

今度は素直に彼の言われた通り、人事課の中堅社員に確認したところ、59 才のうちに面接を受けて、直接アルバイトになれば、あと5年は働けるとの事でした。早速、面接を受けてアルバイト採用をして頂いたのは、言うまでもありません。

一見、快く思っていない人でも、皆神の子だと思っ て、良い所を見て感謝すれば、素晴らしい味方になっ てくれることを実感した次第です。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

私の日時計日記 令和2年5月

投稿日:2020年4月27日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

『日時計日記』のススメ
登米市・M・S さん

合掌 ありがとうございます。
子供の頃から作文や読書感想文などを書くことが苦 手な私は、『日時計日記』も書かずに毎年リサイクル に出していました。ところが一昨年の暮れ、折角お金を出して買ったのだから使わないと勿体ないと思い、 昨年の1 月1 日から書き始めました。

最初は何も浮かばず全くペンが進みませんでした。 とにかく一行でもいいからページを埋めようと思い、 〝一切万事好都合なり〟とか〝嬉しい楽しい有難い〟 など書き始めました。習慣になっていないので書き忘 れる日もあり、前日、前々日まで戻り、とにかくペー ジを埋めていきました。そして次第に、〝私の職場は 世界一、私の家族は世界一、○○さんありがとう〟な ど、自分の周囲の人や物事に対して、祝福・讃嘆の言葉を書いていきました。すると半年後に、それまで5 年もの間かかえていた「ある問題」が解決してしまう、 という幸運が訪れたのです。

その「ある問題」の為に私は、眠れなかったり、胃が痛くなったりしていたので、解決した時の安堵感、 開放感は筆舌に尽くし難いものでした。そして気が付 いたのです。『日時計日記』を書くことによって、私 の心が徐々に明るいプラス思考に変わり、その結果、 問題解決に繋がる幸運を引き寄せた、という事に。

『日時計日記』には〝和解の神想観〟や〝浄心行〟 のような力があるのではないでしょうか!

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

私の日時計日記 令和2年4月

投稿日:2020年3月29日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

震災から 9年を迎えて
美里町・遠藤千代子さん

合掌 ありがとうございます。
私は震災にあったあの日を思い出すと、今でも涙が湧き上がって来ます。住居は旧牡鹿にあり、私は女川の水産会社に働きに行っていた時震災に遭い、家族と家を失いました。主人が仕事の帰宅途中、津波に呑み込まれて亡くなりました。自分でもどうしたら良いのか路頭に迷いましたが、長男が一緒だったのでとにかく住む所と思い、古川に次男が結婚していたことから、取り敢えずお世話になることにしました。

しかし、いつまでも世話になっている訳にもいかず、仕事も見つけなくてはと案じていると、勝又ふみさんから電話で同級生の安否確認をしているとのことでした。住所を教えましたら、髙橋二美さんの近所でしたので、二美さんの誌友会仲間のお茶の先生の家政婦の仕事が決まりました。そこで生長の家の誌友会が開かれていて、一緒に聞くようになり、勝又さんの勧めもあり、入信することができました。その後、住居も仕事も何度か変わりましたが、現在は長男と美里町に新居を構えることができました。また、誌友会会場も我が家でさせて頂きました。主人を供養し、日時計のように、明るく・楽しく・前向きに進めるようになりました。

これからも神の子・完全円満を唱え、亡き夫に感謝、息子達に感謝、今ある自分に感謝し、明るく・楽しく・元気よく光明面を見て、日時計主義の生活をしていきたいと思います。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

私の日時計日記 令和2年3月

投稿日:2020年3月4日 カテゴリー:光のおとずれ 未分類 私の日時計日記

「青年会幹部研修会」に参加して
K・Iさん

合掌 ありがとうございます。
今回初めて「青年会幹部研修会」に、参加させて頂 きました。はじめに班に分かれて、なぜ生長の家を信 仰しているのかを話しました。その中でパニック障害 になり、教えによって救われ、日々健康で仕事ができ ることに喜びと感謝をされている方がいたのが印象的 でした。

また、PBS 活動についてでは、自転車の良さを職 場の人たちに伝えて、後輩3 人が自転車通勤になっ たお話や結婚式の時に頂いたかわいいご祝儀袋の水引 を利用して作ったイヤリングをつけていた委員長さん がいました。同じ教区の方もそのイヤリングをしてい て、それがとても素敵で班の皆さんと感動しました。 毎年、自然の恵みフェスタで大人気だそうです。

私自身、クラフトに興味があり、イヤリングを作っ てみたい、編み物をやってみたいと思っていたので、 挑戦してみようという気持ちになりました。下手でも いいから作ってみる、やったことのないことをやって できた時の嬉しさを味わってほしいと発表者の方や本 部講師のお言葉がありました。

金内会長が「青年会ヴィジョン」の時におっしゃっ ていた、微力だけど無力ではないこと、”変化を起こ す最初のきっかけを作ることはできる”を胸に、生活 の中で実践していけるように日々努力していきます。 直接本部講師のご講話や全国の教区の皆さんとお話が できたことは大変貴重な時間でした。参加させて頂け たことに感謝です。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 未分類, 私の日時計日記   パーマリンク

 

私の日時計日記 令和2年2月

投稿日:2020年1月30日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

娘がアメリカで無事出産!
改めて日本の素晴らしさを感じた。
仙台市・佐藤佳樹さん

合掌 ありがとうございます。
昨年10 月、妻と二人で末娘の出産立ち合いのため アメリカのシンシナティーに行ってきました。アメリ カと日本とでは出産に関する考え方が大違い。出産の 次の日には退院するのが一般的だそうです。娘は無事 男子を出産し、名前はレオン雅樹 ラフォンです。事 前に男の子で、日本名はマサキにしたいと話があり、 迷わず雅春先生の「雅」を付けるようにアドバイスし ました。アメリカ、フランス、日本のパスポートを持 つこの子が、どのように育つのか楽しみです。

驚いたことが沢山ありました。なんでも大きいので す。道路も広く、車も大きい。人も大きく、太ってい ます。これは食べ物のせいでしょう。スーパーでは、 お菓子類がコメの5 キロ詰めのような袋に入ってい ます。肉なども塊で売っており、本当に安いのです。 レストランでは日本人の食欲からは考えられないよう なボリュームです。暖房も全館一日中一定の温度に保 たれています。私は、改めて日本人が今まで守ってき たつつましい生き方が本当に素晴らしいなと思いまし た。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク