光のおとずれ 明るくはばたく 白鳩会 平成29年3月


白鳩会連合会長 高木みち子

白鳩会の皆様には、人類光明化運動、国際平和信仰運動、 自然と共に伸びる運動にご理解いただき、また、ご尽力下さいます事に感謝申し上げます。

 

立春も過ぎた暖かな日、郡部の方へ誌友会に行って参りました。草木は春に向け芽吹きの準備。会場に着きますと桜の蕾が少しふくらみ始めている枝を見つけました。

我が家でも庭に出てみますと、春一番に咲く小振りの黄色い水仙が昨年よりも株が増え「こんにちは!今年も宜しく」と言わんばかりに土から1センチ位芽を出しています。花いっぱいの春はすぐそこ迄来ているようなこの瞬間「心豊かに」 なりました。

 

ある誌友さんのご文章から「身体の体操も大切だけど、 心の体操はそれ以上に大切だよね。今日も健康で、明るく 一日を活き活きと生きましょうね」と自分に声がけしたそうです。そして、私が常日頃、大切にしている事は「人の気持ちを大切にする事」「人の気持ちが判る人」になる事です。

 

今月から講習会に向け準備が始まりますが、今まで以上に三正行に徹して、単独開催最後の講習会に「宮城教区白鳩会の底力」「白鳩会一致団結した姿」「有終の美を飾ろう」ではありませんか。

カテゴリー: 光のおとずれ, 明るくはばたく 白鳩会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。