光のおとずれ 編集後記 平成30年4月


光のおとずれ 編集後記 平成30年4月

★3月、4月は卒業式や入学式のシーズン。皆様のお子さん、お孫さんにも対象の方はいるのではないでしょうか。
小生も子供達の卒業式、入学式には欠かさず 出席したことを思い出します。
その時いつも気になっ たのは「君が代」の斉唱でした。式典では必ず国歌斉唱があるのですが、生徒達も先生も父兄も蚊の鳴くような声でほとんど歌わないのです。
必然小生だけの声が目立つので、いつも家内に「声が大きい! 」と注意されていました。子供達は小中高の学校教育を通して、 「君が代」を大きな声で歌う練習をすることが無いため、大人になっても歌うのが恥ずかしくて歌えないようになるのです。
しかし、そんな国は日本だけであり、 世界中のどの国の国民も大人から子供まで、自国の国歌は堂々と誇らしげに歌っています。
サッカーでも野球でも、日本チームの選手は国歌を歌わず、対戦相手の選手達が胸を張って国歌を歌っている、そんな光景を目にするたびに残念であり羨ましく感じていました。

 

★そんな中、とても感動したのが平昌五輪での羽生結弦選手でした。ご存知のように、仙台市出身の羽生選 手は、昨年11月のNHK杯で右足首を負傷し、直前まで練習ができないというプレッシャーの中、見事に金メダルを獲得しました。
アナウンサーが「異次元の滑り」と表現しましたが、まさに王者の滑りでした。 しかし、もっと感動したのはメダルセレモニーの時です。
羽生選手は掲揚される国旗に向かい、大きな声で 「君が代」を歌っていたのです。はっきりとした声で 誇らしげに歌っていました。
この姿は多くの感動を呼び、ネット上でもたくさんの書き込みがありました。「 見事に君が代を歌いきった羽生選手、ありがとう! 」「 オリンピックで聴く君が代最高だ」「平昌の一番高い所に日の丸がしかも金銀フィニッシュで2つもあがって 君が代聞けて幸せだった 」「セレモニーで君が代を熱唱してる姿に涙が止まりません」「君が代がこんなに素 晴らしい国歌だって改めて思います」等々。誰でも日本国民である以上、金メダリストがメダルセレモニー で国歌もまともに歌えない姿を見るのは、恥ずかしいし悲しいのではないでしょうか。
その意味で、平昌五輪という国際舞台で「君が代」を堂々と歌う羽生選手の姿に、小生はもちろん多くの国民が感動したのです

 

★国歌斉唱と言えば3年前のラグビーW杯を思い出し ます。 日本代表が強豪南アフリカを破る歴史的快挙を 遂げました。その試合の前に、日本代表はスクラムを 組んで「君が代」を大きな声で歌ったのです。
日本代 表は31人中10人が外国人選手でした。しかし、全 員が声を揃えて「君が代」を歌いました。主将のリーチ・ マイケル選手が、試合前の合宿中に歌詞をローマ字で 書き、英訳して歌詞の内容も理解して歌えるように練 習したのです。
その「君が代」の熱唱で、選手の心が一つになり日本代表は桜のマークを背負って戦い、見 事強豪南アフリカに勝利しました。2019年は日本でラグビーW杯が開催されます。そして、2020年には東京五輪が開催されます。
世界が注目するのはメダルの数だけではないはずです。国歌を堂々と歌える日本人選手達、卒業式や入学式でも恥ずかしがらずに 「君が代」を歌える子供達、日本もそんな当たり前のことができる国になってもらいたいと思った次第です。
5/25(金)~ 27(日) には「青年練成会」が開催され ます。青年達が神の子に目覚め、地球環境を守り、羽生選手のようにきちんと「君が代」を歌えるようになる貴重な場でもありますので、皆様のお子様、お孫様に是非お勧めください。お待ちしております。

(T)

カテゴリー: 光のおとずれ, 編集後記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。