光のおとずれ 教化部長 平成30年7月


「ほとばしる信仰心・徹底した日時計主義」

生長の家宮城教区教化部長 松田正道

合掌 ありがとうございます。 いよいよ夏の日射しが照りつけ、アスファルトを熱し、気温の上昇が著しい今日この頃です。宮城教区会員信徒の皆様、ありがとうございます。

今月は、相愛会・白鳩会の大きな行事がそれぞれに開催されます。先般、教化部 の御神前にて厳かな雰囲気の中、「受講券奉戴式」が執り行われ、その推進活動がスタートしました。今月8日には「生長の家相愛会宮城教区大会」が、生長の家宮城県教化部を会場に開催されます。また、25日には「生長の家白鳩会女性のための 講演会」が、日立システムズホール仙台にて開催されます。現在、それぞれの行事 に向けてその最終段階の推進活動が展開されています。

さて、私たちは生長の家の行事に、生長の家の仲間や会員にそれをお勧めするのは案外たやすく苦労もなく出来るものですね。しかし、いざ生長の家を全く知らな い新しい人たちにそれをお勧めするとなるとそんなに簡単ではないと考え込む人もいるのではないでしょうか。どうすればそれらの人々が気軽に行事に参加して貰えるのか、または教化(きょうげ)できるのかということに対する分かりやすいヒントがありますのでご 紹介致します。それは仏教伝道の歴史上の草創期(紀元前4~5世紀ともいわれて いる)のあるエピソードです。

仏教は釈迦によって現在のインド北部(ガンジス中流地域)に興り、当時の時代背景の中にあって、根強く幅広く布教が進んでいきました。仏教が隆盛していくその時代に、釈迦には10人の弟子がいたとされています。その10人の弟子とは「舎利弗(し やりほつ)」 「目 連(もくれん)」「摩訶迦葉(ま かかしょう) 」「須菩提(し ゅぼだい )」「富楼那弥多羅尼子(ふ るなみたらにし )(略称: 富楼那(ふ るな ))」「摩訶迦旃延(ま かかせんねん )」 「阿那律(あ なりつ )」「優波離(う ばり )」「羅睺羅(ら ごら )」「阿難陀(あ なんだ )(略称: 阿難(あ なん))」の10人です。

これらの弟子の中の「富楼那(ふ るな )」尊者が、ある日、釈迦の前に進み出て言いまし た。「世尊(釈迦の尊称)よ、私は西方にある輸 廬那(ゆ ろな)の国に行って御教えを広めたい と思います。どうぞ行くことをお許しください」と。これを聴いた釈迦は「富楼那 よ、彼の国の人々は心が粗暴であり、お前を悪口するだろう。その時お前はどうす るのか?」 富楼那「世尊よ、その時、私はこう思います。この国の人達は皆な賢い。 その上に柔和である。何故ならこの国の人々は、まだ私を打たないから」釈迦「そ うか。富楼那よ、もし打たれた時には、どうするか?」 富楼那「世尊よ、その時、 私はこう思います。この国の人達は皆な賢い。その上に柔和である。何故ならこの国 の人々は、まだ刀をもって私を切らないから」 釈迦「そうか。もし切った時には、ど うするか?」 富楼那「世尊よ、たとえ私を切ろうとも、まだ私はこう思うことがで きます。この国の人達は皆な賢い。その上に柔和である。何故ならこの国の人々 は、まだ私を殺さないから」 釈迦「そうか。もし殺そうとした時には、どうする か?」 富楼那「世尊よ、私はこう思うでありましょう。この国の人達は皆な賢 く、その上に柔和である。何故ならこの国の人々は、醜い身の束縛から私を解き放してくれるから」 遂に釈迦は、富楼那を心の底から褒めて次のように言ったそうで す。釈迦「よいかな富楼那、お前はよく道を修めて忍にんにく辱(諸々の侮辱・迫害を忍受して恨まないこと)を学んだな。それでこそ彼の国の人々を導くことができる。 行け!」と。

こうして富楼那(ふ るな )那は、輸廬那(ゆ ろな)の国に行って、一夏即ち3ヵ月の間に、何と500人の 信仰者を得、500の精舎(寺院・修行者の居所)を建てたということです。釈迦 は、いうまでもなく大思想家であり大雄弁家であったといいます。その釈迦に学んだ 富楼那は、決して口舌を受け伝えるというだけの雄弁家ではなく、釈迦の心を受け信仰の轟きが響き渡り、真心から迸ほとばしる信仰心と、徹底した日時計主義を以て、人々に説法をした伝道師だったに違いありません。私たち生長の家の万教帰一の道を伝える者の一人として、時代は変わっても、この富楼那尊者に学ぶことは多いと思い ます。この度の二大行事(教区大会・女性のための講演会)を大盛会に導きまし ょう。そして同じく、日時計主義の真心を以て、8月3日から始まる「第347回 神性開発宮城練成会」をお勧め致しましょう。

感謝合掌

生長の家宮城教区教化部長
松田正道

カテゴリー: 光のおとずれ, 教化部長   パーマリンク

コメントは受け付けていません。