光のおとずれ 教化部長 平成30年6月


「天地一切のものへの感謝と植樹祭」

生長の家宮城教区教化部長 松田正道

合掌 ありがとうございます。 日一日と、庭先の木々や街路樹が柔 らかな新緑の若葉を身につけ始めている今日この頃です。宮城教区会員信徒の皆様、ありがとうございます。

「杜の都」といえば、全国的にも知れわたっているのが仙台です。同じ く「森の都」として有名なのが北陸の金沢です。両方ともそれぞれ優雅 な城下町として文化が醸成されてきました。小職は郷里が金沢ですので、宮城教区に赴任が決まった時には、共通性のある素晴らしい街の愛称に何かしら着任する前から親しみを感じていました。仙台を象徴する 青葉通りは、定禅寺通りと同様にケヤキの並木道となっており、「杜の 都・仙台」の象徴となっていますね。ところが、戦争の末期、1945年(昭和20年)、アメリカ軍は大規模空襲を予告するため撒いたビラに 「仙台よい町森の町7月10日は灰の町」と印刷していたそうです。そし て予告どおり、その日に市街地は仙台空襲によって焼き尽くされたと、 石沢友隆著『7月10日は灰の町 仙台空襲と戦争中のこと』河北新報出版センター刊の記録に残っています。この空襲で市街地にあった防風林の屋敷林も同時に焼かれ、仙台は「杜の都」とはほど遠い状況になったものの、戦後の復興の槌音は高く家庭燃料の亜炭による悪臭、幅の広い 道路建設で舗装が追いつかず埃が舞い上がるなど幾多の苦難はあったようですが見事に都市計画が実施され、地域に根差した街路樹(ケヤキ) が計画的に植林されて現代に至っていることがインターネット辞書ウィキ ペディアに記されていました。

去る4月21日、「岩沼市千年希望の丘海の見える植樹祭」に、生長の家メンバーも総勢1,500名の中の一団体として参加させて頂きま した。この植樹祭主催者によると、この植樹は横浜国立大学名誉教授・ 宮脇昭先生の指導によるもので、その土地にもともとある多種類の樹種を混ぜて植樹する「混植・密植型植樹」を行い、土地の植生にあった樹木を計画的に植えていくというものです。この地区は7年前のあの惨事・東日本大震災の大津波の被害の爪痕が大きく、同じ宮城県民として共に立ち上がろうではないかとの強い思いを持ちながら、その一刻も早 い復興・復旧を願う気持ちで一本一本心を込めて植えさせて頂きました。植え終わったあとは、眼下に波静かな太平洋を一望出来る高台に登って参加者一同で心を込めて読誦した『大自然讃歌』は、私たちの心 に深く染み入る感じがしました。この植樹祭には、当日午前中に行った 「宮城教区生命学園合同入園式」を終えたばかりの幼い子供たちやその保護者、青年会学習会参加者メンバー、教区信徒有志一同、教化部職 員全員等25名の参加があり、大変に心地よい汗をかいた一日とな りました。

こうして書いていると、仙台空襲に遭って焼け野原となった仙台市街 の復興を目指した計画的植樹と、東日本大震災の大津波による大被害 の復興に計画的に取り組む植樹、時代は異なれども共に目指すものは、 私たちの平和で豊かな人間生活をしっかりと支えてくれていた大自然の恵みへの感謝の心ではなかったか、と思えてなりません。私たちの先人 達は、そのことを直感的に把握し、心に抱いて日々の生活をしてきたで あろうことに感動します。生長の家では、「神・自然・人間は本来一体 である」と教えて頂いています。人間だけの欲望を優先させて満ち足りた生活を送るのではなく、天地一切のものへの感謝の心をもって、謙虚 に生きるべき事をこの植樹祭で教えられたような気が致しました。

先日4月の末に、各組織の「全国幹部研鑽会」「全国大会」が開催され、吾が宮城県教化部は、全ての行事のサブ会場として使用して頂きました。県内はもとより、東北ブロック内各教区から多くの方々にお越 し頂き、感動の中で受講されました。その会場に一人の男性の姿があり ました。それは約一ヵ月も前からコツコツと時間をかけて、計画的に玄 関ロビーをはじめ、館内の主要箇所のフロアーマットの汚れた部分をは ぎ取って新しいものに張り替えるという気の遠くなるような作業をご奉 仕くださっていたのです。この男性は、新しく地方講師になったばかり の白鳥道雄さんです。ありがとうございました。

感謝合掌

カテゴリー: 光のおとずれ, 教化部長   パーマリンク

コメントは受け付けていません。