光のおとずれ 喜び溢れる 青年会 平成29年10月


青年会副委員長 相澤俊弘

合掌 ありがとうございます。
秋が深まり朝晩と日中の気温差が大きくなって来ましたが、いかがお過ごしでしょうか?皆様におかれましては、宮城教区青年会に日々ご愛念をいただいていますことに、心より感謝申し上げます。

去る、9月16日 (土)~18日 (月・祝)にかけまして、宮城県教化部を会場に「青年練成会」が開催されました。台風18号が接近するなか、全体で16名 (宮城12名、山形2名、福島2名 )の青年の皆様にご参加いただきました。そして、初参加の方も2名いらっしゃいました。

一日目は、開会式、真理講話、座談会、神想観の説明と実修をおこないました。

二日目は、先祖供養の講話を聞き、クラフト実習で箸作りを参加者全員で行いました。最初は小刀の使い方などで苦戦しておりましたが、皆さん自分オリジナルの箸を作ることが出来たようです。その後、「先祖供養祭」、古田山形教区教化部長による講話と「浄心行」を行い、最後に座談会で自分の父母について語りました。

三日目は「祈り合いの神想観」があり、私を含め3名の青年が祈られる側になりました。松井副会長による結語を聞き最後の座談会で「自分の決意」を発表しました。その決意を閉会式で全員発表して二泊三日の「青年練成会」を終了しました。

参加者には生長の家が初めての方、そして中学生も来てくださり大いに盛り上がった「青年練成会」となりました。

ご指導いただきました、松井副会長、松尾中央部員、古田山形教区教化部長、松田教化部長ありがとうございます。また、運営をしていただきました宮城練成会運営委員の皆様ありがとうございます。そして、参加推進をしていただきました皆々様ありがとうございます。

さて、11月26日の「講習会」まで二ヵ月となりました。青年会の目標 (受講券220枚、受講者100名 )達成・突破に向け推進してまいります。皆さんどうぞよろしくお願いいたします。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 喜び溢れる 青年会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。