喜びの聖使命会員 平成29年9月


信仰を生活に生かす !
栗原市 熊谷正一郎さん

合掌 ありがとうございます。
この度私は、役員の定年制により栗 原市社会福祉協議会の理事職を退任 致しました。

77 才まで長い間社会福祉活動に尽力できたこと、役 職員はじめ地域の皆さんのご支援のおかげであると心から感謝すると供に厚く御礼申し上げます。

そして今日あるのは、生長の家の大神様の導きであり神様のみ心であると強く信じただ感謝です。そうだ、この喜びを、感謝の心を素直に教化部長先生に報告しよう。 妻と一緒に教化部へ車を走らせました。

そして、松田教化部長先生に、今回栗原市社会福祉協議会の二人目の顧問に推挙されたことをご報告させていただきました。顧問推戴式の様子が載った新聞、記念の写真集、式典次第等をご覧いただき、神様の導きであると心から感謝をこめてご報告致しました。

松田教化部長先生は満面の笑みで私達に握手を求 め、本当におめでとうございますと何度もうなづかれまし た。妻と二人三脚で生長の家の信仰に導かれ一心に聖 使命会員となって「三正行」を行じてきた証である。私は神様の心とひとつに結ばれている、神様のいのちが 私のいのちである。と心から信じることができるのです。

「推戴状 熊谷正一郎殿 あなたのご功績をたたえ、社会福祉法人栗原市社会福祉協議会の顧問に推戴いたします。 平成29 年6 月27 日 社会福祉法人栗原市社会福祉協議会会長 小林吉雄」

妻と一緒に式典に参列し、壇上で小林会長から顧問推戴の楯と顕彰状をいただき、役職員の皆様に盛大に祝賀会まで開催していただいたこと、身に余る光栄と感謝 の念でいっぱいです。

信仰を生活に生かすことの大切さをかみしめながら・・・ 追伸 私達は来年結婚五十年金婚を迎えます。幸せな 日々に感謝でいっぱいです。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。