カテゴリー: 光のおとずれ

喜びの聖使命会員 平成28年9月

投稿日:2016年8月30日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

父から与えられた最高のもの
利府町 多出村とみ子さん

喜びの聖使命会員 平成28年9月合掌 ありがとうございます。
私は父の導きで聖使命会員にしていただき40年にもなります。

2人の娘も妊娠と同時に神の子さんと会員にさせていただき、特に苦労もなく育ち、2人とも看護師を目指して学んでいます。

御教えの通りに無痛分娩で産まれた長女は、来春国立大学の看護学部を卒業する予定で、希望の大学病院の就職にも内定をいただく事ができました。部活でも部長をつとめ、アルバイトをしながら勉強にも励み、授業料も免除になったので、奨学金だけで、親の負担もほとんどなく助かりました。次女は自宅から通える学校に合格できたので、私の手伝いもしながら、やはり奨学金で学んでくれています。

私を生長の家に導いてくれた父は、今年の2月に次女の合格が決まるとすぐ、急な病で亡くなりましたが、苦しむことなく、私達家族にたくさんの素晴らしいものを残してくれました。

やはり一番は生長の家の教えです。誰にでも優しく、 親切だった素晴らしい父に残してもらったこの教えの道を真っ直ぐに歩んで行きたいと思っています。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

喜びの聖使命会員 平成28年8月

投稿日:2016年7月27日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

聖使命会に入会したら様々な問題が解決!
仙台市 佐藤まき子さん

喜びの聖使命会員 平成28年8月合掌 ありがとうございます。
私は生長の家の御教えに触れて約30年経ちました。 夫の実家は神棚も仏壇も無い家だったので問題がいっぱいありました。夫婦不調和の事、子供達が病気する事等。聖使命会員になり、御教えを行じていくと1 つ1 つ解決していきました。

平成26年の九州総本山団参に誘われたので夫に「私、長崎の団参に行きたいけど一緒に行きませんか。故郷のようにすごくいい所なんだって」と誘いますと「うん、行く」と良い返事が返ってきて一緒に行って来ました。 宗教嫌いな夫でしたが練成会ではどの行事も真剣に受 けて最終日にはニコニコして帰って来ました。次の日の朝から神想観、祈り、日時計日記、先祖供養、笑いの練習と一緒に楽しい時間となって、今も続いています。

平成27年の講習会には徳積として受講券33枚奉納すぐに何十倍にもなって戻ってきました。子供達も独立し、孫達も元気に育っていて夫も元気で働いて下さる事、 私も元気でいられる事、本当に生長の家の御教えがあったからと感謝しています。夫と生長の家の信仰が出来ることが嬉しいです。

これからも人類光明化運動・国際平和信仰運動・自然と共に伸びる運動に邁進していきます。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

喜びの聖使命会員 平成28年7月

投稿日:2016年6月30日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

孫達に囲まれて日々幸せ
栗原市 熊谷澄子さん

喜びの聖使命会員 平成28年7月私が生長の家にふれたのは、22年前友達から白鳩誌を戴いたのがきっかけです。いろいろ悩んでいた私は、 夢中になって読みました。

同居していた義母との不調和、 娘の入院、中学生の息子は登校拒否、私は乳癌の手術をした後、体調が思わしくなく、家の中はめちゃくちゃで死にたいと悩む毎日でした。

 

白鳩誌に書かれている感謝の教え、私が探し求めていたのはこれだったと、生長の家のみ教えに、心から感 動しました。いても立ってもいられず、宮城県教化部の練成会へ参加しました。

講師の先生から「大根蒔けば大根、人参蒔けば人参が出るのよ。環境は自分の心の陰、自分で蒔いた種がはえるのよ」まるで自分の事を言われているようでした。

ああ、そうなんだ、全て私が悪かった。いろいろ現れているのは私が蒔いた種なんだと涙が とまりませんでした。

 

