光のおとずれ 真理の灯台 講師会 平成31年3月

地方講師会長 富樫幸男


合掌 ありがとうございます。
二月初旬には日本列島に今までにない記録的な大寒 気が襲来、北海道を始め氷点下20、30度という地 域が続出しました。我が家でも灯油屋さんが今度最強 の寒気がきますので、水道管が凍って破裂しないよう、 充分対処して下さいとわざわざ告げていきました。近 年は地震、猛暑、大豪雨等が日本はもとより世界各地 で発生し、地球環境が著しく損なわれどんどん悪くなっ ていることを耳にいたします。

私達一人一人が人類光明化運動・国際平和信仰運動 を進めていく中で、もっと声を大にして益々環境問題 に取り組んでいかねばと痛感させられました。 そして、三月一日は生長の家創始者である大聖師谷 口雅春先生が『生長の家』誌を創刊され立教し、以来 人類光明化運動の歴史は刻まれ続けられ今年で立教 90年となりました。宮城教区においては三月三日 ( 日) に「生長の家立教記念日祝賀式」が執り行われ ます。『生長の家』創刊号には、次のように立教の精 神が記されています。

「自分はいま生長の火をかざして人類の前に起つ。起 たざるを得なくなったのである。友よ助けよ。同志よ 吾れに投ぜよ。人類は今危機に頻している。( 中略) 自分の有つている限りの火で人類を救はねばならな い。自分の火は小さくとも人類の行くべき道を照さず にはおかないだろう。此の火は天上から天降った生長 の火である。火だ! 自分に触れよ。自分は必ず触れ る者に火を点ずる。生長の火を彼に移す。自分は今覚 悟して起ち上った。見よ! 自分の身体が燃え尽すま で、蝋燭のようにみづからを焼きつゝ人類の行くべき 道を照射する。( 以下続く)」

宮城教区は、山形教区とのペア教区として六月九日 ( 日)「生長の家講習会」を開催いたします。それこそ 私たち信徒は、この立教の精神を忘れることなく、一 人一人が新たに心に刻み「生長の家講習会」の大盛会 に向け推進活動を展開してまいりましょう。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。