光のおとずれ 躍進する伊達な 相愛会 平成29年12月


相愛会連合会長 佐藤佳樹

合掌 ありがとうございます。
講習会は皆様のご活躍により大盛会となりましたことを感謝申し上げます。両先生もたいそうお喜びのことと存じます。これからは、新しく講習会に参加された方を誌友会にお誘いし、聖使命会員にそして相愛会員に導くことが大切です。講習会だけのお付き合いではなく末永く生長の家の御教えをお伝えすることが私たちの使命であり、講習会の本来の目的です。

さて私たちの今年の運動の成果は、会員105名、大祓、 霊牌供養、誓願券とも前年とほぼ同数を保っておりま す。聖使命は残念ながら先輩会員の引退などにより若干減っております。しかしそれでも、東京第一教区を除いて東日本でトップの数を上げております。これらの結果は、皆様会員お一人お一人の日々努力の表れと感謝いたしております。

4年前皆さんと一緒に「誌友会の充実」を目標の第一に掲げ「同志を集めるための祈り」を皆さんと心を一つにして全誌友会で取り組んでまいりました。これが 現在の好成績につながっていると思います。宮城教区の成果を見て今や全国で「同志を集めるための祈り」を 実修している教区が続々と増えています。また今年から取り組んでいる相愛会独自の誌友会の内容は、いかがでしょうか。多くの相愛会長さんが「誌友会が面白い、楽しい」との声を頂いております。今後ますます充実した誌友会を目指してまいります。どうぞ皆様のご意見をお寄せください。

最後に本年度の会員お一人、お一人のご活躍に感謝申し上げます。そして来る年が皆様にとって益々「光り輝く良い年」となりますよう、役員一同お祈り申し上 げます。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 躍進する伊達な 相愛会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。