主人も講習会や練成会に参加してくれました。

家族全員聖使命会員となりみ教えを一緒に学ぶようになりました。

飛田給の練成会には1年に3回も行きました。子供達も練成を受けてくれました。

普及誌百部愛行も続けました。

その後娘は私が紹介した製薬会社に勤める人と結婚できたのです。

ハワイでの結婚式は夢のようでした。

その頃アパートで暮らしていた長男が、結婚し家へ戻るからと話され、嫁さんから一緒に暮らしたいと言われ本当に嬉しかったです。

そして息子達に神の子さん孫娘が生まれました。孫と一緒に暮らせる幸せに感謝の日々です。

 

それから数年後「嫁さんにもう一人神の子誕生しました」と奇跡の手帳に書き、さらにカレンダーの裏にマジッ クで書き祈りました。

そして3年後神の子さん誕生、なんと男の子でした。

女孫が5才の時「弟が生まれて来てくれてありがとう」と書いてくれました。

東京の娘と電話で話すのが楽しみです。

お母さんすごく明るく社交的になったね。

お母さんと生長の家の話をすると元気になるよ。

明日も電話するね。 生長の家のみ教えに心から感謝し日々愛行を実践しています。

神様ありがとうございます。

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

喜びの聖使命会員 平成28年6月

投稿日:2016年5月31日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

聖使命会に孫を入会無事志望校に合格!
石巻市 髙橋澄江さん

石巻市 髙橋澄江さん合掌 ありがとうございます。
私には離れて暮らす男の孫がおります。今年中学卒業で高校受験です。娘が結婚した時神の子さんとして護持会員として加入しました。平成13年4月1日生まれです。 私の手元で8ヵ月育てましたが14年3月離婚、手ばなさざるを得ませんでした。ぴいちゃん、祖父母、父の中の男の子でしたから。それからもずっと護持会員で、震災の時は訪ね訪ね小学校に向かい合わせ、無事を確認できました。

同じ年の7月、娘の元夫の母親が亡くなりました。私達は、了解をえて焼香に伺いました。そして私はすぐお ばあちゃんを霊宮に入れました。先祖供養祭もかかさず行い、孫を遠くから見守り続けました。どこの高校に入学するのか、とても気がかりでした。身内の人に頼んで情報を聞くことができ、3月12日主人と卒業式に二人列席しました。4月1日生まれなので身長は頭一つ分位低かっ たですが、何と3年間の皆勤賞をいただきました。私は、大きな拍手を贈りました。

娘の元夫から、第二志望の仙台育英は決まっているとの事、16日の第一志望は北高校とのことでした。毎日、『日時計日記』に「孫は希望の高校に入学できました」 そして祈り続けております。まじめに学び、りっぱな大人になってくれますよう。私も、中学・高校・専門学校と皆勤賞をいただきました。中学の校長先生が贈って下さった誇り、夢、希望を胸に前進する事を願っています。 そしていつの日か再び私達祖父母と再開できる事を願ってやみません。お蔭様で第一志望の北高校も無事合格しました。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

喜びの聖使命会員 平成28年5月

投稿日:2016年4月30日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

聖使命会に家族全員入会 長男が昇格試験に合格!
仙台市 高橋孝子さん

私が生長の家の誌友会に参加させて頂いてから2年程になります。私は今70代ですが、20代の頃に叔母から『生命の実相』をすすめられ、ずーっと読み続けてきました。 主人が反対だったので、困ったことがあればこっそり『生命の実相』を読んで解決してきました。主人が亡くなり、 生長の家をもっと学びたいと思い教化部に連絡、紹介して頂いた高森の誌友会に参加しました。講師の方々の真理のお話しに感動し、『日時計日記』のすばらしさも教えて頂きました。そして、数ヶ月前に家族全員を聖使命会に入会させて頂きました。

その中で感動したことは、長男が何年か前に役所の昇格試験を受けて落ちてしまい”もうあきらめたんだなぁ” と忘れていましたが、今年になってから「お母さん、試験合格したよ!」と息子から聞いたときは本当にびっくり ポンでした。なんと13回もあきらめず受け続けていたのでした。本当に家族皆で喜びました。誌友会参加の皆 さんもとても喜んでくれました。生長の家はすばらしい。 聖使命入会のすばらしさも実感しております。 ありがとうございます。

