喜びの聖使命会員 平成28年7月


孫達に囲まれて日々幸せ
栗原市 熊谷澄子さん

喜びの聖使命会員 平成28年7月私が生長の家にふれたのは、22年前友達から白鳩誌を戴いたのがきっかけです。いろいろ悩んでいた私は、 夢中になって読みました。

同居していた義母との不調和、 娘の入院、中学生の息子は登校拒否、私は乳癌の手術をした後、体調が思わしくなく、家の中はめちゃくちゃで死にたいと悩む毎日でした。

 

白鳩誌に書かれている感謝の教え、私が探し求めていたのはこれだったと、生長の家のみ教えに、心から感 動しました。いても立ってもいられず、宮城県教化部の練成会へ参加しました。

講師の先生から「大根蒔けば大根、人参蒔けば人参が出るのよ。環境は自分の心の陰、自分で蒔いた種がはえるのよ」まるで自分の事を言われているようでした。

ああ、そうなんだ、全て私が悪かった。いろいろ現れているのは私が蒔いた種なんだと涙が とまりませんでした。

 

主人も講習会や練成会に参加してくれました。

家族全員聖使命会員となりみ教えを一緒に学ぶようになりました。

飛田給の練成会には1年に3回も行きました。子供達も練成を受けてくれました。

普及誌百部愛行も続けました。

その後娘は私が紹介した製薬会社に勤める人と結婚できたのです。

ハワイでの結婚式は夢のようでした。

その頃アパートで暮らしていた長男が、結婚し家へ戻るからと話され、嫁さんから一緒に暮らしたいと言われ本当に嬉しかったです。

そして息子達に神の子さん孫娘が生まれました。孫と一緒に暮らせる幸せに感謝の日々です。

 

それから数年後「嫁さんにもう一人神の子誕生しました」と奇跡の手帳に書き、さらにカレンダーの裏にマジッ クで書き祈りました。

そして3年後神の子さん誕生、なんと男の子でした。

女孫が5才の時「弟が生まれて来てくれてありがとう」と書いてくれました。

東京の娘と電話で話すのが楽しみです。

お母さんすごく明るく社交的になったね。

お母さんと生長の家の話をすると元気になるよ。

明日も電話するね。 生長の家のみ教えに心から感謝し日々愛行を実践しています。

神様ありがとうございます。

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL:
http://www.sni-miyagi.or.jp/wp/wp-trackback.php?p=11430