真理の証し 宮城教区講習会 体験談 仙台市 白鳥道雄さん


平成27年度 宮城教区講習会 体験談
平成27年10月4日(日)
於: 仙台サンプラザホール
仙台市 白鳥道雄さん

合掌 ありがとうございます。
私は、生長の家神性開発宮城練成会というほぼ 毎月1回2泊3日で行われている行事に昨年6月から参加し続けて病院の先生より余命1年と言われた病状が1年をすぎてもどんどん元気を回復しているという体験発表させて頂きたいと思います。

私は、おととしのくれ12月3日に、急に胸が苦しくなり救急車で、仙台厚生病院に運ばれ手術を受けました。途中で意識を失い自分自身ではっきり意識を回復したと思ったのは、約40後の翌年、1月半ばでした。急性心筋梗塞に、心不全、 重症肺炎を併発し、心肺停止になり機械で生かさ れていたそうです。自発呼吸がゼロの日とか1日1回という日があり東京や札幌から家族、兄弟が集まり大変だったそうです。本人は何も覚えておりませんのでまるで他人事みたいに話を聞いておりま した。しかし、徐々に正気を取り戻してくると体中に付いているたくさんのチューブや医療機器そして、起きれない体にやっと現実を実感しました。そ れからベットの枕元にさげられていた生長の家のお守りを見て救急車で運ばれた時の事を思い出しま した。私は、とても苦しくこれはもうあの世とやらに行くのかなという予感がして神様に次の世では 「生長の家の勉強をしっかり受けたいのでよろしくお願いします」 と祈っていた事を思い出しました。 私は、母親の勧めで、21歳の時に東京の飛田 給の一般練成会に参加した事があり、その時購入 しずっと身につけていたお守りが今も護り続けて下さっていたと思いました。ベットの上で生長の家宮城県教化部へ行かなければ、練成会を受けなければという思いが繰り返しおこっていました。それか ら転院、再入院となりやっと退院出来たのが入院 から7ヶ月後の6月3日でした。その6月の生長の家宮城練成会にやっとの思いで参加出来ました。以 来12回連続で練成会を受ける事が出来ています。 練成会のチラシには、日本一の講話日本一の食事 と書いてありますがまさにその通り素晴らしいお話 しとおいしい食事に毎回感激して居ります。又、ス タッフの皆様のあたたかいサポートにも感謝して居ります。そして練成会で学んだ事を、自宅で実修 しようと思い、まずは早朝行事の完全コピーを目指し神想観から始まり食事の神示まで頑張ってお ります。毎回練成会に参加する事により行事の内容や順番を確認する事が出来少しずつ完全コピー に近づいています。そしてそれにつれ病状はだんだん良くなり週2回の通院が週1回になりやがて2週に1回から現在は月1回となって病院の先生も大変喜んでおられます。

今一番嬉しいことは生長の家の様々な行事に参加出来るという事。素晴らしい皆様にお会い出来 るという事。朝起きると今日も教化部へ行けると思うと楽しくて仕方ありません。本当に練成会に参加していると良い事がたくさんおこってきます。どんどん良くなって来ます。練成会が待ち遠しくて仕方ありません。

これからもこのすばらしい御教えを一人でも多くの人にお伝えする様勉強して参ります。 ありがとうございます。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の証し   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL:
http://www.sni-miyagi.or.jp/wp/wp-trackback.php?p=10180