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

喜びの聖使命会員 平成28年4月

投稿日:2016年3月27日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

東日本大震災より5年 仮設で聖使命会員誕生
石巻市 阿部弘子さん

喜びの聖使命会員 平成28年4月5年前の3月11日、寒い寒い雪の降る日、日本中の誰しもがあれ程の大きな震災になると思ったでしょうか。5年の月日は それぞれの方にとって早いか遅いかは計り知れませんが、復興の「コトバ」が現状遠く感じます。

震災から間もなく相愛会・白鳩会で石巻大橋仮設、当 時500世帯へ物資をお届けしたり、白鳩誌を手元に佐 藤佳樹先生のミニコンサートや、生長の家のお話しをし ながら30名程の方が集い、素晴らしい雰囲気で皆さん を励ましました。物づくりでは春夏秋冬、加えて福田み どり講師の指導・講話と現在白田講師会長の講話をさせて頂いて居ります。さらに1年程前からは仮設の一部屋をお借りし毎月休む事無く誌友会を開催できました。本来、宗教の布教活動は受け入れられないのが規則でしたが、毎月皆さんのお話をお聞きしている中で布教の思い出はなく、被災者との人間関係が大切と気付かされま した。

昨年の講習会後、4名の方が聖使命会員に入会して下さいました。新居に移られた方はご主人の持病も改善され、仮設の誌友会には必ず参加する様お勧めされるそうです。今年は御愛念で日時計日記を頂き皆さん実践 して居ります。最も不安であった移転先の事は全て神様に全托し、自分にとって最善の場が与えられると、不安なし、と明るく語っておられます。

生長の家の名前すら知らない人達と5年近くお付き合いさせていただきました。魂の高い皆さんが神様のパイ プに繋がれ、幸福になられる事を祈りつつ、邁進して行 きたいと思っております。

最後になりましたが、人知れずご支援下さいました皆様、何事にもご協力して下さいました環境対策部の皆様に深く厚く御礼申し上げます。ありがとうございます。

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

喜びの聖使命会員 平成28年3月

投稿日:2016年2月27日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

主人を特志会員に入れたら万事好都合に!
仙台市 鈴木久美子さん

合掌 ありがとうございます。
昨年の春先から主人の会社の上層部で揉め事が頻繁になり、経営も怪しくなりつつありました。 仕事に一所懸命で正直者の素直な主人は、上層部に取り入る事が嫌いではっきり意見を言ってしまうので煙たが られ何かにつけて嫌がらせをされる事がありました。「このまま経営が怪しくなるとクビになるのかも」と不安そう にする主人。「いまが特志会員にする時! 今しかない!」 と昇格の手続きをしました。それとともに先祖供養も日課になるよう意識して続けました。夏が過ぎ秋口にふと 気がつくと、主人のお給料を勝手に操作して下げていた役員が任期前に辞めることになり給料は元に戻り、意地悪な上司も転勤、いつの間にか社長からの信用を得て、 社長の下に付く立派な立場となり、主人の念願の社用車も与えられました。「不思議で仕方がない」と言うので、 「実はね…」と経緯を話したら「生長の家って、おまえっ てすごいね」と喜んでくれました。

そんな矢先、実家の父に肺癌の疑いがあると診断がおりました。私と主人の経験を生かし、母に父を特志会員に昇格することを勧めました。一族みんなで生長の家の教えを学んでおりますので、誰一人深刻に考えること もなく、それどころかみんなでお腹を抱えて大笑いする ほど明るく楽しく過ごし、「何か教えられてるんだね、良くなる良くなる」とそれぞれに祈願を出したりお祈りをし たり続けていました。年が明け改めて検査をしたところ肺の影がすっかり消え、ついでに見つかった心臓の血管のちよっぴり狭くなっている部分もカテーテル手術で治療 し、気になる箇所が消えてなくなりまさに一石二鳥でした。 課題を与えられる事で改めて御教えに振り向き、人様のお役に立てる素晴らしさ、「聖使命会員である」ことにより守られている安心感を感じました。そして今まで手を抜いていたことに取り組む機会をいただき、お陰様でご先祖様供養も日課となりました。本当に人生に無駄なこ とは一つもないと改めて感じました。ありがとうございま す。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

