光のおとずれ 明るくはばたく 白鳩会 平成30年10月


県南第二総連合会長 渡邊テル子


合掌 ありがとうございます。
7月の西日本の豪雨や9月6日の北海道の大地震で甚大な被害が発生し、被災された方々や救出等で関係され ている皆様の苦しみが一刻も早く除かれ、心と生活が楽 になられる事をお祈りいたします。 9月27日には「大調和の神示祭」が開催されまし た。私たちも、真心を込めて写経し、奉納させて頂きました。

 

また、10月13日(土) には「自然の恵みフェスタ 2018」があります。一昨年に紹介された「自家製生 ゴミたい肥」できゅうりがどっさり収穫されたという紹 介に刺激され、わが家でもプランターでささやかですが、 野菜を育てて有機栽培の収穫ノートをつけて楽しんでい ます。今年も皆さんの見事な作品や、技能の紹介がある と思いますので、刺激を受けたり、感化されたりして「自然と人間は神において一体」という宗教心にもとづく手 作り生活の実践を楽しみたいものです。誘い合って大勢 の方に参加していただきましょう。

 

宝蔵神社盂蘭盆供養大祭に参加して

弥生支部  鈴木恭子

宇治の盂蘭盆供養大祭へ、30年ぶりに招霊祭員とし て参加して来ました。京都の夏の暑さは厳しいものと覚 悟して行きましたが、大祭期間中は涼しくて助かりまし た。宮城の参加は二日目の行事からでした。「送霊祭」 に続く「招霊祭」。次に両総裁ご臨席の中で「物故者追悼慰霊祭」。そして、三日目の「本祭」。今回の参加で、 両総裁の気品あるお姿と、神楽「浦安の舞」の素晴らし かったことが印象的でした。

カテゴリー: 光のおとずれ, 明るくはばたく 白鳩会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。