光のおとずれ 明るくはばたく 白鳩会 平成28年10月


白鳩会連合会長 髙木みち子

合掌 ありがとうございます。
朝晩は涼しくなり、収穫の秋を迎える季 節となりました。白鳩会の皆様には、人類光明化運動、自然と共に伸びる運動にご理解と、日々御活躍下さいます事に、心より感謝申し上げます。

平成28年度第61回宇治別格本山盂蘭盆供養大祭に8月17日~19日迄参加して参りました。 18日には浄火の儀、その後、宮城教区12,436柱と推進して下さいました霊牌は、招霊された後、宝蔵神社の霊殿に奉安供養されました。推進して下さいま した白鳩会の皆様ありがとうございました。

10月6日(木)はいよいよ教区大会です。残す所あと数日しかありませんが、自主目標でもあります「受講券」「受講者」は最後のお一人迄、又、プラス一名迄 諦めることなく、教区大会大盛会となりますよう今一度推進方宜しくお願い致します。

尚、先に行われました改選により、再任することと なりました。さらに気を引き締め、努力してまいります。 どうぞ宜しくお願い致します。

再拝

白石第一地区連会長 大庭和子

台風が近づいている中、少々不安ではありましたが、 生長の家の行事で出席させていただくのだから大丈夫 と、3月に亡くなった夫が宇治で待っていてくれるという期待を胸に空港へ。
テレビ報道では飛行機は飛ばないはずでしたが、なんと25分遅れで出発! 機内から 富士山も見ることが出来、無事に宇治に到着。炎天下の3日間でしたが、大変有意義に行事を体験させてい ただきました。「送霊祭」浄火場に於いて昨年の盂蘭盆の霊牌が厳粛な内に行われ、大拝殿に於いて招霊祭、 甘露の法雨読誦の中、約千人の招霊員が一人一人心を 込めて霊牌を招霊させていただく姿に涙が出てこらえるのに必死でした。
一柱100円でこんなに丁重に供養してい ただいていたのだと改めて感じさせいただきました。流 産児供養祭には私の兄弟の供養をする事が出来、本当に嬉しかったです。
行事が朝早くから始まり、3日間持ちこたえる事が出来るか心配でしたが、夫が力を貸 してくれたのでどうにかがんばる事が出来たのだと思います。
招霊祭員に出席させていただき、本当にありが とうございました。

カテゴリー: 光のおとずれ, 明るくはばたく 白鳩会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

トラックバックURL:
http://www.sni-miyagi.or.jp/wp/wp-trackback.php?p=11972