喜びの聖使命会員 平成28年2月

投稿日:2016年1月29日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

聖使命会員になって、孫にも恵まれ万事好都合!
仙台市 岡澤美佐子さん

私は聖使命会員になって20年になりました。始めの入会の誘いの時は、「入会すると神様とつながって必ず良い方向へ導か れますよ。」と言われても、自分から進んで入会することができませんでした。

それから半年程して、子供の頃亡くなった母親のよう な講師さんが来て、やさしく生長の家のお話をして下さり 「今日のお話が良かったと思ったら、感謝の気持ちで入会すると、又次の段階に入っていけますよ。」との言葉に導かれ入会させていただきました。

お蔭様で今は、子供達もそれぞれ独立して、安心して毎日を過ごさせていただいております。時々長女が、 孫(3才、6ヶ月) をつれて遊びに来てくれます。2番目の孫の出産の時は、3才の孫と3ヶ月、赤ちゃんと娘とは2ヶ月一緒に生活することができました。

主人も仕事を元気でしてくれておりますので娘と孫と夫婦で生活できることを心から感謝せずにはいられませんでした。そんな感無量な時を過ごすことができたのも、 生長の家の教えがあったからこそと、感謝の思いで一杯です。又、2番目の息子は埼玉に住んでおりますが、3人の子供のある方と結婚し、自分の子を含め4人の子 供の親になりました。お正月には子供をつれてきて、一 所懸命世話をしておりました。私自身の経験でも、こういう環境での子育ては大変だろうと思いますが、自分の選んだ道を邁進しています。私もお蔭様で息子を心から応援し励ましてやることができました。主人もお年玉を奮発して嬉しそうにしておりました。これも生長の家の教えがあったからこそと、深く感謝しております。

又、私は今期で支部長は定年ですが、これからも御教えを学びながら、支えられ、すべてのものに感謝できる生き方をさせていただきたいと思います。ありがとうございます。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

喜びの聖使命会員 平成28年1月

投稿日:2015年12月28日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

皇居勤労奉仕に参加、日本に生まれたことの幸せを実感!
石巻市 佐伯 綾さん

合掌 ありがとうございます。
この度、ご縁がありまして,10/6~10/9山梨県敷島 奉仕団として、初めて皇居勤労奉仕に行って参りました。 全国から沢山の団体が集まり、総勢370名。4日間天候に恵まれ、皇居内ならびに赤坂御用地の清掃と、陛下が春に御手植えされ、この秋刈り取られた稲のもみを一粒一粒取る作業などをさせて頂きました。その他、御拝謁の時間もあり、お部屋の中で、両陛下から間近に御言葉を頂戴しました。その中で、「石巻の方はどなたですか?」「大変でしたね。」と、既に登録された名簿を御覧になられていたようで、まるで本当の家族のように心配をしておられる陛下の広くて深い大御心を魂と肌で感 じ、感動の涙が止まりませんでした。そして皇后陛下の奉仕活動に対しての「ありがとう」の御言葉は、優しくて温かい女性の真の愛の言葉、神様の言葉に聞こえました。このような愛深く人々の幸せを真剣に毎日祈っておられる、国民全体の”両親”のような存在である両陛下 の下で生活できる、素晴らしい日本の国に生まれることが出来て本当に幸せに思うと共に、両陛下のご健康とご多幸を祈らずにはおられない気持ちになりました。あの本物の愛の言葉、「ありがとう」の波動を心に刻みながら、これからまた一日一日を大切に生活して行こうと思い ます。

私は母の代から聖使命会員となることによって、現象的にはどんな事が起こっても、必ず善い方向に導かれて行くことを実感しています。今回もまた貴重な体験に導かれました事を心より神様に感謝申し上げます。ありがとう ございました。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

喜びの聖使命会員 平成27年12月

投稿日:2015年11月30日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

次男が緊急入院、神様に生かされ救われる!
仙台市 高橋惠子さん

喜びの聖使命会員 平成27年12月合掌ありがとうございます。
10/4(日) は「講習会」。その前夜の出来事です。 次男が夕食の時間に2階から降りて来ませんでした。不審に思い部屋に行ってみると、ベッドで眠ったまま低血糖に陥り呼んでも体を動かしても何の反応も示しませんでした。肌着は絞るほどの汗をかき、尋常でない状況にすぐ救急車をお願いし病院に運びました。危険最悪の血糖値でした。治療処置している間私は待合室でバックに 入っていた『万物調和六章経』を黙読し続けました。

