光のおとずれ 喜び溢れる 青年会 平成30年6月


光実議長 櫻井真紀子

合掌 ありがとうございます。
日頃より青年会にご愛念をお寄せいただき誠にあり がとうございます。

さて、先月行われた喜びの真理講演会で、中学三年 生の長女が体験談発表をさせていただきました。内容は 以前発表したことに最近のことを付け加えたもので、我が家の日常をありがたいと言ってくれて、中学校最後の 吹奏楽部のコンクールを頑張りたいと宣言していました。 体験談を頼んだときは何を言えばいいの~?と悩んでい ましたが、当日はしっかり発表することができ、成長ぶ りにしみじみとしながら聞いていました。母の日の前日 に何にも変えがたいプレゼントをもらった気分でした。

6月の第3日曜日、17日は父の日ですね。贈り物はもらう人もあげる人も幸せな気持ちになりますよね。 日頃は照れ臭くて言えない(こともある?)感謝の気持ちを表現できる良い機会です!贈り物といっても物にこだわらず、手紙を書いたり肩もみをしてあげるだけでも 十分に伝わるのではないでしょうか。

ここで改めまして、日頃の感謝をお伝えできればと思います。

青年会にとってのお父さんである相愛会の皆様、いつ も寛大に青年会の活動を見守っていただきありがとうございます!

また、青年会にとってのお母さんである白鳩会の皆様、 いつも優しく青年会の活動を支えていただきありがとうございます!

今できることを精一杯頑張っていきますので、これからも青年会をどうぞよろしくお願い致します。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 喜び溢れる 青年会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。