光のおとずれ 躍進する伊達な 相愛会 平成30年10月


相愛会連合会長 佐藤佳樹


合掌 ありがとうございます。
去る9月27日の〝大調和の神示祭〟では、皆様 の写経が奉安され厳かに執り行われました。8月の誌友会では、多くの皆さんが講師の聖経読誦のなか熱心に写経に取り組まれておりました。いろいろなお祭り の中でも〝大調和の神示祭〟は何か特別な雰囲気を感 じます。きっと写経に皆様の想いが込められていたからでしょう。行の持つ神秘さ、素晴らしさを感じます。

 

皆さん、13日の〝自然の恵みフェスタ2018〟 の展示作品の準備は終わりましたか?桜ヶ丘相愛会で は、絵手紙を実修いたしました。照井講師の「上手に 描こうと思わなくても良いのですよ。」の言葉に励まされ、どなたも個性的に描かれていました。Bタイプ の誌友会を実修すると、時に皆さんびっくりするよう な実力を発揮されます。まだの方はぜひご提出くださ い。絵手紙、俳句、和歌、なんでも結構ですよ。

 

さて、11月3日には、「繁栄ゼミナール」が開催 されます。これから日本は脱原発にむけてどのように行動すべきかを、鋭く3人の講師がお話し下さいます。 また生長の家の教団としての取り組み、そして私たちが今何をなすべきかを、渡辺浩行運動推進部部長がお 説き下さいます。相愛会員はぜひ参加し、今後の活動 の指針と致しましょう。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 躍進する伊達な 相愛会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。