次男は昨年11月障害者の就職面接によりIT企業に採用され、今夏8月正社員となりました。本人はもちろん私達夫婦も有難く、嬉しく、感謝の思いで講習会の受講券33枚を奉納させて頂いた矢先の出来事でした。

その後先生に呼ばれ説明を受けた結果、入院するこ とになりました。入院手続きの書類を提出し、講習会に参加して下さる4名の友人に感謝しながら帰宅しました。 翌日入院準備品をキャスターに詰めて病室に行きましたところ、何と息子はいつもの元気な姿でいました。先生は「息子さんは仕事があるので退院したいと言っていま すがどうしますか。この元気なら大丈夫でしょう。」と言 われ昼食後退院しました。午後から講習会に参加するこ とができました。帰り際に先生は「来た時と今朝の姿があまりにも違いすぎ僕もびっくりしているところです。しかしお母さん、息子さんの部屋に声掛けに行かずにいたら朝には完全にアウトでしたよ。」と言われました。

聖使命菩薩として祝福を受け、目には見えぬ偉大な力、神様に生かされご先祖様にご加護を頂きましたことに唯々感謝です。

今回のことを受け、私はこれからも人々の幸福を願い、 今おかれている立場(講師) で一層真理宣布に邁進して まいります。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

喜びの聖使命会員 平成27年11月

投稿日:2015年10月29日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

震災の悲しみを乗り越えて明るく生きる
岩沼市 大久保妙子さん

岩沼市 大久保妙子さん合掌 ありがとうございます。
昨年8月、主人が、突然倒れて、7ヶ月の入院 生活、その間、次女の入所問題、家のリフォーム資金のこと、次女の後見人問題で裁判所へ、次々 と、1人で解決して来たつもりでしたが、実は、神様の見えない力で、守られ、沢山の人に助けられていたことに、気づかせて、いただきました。今年4月から誌友会を、再開、私の音楽活動も、ボ ランティアで歌い始め、7月には、オリジナルコンクールで、金賞受賞、全てが、善のみ、万事好都合の日々です。今回は、支部の1人息子さんに、 念願だったお嫁さんが決まり、祝福の思いで、聖使命に入会していただきました。今回の私の問題で、何が起こっても、明るい解釈をして、喜ぶことを、神様は、教えて下さいました。 これからも、微力ながら、皆さんのお世話、そして、元気と癒しの歌を歌って行きたいと思います。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

喜びの聖使命会員 平成27年10月

投稿日:2015年9月30日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

エステで生長の家と出会い息子の問題も解決!
大崎市 千葉みえさん

合掌ありがとうございます。
私が「生長の家」に出会ったのはおよそ20年前、エステサロンで手を合わせ「ありがとうございます」と挨拶する人達。子供たちが菓子袋を空にしても「美味しかったね」と微 笑む”彼女”。これらは、「?」だらけでしたが、帰りは明るい笑い声と和やかな雰囲気に満たされていたのを覚えていま す。

それから、およそ10年後。高校2年になった息子の学校問題が現れました。息子は反抗して話したがらず、私は取り越し苦労と妄想に捉われました。そんな最中、サロンでの情景がひらめいて、直ぐ教化部に問い合せました。すると運良く”彼女”の教室に通えることになったのです。そして家族全員聖使命会員となり、祝福讃嘆を授かるようにしていただきました。彼女は、私の妄想癖を遮る「コトバ」を毎日のよ うに発信し続けてくれました。私も、そのまま素直に「人間神の子実相円満完全。息子は、身体の丈夫な頭の良い立派な逞しい人間です。」と讃嘆日記に書いて、先祖供養をし『甘露の法雨』を読誦しました。おかげ様で、息子は高校を卒業し、皆の予想を外して、彼の希望した会社になぜか就職出来て6年が過ぎました。それに、未病だらけの私は風邪もひかなくなったというオマケ付きでした。本当に、「?」だらけです。御教えにふれ救われました。ただただ、ありがと うございます。

