私の日時計日記 平成30年1月


東松島市 大橋みな子さん

合掌 ありがとうございます。
私の人生を振り返ると生長の家に縁がなかったらきっとみ じめな人生となっていただろうと思います。小さい時は体が 弱くやせていました。風邪気味ならすぐ寝かされていました。 というのも、弟と妹を1ヵ月の間に亡くしてしまい、長女の 私は過保護にされた気がします。取り越し苦労、持ち越し苦 労の性格になっていました。 高2の時、肺浸潤になり入院 しました。その時『白鳩』誌を見せていただいたのが生長 の家との出会いでした。内容もすばらしいものでしたが一番 記憶に残り、これ以後の人生を変えた言葉。それが『白鳩』 誌の最後の頁に入会のすすめという囲み枠の中の光明思想 を生活の基本として・・・、この”光明思想”という言葉が腹の底深く入りました。そして、これからの生活をこの思いで行 こうと思ったのでした。それからの事を箇条書きにすると

  1. 高2の時の病気が速やかに治ったこと。
  2. 主人との結婚(先祖供養をしました)
  3. 会社の帰り(夜)、後から来た男の人に田園の中に自転 車ごと倒され、お金を出せといわれ2万円程渡したこと(自分なりに原因がわかりました) 犯人を恨まず、命が奪われなかったことに感謝し、「実相円満完全」と唱えたことを憶えています。
  4. 主人の運転していたタンクローリーが横転しましたが、 主人には何の後遺症もなく、人身事故もなくすみました。
  5. 希望通りの家が与えられました。(売約済が解消され、2番目の私たちにということになり買えました)
  6. 東日本大震災の時、主人と一緒にいたのでとても安心で した。(家族バラバラの方達は大変でしたものね)

小さい時弱かった私がこうして長生きできていますのも、 本当に生長の家のお陰です。主人も家の前の畑が借りられ、 楽しく野菜作りをさせていただいてます。日々感謝して、この御教えを一人でも多くの方に伝えていきます。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。