光のおとずれ 真理の灯台 講師会 平成29年8月


地方講師会長 富樫幸男

合掌 ありがとうございます。
もう夏も真っ盛り暑い日が続く今日この頃です。 7月1日、2日に本部主催の地方講師会長・地方講師幹部研修会が河口湖本部練成道場で開催されました。

今までとは違い講師会長だけでは無く、副会長、事務 担当者も参加の研修会で宮城教区からは5名が参加致し ました。全講話を三好雅則運動推進部長が直接指導する それは熱気あふれる研修で、近年の光明化運動の変化に 即して運動の3カ年計画及び本年の運動のポイント、現 在進めている運動の意義などが網羅された研修でした。

そして講話力向上のための1分間スピーチの実践や講 師としての心構え、信仰と生活が一致した生き方が大切 であるなど、多岐にわたり、これからの講師として光明 化運動を進めるに有意義な研修会となりました。

私にとりましても昨年10月に講師会長となっての研 修でしたので非常にタイムリーに感じています。

今月は教区内の各誌友会場では「先祖供養」をテーマ に開催されている誌友会が多いのではないかと思います。 私自身も生長の家に入信してから先祖供養の意義を詳し く知ることができました。実に感じます自分がこうして この世に生を受け誕生しているということは、必ず父母が いるということです。そしてその父母にもまた父母がいま す。こうして10代遡れば1,000人以上、20代遡れば 100万人以上、代遡れば10億以上のご先祖がい るということになります。もしその内の一人でもいなかっ たならば、自分は存在していなかったのです。

つまり数え切れないほどの多くのご先祖がいのちをつな いでくれたおかげで、今ここに生きているのです。そのこ とだけでも感謝です。ご先祖に報恩感謝の思いを表現す るのが先祖供養の原点となるのではないでしょうか。

宇治別格本山では8月17日~19日に「宇治盂蘭盆 供養大祭」が執り行われます。教区ではそれに合わせて ご先祖様への宇治大祭用の「霊牌」供養を進めています。 講師・信徒の皆さま、この機会に報恩感謝の心を込めて 「霊牌」供養をいたしましょう。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。