これからも、1人でも多くの人の幸福を願う”彼女”のもと、 「観ずればそれが現れる」心の法則と宇宙全体に守られていることに、感謝して悦んで生活して行きたいと思います。 願わくは、いつの日か、家族と一緒に『甘露の法雨』を読誦できますように…

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

喜びの聖使命会員 平成27年9月

投稿日:2015年8月31日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

絶体絶命の窮地に陥り本当の信仰を知りました!
大崎市 小川淑枝さん

合掌ありがとうございます。
私が生長の家に入信しましたのは24年前。仕事の関係で突然多額の負債を抱え、八方塞がりの状態で飛田給の練成会に参加したことがきっかけです。 生長の家は折にふれて伯母より勧められていました が、それまでの私は宗教イコール新興宗教の団体という イメージを持ち、心の弱い人や困ってる人がすがる所だろうと誤解していました。絶体絶命の窮地に陥ったことで、 素直な心でお話しをお聴きし、初めて宗教、信仰の本当の意味を知りました。

「人間は神の子である」「本来円満完全である」そのことに感謝し喜んで生きることを教えて下さるのが、もとの教えである宗教なのですね。

この真理を皆様にお伝えする運動を支え、自らも活躍する聖使命会員の皆様。今、支部の会員の皆様がお互いに祝福讃嘆し祈り合う喜びの輪が少しずつ拡がっています。目の前の人や事に行き届き、1人でも多くの方のお役に立てますように。神様の大いなる御護りに感謝し、 足元の家族が和願、愛語、讃嘆で満たされますように、 皆様と祈りながら進んで行きたいと思います。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

喜びの聖使命会員 平成27年8月

投稿日:2015年7月29日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

聖使命会員になって35年。おかげさまで生かされています!
富谷町 菊地みつ子さん

富谷町 菊地みつ子さん合掌ありがとうございます。
聖使命会員に入って35年。私が生長の家を知ったの は足の骨を5ヶ所も折る怪我をして75日も入院した時、 お義姉様が毎日神様詣りと『甘露の法雨』を唱えて下さ り、私も1日何回も夢中で唱えていたら骨の痛みも押さえられて、退院してからこれは良い本だからと思い毎月誌友会へ参加。「ハイ・ニコ・ポン」を習いました。初めはそんな事と思いましたが、少しずつ色んな事が良く なり、相手が悪いんではない自分から心をひらけばかな らずわかってくれる。子育ての時は子供が風邪を引いては会社を休んで医者へ行き、半月も働けない時もあり誌友会で「ハイ」がたりないよと教えられ、実行したら良く なり子供達も3人共素直な子に成人。

主人が43才の頃甲状腺の病気で目の奥に腫腸ができ、これは目が見えなくなり何回も出るので何回も手術してあげると云われ完治するのに20年かかりました。本人は脳腫瘍だから死ぬ事ばかり。でも私は生長の家のおかげで絶対治る、必ず良くなる、と信じて来たおかげで、今もいろんな病と戦っておりますが生かされております。ありがとうございます。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

喜びの聖使命会員 平成27年7月

投稿日:2015年7月1日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

聖使命会に入会したら余命一年から毎日教化部に来られるまでに快復!
仙台市 白鳥道雄さん

仙台市 白鳥道雄さん合掌ありがとうございます。
教化部大講堂に「聖使命会新規入会者」が掲げてあります。私はそこの4月の欄に、家族の名前があるのを見てとてもうれしくなりました。美しく書かれた名前は、 光輝いて見えました。ちょっと複雑な事情があり、会う事 も話をする事も出来ない家族が、ちゃんと神様のところに居るんだなあと、しみじみ思いました。これも家族全員を聖使命会に入れて頂いたおかげと、大変ありがたく 思っております。

昨年6月に初めて練成会に参加させていただき聖使命に入れてもらいました。以来余命1年と言われた病状はどんどん良くなり週2~3回の通院が週1回となり、 そして月に2回、今は月1回となりました。

そして、相愛会の皆様のおさそいで南小泉相愛会の「クリーンウォーキング」又「岩沼市千年希望の丘植樹祭」への参加も出来ました。足もだいぶ丈夫になり、1年前、 JR南仙台駅から教化部まで1時間以上かかって歩いていたのが(今は15分位) ウソみたいです。まだリハビリ中の身ですが、教化部に来れる幸せ、尊いよろこびをあ りがたく受けさせていただいて居ります。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

