光のおとずれ 教化部長 平成31年1月

「今年一年への感謝と、新たな出発に向けて!」

生長の家宮城教区教化部長 松田正道

合掌 ありがとうございます。
宮城教区会員・信徒・ご家族の皆様、明けましておめでとうご ざいます。皆様におかれましては、お健やかに新たなる年・平成31年(皇紀2679年・西暦2019年、そして平成元号最後の年の正月)をお迎えにな られましたことを、心よりお慶び申し上げます。この一年が皆様にとって、光 輝く充実した年となりますよう、お祈り申し上げます。

生長の家では昨年度から、隣接する二教区が共同開催するペアリングによる 「生長の家講習会」が開催されています。吾が宮城教区では隣接の山形教区と の共催で、本年6月9日に初めてペアで講習会を開催致します。当日は、生長 の家総裁・谷口雅宣先生、生長の家白鳩会総裁・谷口純子先生に直接ご指導戴 きます。現在、既に各組織からの自主目標も出揃い、受講券印刷など着々と準 備が開始され、今月20日にはいよいよ「受講券奉戴式」を 開催する運びとなりました。奉戴式では、ネット中継で山形教区と互いの推進 活動に対して「エール」を交換し、両教区の推進活動が功を奏して大盛会の講 習会となるように「生長の家大神様」にお誓い申し上げる大切な場と致したい と存じます。今年の講習会に向けて、明るく・楽しく・元気よく、推進活動を 展開して参りましょう。

さて生長の家では、毎年度「運動方針」を立てて、それぞれの組織が同じ意 図方針のもと、それぞれの組織の特色を活かして、人類光明化運動・国際平和 信仰運動、そして自然と共に伸びる運動に向かって活動を展開しています。宗教 団体としての「生長の家」が、全世界の人々の心に訴えかける努力をして、 〝今ますます危機に瀕している地球を救っていかなければならない〟という大 きな使命感をもって今年度は運動を展開して参ります。総裁先生は「2019 年 新年のご挨拶」の中で、次のように述べておられます。

この「地球」の環境をこれ以上破壊することは、今や人類を破壊に導くこと と同じ意味になっています。宗教運動は人間を救わねばならないという意見に、 私は大賛成です。だからこそ、人間が生きる唯一の場であるこの地球の自然を、 私たちは破壊から護らねばならないのです。(総裁先生 「新年のご挨拶」より 一部引用)

昭和5年に「生長の家」が立教した「人類救済」の精神が、ここに総裁先生 からお示し戴いている通り、イキイキと息づいているのです。〝新しい文明〟 の構築に向けて、私たちがいま出来ること……それは、それぞれの生活の場に 於いて「ライフスタイルの転換」を行うことです。これまでの宗教生活の中で、 「三正行」を日々実践してこられた皆様、さらに進んで〝三つの活動〟に参画 してみませんか? それは、昨年度から機会ある毎にお勧めして参りました 「SNIオーガニック菜園部」「SNI自転車部」「SNIクラフト倶楽部」の 活動です。宮城教区では昨年度、数多くの皆様のご理解を得て入部者が増えて 参りました。今年度も、その活動(ミニイベント)をさらに充実させるととも に、裾野を広げ〝新しい文明〟の構築に貢献して参りたいと考えております。

さて、前述致しました「講習会受講券奉戴式」が開催されます二十日の午後 には、本年度運動を確認し合う「運動方針徹底のための役員合同会議」が開催されます。今年度から参加対象者が若干変更になりましたの でご確認の上、数多くの皆様のご参集をお待ち申し上げております。また月末 の25日~27日には「第350回神性開発新春宮城練成会」を開催致し ます。新たな年の初めは「新春練成会」からスタート致しましょう。記念すべ き今回の練成会には、素晴らしいゲスト講師(秋田教区教化 部長・大槻健晴本部講師)をお招きすることになっています。数多くの皆様の ご参集をお待ち致しております。

皆さま、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。ありがとうございます。

感謝合掌

カテゴリー: 光のおとずれ, 教化部長   パーマリンク

コメントは受け付けていません。