「冬季青少年一日見真会」開催!


昨年12/23(天皇誕生日) 、教化部で「冬季青少年一日見真会」 が開催されました。小学生11名、中学生1名の計12名が参加。 午前中は、齋藤貴之生教会会長より「宮城の郷土文化につい て」の講話を聞き、ミニ門松作りをしました。参加者がそれぞれ 個性豊かな作品を作っていました。 午後は天皇陛下のお話を聞き、日本と世界の素晴らしさを学び ました。保護者も参加して家族で天皇誕生日をお祝いし、とても楽しい一日見真会となりました。

【参加者感想文】

今日は、天のうへいかのことや日本やれきし、宮城のことにつ いて色々学べました。 君がよの歌の練習や意味、れきしについても学べました。 ミニのかど松を作った時は、うめの葉っぱの部分を作るのが とてもむずかしかったです。ちょっとむずかしかったけど上手にできたと思います。 今日のお昼ごはんのはっとじ るもとてもおいしかったです。 クイズもあっておもしろかっ たです。 せいめいがくえんにまた行きた いです。

(小3女子)

カテゴリー: 一日見真会, 光のおとずれ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。