喜びの聖使命会員 平成27年6月

投稿日:2015年6月1日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

聖使命会特志会員1 年生、いろいろな体験は、これから
岩沼市 長田 弘さん

岩沼市 長田 弘さん合掌ありがとうございます。
「長田さん、特志会員・おめでとう。」
3月17日聖使命会費を、奉納したときに小坂卓久南小泉相愛会長から、言われました。 特志会員といわれても、正直ピンと来ておりませんでしたが、なんだか、特志になるだけでも有り難いことなの かなと、思うようになりました。今年は、2月・3月と二ヶ 月連続で、講習会が受講できました。2月は、特に生長の家の活動の原点となる東京第一教区の講習会でしたので、里帰りをしたような感じでした。さい先が良いなと思いました。

そんななか、「宮城教区相愛会も、特志会員が増えると良いね。」 3月の相愛会正副会長会議のなかで、 髙坂幸雄教化部長先生のおコトバをお聞きしました。 「トクシ?」よくわかりませんでしたが、コトバに惹かれて、 4月から特志会員となりました。

数ヶ月経ちますが、体験談となるような、出来事は、 まだございません。いろいろな体験は、これからだとは 思います。いま平穏でありますが、実はこの平穏が一番有り難いことかなと思ってもおります。 聖使命会員になって5年、日々有り難みを感じながら、活動してまいります。 ありがとうございます。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

喜びの聖使命会員 平成27年5月

投稿日:2015年4月29日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

聖使命会員に家族全員が入会したら万事好都合に!
柴田町 田村悦子さん

合掌ありがとうございます。
聖使命会員には、母が入れて下さっていましたが、嫁いでから宮城で新規に入れて頂きました。10年前長男が会社の健康診断で引っかかり大手術をする事になった時、神様と太いパイプで繋がせて頂こうと家族全員を什一会員にして頂きました。新生祈願を出し、聖経十巻読誦にも毎回通い聖経『甘露の法雨』を読誦致しました。 お陰さまで、手術は大成功し、出血も通常の献血程度でしたので輸血はしなくてすみました、現在、元気に働いております。

又、新生祈願で良縁成就を祈って頂いていた娘が、こ の3月結婚致しました。結婚前、相手の御両親がご挨拶に来て下さった時、夫が「妻は生長の家をやっています。」と話しましたら、「仙台のおばあさんが生長の家でした。」と話されました。新夫婦の両家の祖母が生長 の家だったとは何とも深いご縁を頂いたものかとあらためて祖先のお導きに感謝合掌致しました。もちろん半身さんは什一会員に昇格させて頂きました。ありがとうございます。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

喜びの聖使命会員 平成27年3月

投稿日:2015年2月28日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

孫にプレゼントした普及誌で
嫁にも生長の家が伝わる!

登米市 高野利喜子さん

登米市 高野利喜子合掌 ありがとうございます
若くして農家に嫁いだ私は、大好きな農作業に朝から晩まで精出していました。仕事以外何の楽しみもない私に、隣の菅原靖子さんから誌友会のお誘いを受けて参加 し、聖使命会員となりました。そして、練成会に参加したり、普及誌『白鳩』を購読したりと楽しく生長の家の勉強を続けてきました。

『日時計24』は孫の文(あや) にプレゼントしていました。文は小さい頃から絵を描くのが大好きで、いつの間にか『日時計24』のハピくるカフェに自分の作品を投稿して採用され、「25年の4月号に載せてもらい、記念品に本を送ってもらったよ」と私に話してくれました。それを聞いた私はうれしくてうれしくて「文ちゃん、よかったね。その本にはとてもすばらしい事がたくさん書いてあるんだよ。おばあちゃんとてもうれしいよ!」と答えると、そばで聞いていた文のお母さんが「文ちゃんが読み終わったらお母さんにも見せてね」と言いました。そして、文は夏休みに「ハピくるカフェ」で知り合った埼玉のお友達 と泊まりがけで会うことになり、米山の自宅に一人で来てくれました。帰りに駅まで送ると二人とも涙々のお別れでした。その後、お友達のお母さん(生長の家の方) から「文 ちゃんのお母さんとお話しがしたい」と連絡があり、交流が始まりました。これをきっかけにもっともっと生長の家につながって、みんな幸福になって下さいと神様に祈っています。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

