団体参拝練成会に23名参加!


6/ 15 ( 木) ~ 19( 月) に生長の家総本山で「第388回龍宮 住吉本宮団体参拝練成会」が開催されました。宮城教区から23 名が参加されました。団参中は天候にも恵まれて、初めての体 験となる「インタープリテーションを交えた日時計主義の実践」 や「献労」「谷口雅春大聖師三十二年祭」参列など、大変感動 的な団参となりました。1 6 日には、「講習会大盛会祈願祭」が 執り行われ、松田正道教化部長をはじめとして、宮城教区の参 加者全員が講習会大盛会に向け、さらなる推進に邁進する決意 を強くさせていただきました。ありがとうございます。

 

研修旅行の地となりました長崎県の雲仙・島原では、島原城 や普賢岳災害記念館を見学しました。キリスト教弾圧の歴史や 信仰強い隠れキリシタンの生活の様子、普賢岳の火山噴火災害 の記録など、大変勉強となりました。まさに「神・自然・人間の 大調和」の大切さを感じずにはいられませんでした。災害記念 館ロビーには偶然にも仙台の七夕飾り( 竹飾り1 本) が飾られて おりました。九州の地で見られるとは思ってもおりませんでした。 雲仙の皆さんを元気付けようと、仙台の方が寄贈されたそうで す。すばらしい愛の表現をみせていただいた思いです。 ありがとうございます。

再拝( 長田記)

カテゴリー: 光のおとずれ, 団体参拝錬成会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。