光のおとずれ 明るくはばたく 白鳩会 平成29年8月


「祝福の祈り」に導かれて

県北第六地区連会長 小川淑枝

合掌 ありがとうございます。
6月25日、須藤和子さんのお誘いで、埼玉教区の講 習会に参加しました。( 初参加の埼玉の友人、母と姉の 四名で参加)

須藤さん快挙です!仙台から埼玉に引っ越して2年半、 昨年10月に支部長を拝命。知り合いの少ない地での2回 目の講習会で、支部の目標35名を突破し、36名 の方を導きました。内、半数は須藤さんがお誘いした方 でした。宮城の壮年対策部時代「祝福の祈り」の大切さ を実感。埼玉教区の講習会への取り組みも「祝福の祈り 」がベース。3月より、ただ相手の幸福を祈る「祝福の 祈り」を県下で実施。一人一人お名前を読み上げ、毎 日祈ったそうです。須藤さんは130名以上の方を祈り、 教化部でも毎朝6時から祈ってくださったそうです。

須藤さんのように愛を生きる時、天も味方してくださ って、雨の予報を覆して、当日はさわやかな梅雨の晴れ間 となりました。

再拝

 

「団体参拝練成会に参加して」

青山支部長 石澤由利子

合掌 ありがとうございます。
今回、初めて「生長の家総本山団体参拝練成会」に参加 させていただきました。自然の森の中で、澄みきった朝は 日の出と共に、昼は明るい太陽の下で、そして夜は池に 沈む夕陽を拝みながら真理の勉強をさせていただき、生 きている喜びを感じました。

全国から参加された何百人という信徒の皆さんと一緒 に、すばらしい講話を聞き、神想観の実修や聖経一斉読 誦、浄心行、祈り合いの神想観等々。自他一体を感じ心 から有難い気持ちになり、生長の家の御教えは本当に素 晴らしいと実感しました。

献労やインタープリテーションの体験では、自分が日 常いかに自然から離れた生活の仕方をしていたかに気付か されました。五感で自然を感じる事は出来ても、それを 表現することは、意外に簡単ではなく、私には少し訓練 が必要だと思いました。総本山は聖経『天使の言葉』の『見 よ、これ実相世界なり、( 中略) そのほかに世界あること なし。』のことばの通り、神聖で理想郷そのものでした。

松田教化部長をはじめ、今回一緒に参加された宮城教 区の皆様には、大変お世話になり、心より感謝致します。 そして来る11月26日の講習会には一人でも多くの 人をお誘いする決意を新たに致しました。ありがとうご ざいます。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 明るくはばたく 白鳩会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。