喜びの聖使命会員 平成27年2月

投稿日:2015年1月29日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

主人の良いところを観る心境になったとき主人が変わった!
亘理町 松本美紀子さん

喜びの聖使命会員合掌ありがとうございます。
我家が生長の家にふれたのは約50年前に地方講師であり親類の松本つやさんが、父を飛田給の練成に誘って頂いたのが最初だと母から聞きました。父は幼い時に大病をし体も細く病弱でした。祖父は養子でしたが祖母との仲が悪くケンカばかりしていたそうです。祖父は町会議員やいち早くリンゴ栽培をし農協のお世話役をしました。家庭においてはワンマンな祖父で病弱な父に対して不満をぶつける事もあったそうです。父は穏やかな人で勝気な祖父に対して反抗も出来ず、農家の経営も任せられず希望のない生活を送っていたところに松本つやさんと飛田給の練成に行き、胃が悪く天ぷらも食べられずにいましたが食べられる様になり、浄心行や神想観をし自 信をつけていったのではないかと母が言っています。

父は相愛会のお世話をし身近な人を誌友会におさそいし生長の家を広めて行きました。「神に感謝しても父母に感謝し得ない者は神の心にかなわぬ」父にとって最後まで大きなテーマでした。不思議な事に私も3姉妹の長女で、最初のお見合いで結婚し夫に養子になってもら いました。主人は自分の考えをハッキリ主張し行動する人で、私は理解できずにいました。叔母の母親教室に 勉強に行きましたが夫との葛藤が大きく行かなくなりまし た。自宅で相愛会の誌友会が開催されていましたが手伝いをする程度でした。子供達が大きくなるにつれ、夫との関係をどうにかしなくてはと思う様になりましたがどうして良いのか分かりませんでした。父が亡くなってから子供の問題が起き、以前から家族ぐるみで親しくしていた早坂信子講師に相談し「先祖供養をしなさい」と教えら れ、「甘露の法雨」を毎日仏壇で誦げていく内に自然と 問題が解決し大変驚きました。早坂先生から「ご先祖が守ってくれた」と言われました。そして、主人とどうむき 合うか書いてある本と出会いました。私が主人の良い所を観る心境に変わった時に主人も変わり、表情や態度も変わり社交的で責任感のある人とわかりました。本当に御教えにふれ救われました。ありがとうございます。

聖使命会費も自分で納め支部長や地方講師も拝命し真理を学び、家庭や社会が良くなるためには日々三正行をし、心の持ち方を誌友会や講習会、練成会で身につけて行く事と思いました。1人でも多くの人が真理にふれ幸せになっていただきたいと願っています。

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

 

喜びの聖使命会員 平成27年1月

投稿日:2014年12月28日 カテゴリー:光のおとずれ 私の日時計日記

聖使命会に入会したら42 歳の息子に嫁と子どもが授かる!
東松島市 髙橋 汎( ひろ)さん

喜びの聖使命会員 平成27年1月

合掌ありがとうございます。
東日本大震災では、生長の家の皆様には御見舞、 御支援をいただき、大変ありがとうございます。私が物心ついた頃は、両親は生長の家を信仰して居りました。私は5人兄弟の2番目の長女です。末の妹が生長の家に熱心でよく妹に誘われて仙台に講習会があると行っていました。

私には2男1女が居ります。長女は嫁ぎましたが、 長男が結婚する様子もなく42歳になりました。何年か前から息子の半身を聖使命会に入れていました。 今年の10月に姑の3回忌を済ませました。時を同じくして、息子は小学校6年生の男の子を連れた女性と結婚して同居するからと言いました。人生はお芝居とは、こう云うことなんだ。嫁から姑・祖母の役になりました。彼女(嫁)とお茶を飲みながら、いっぱいお話をします。「髙橋家は2人で組んだら最強だね」等と。神様に見護られていることを感じながら。 ありがとうございます。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク