光のおとずれ 喜び溢れる 青年会 平成31年3月

光明実践委員会議長 櫻井真紀子

合掌 ありがとうございます。
日頃より青年会にご愛念をお寄せいただきまして誠 にありがとうございます。

三月といえばひなまつりですね。我が家は女の子が 四人いますので、お雛様を飾らなくてもそこここに、 キャッキャと騒がしい声が…いやいや、かしましく賑 やかに過ごしております。三女が小学校に上がってか ら季節を感じる行事ごとの工作を見ていませんでした が、末娘が保育所で作るひなまつりの工作が楽しみで す。

そして今年は長女が高校受験の年ですので特に体調 管理に気を付けましたが、教化部でお会いする方々 に『絶対大丈夫!』と温かい励ましの言葉をいただき、 本当にありがたく思います。私も焦る気持ちを抑えて 娘の応援団長となり、家族全員で厳しい冬を乗り越え ようとしています。

生長の家で三月といえば、立教記念日ですね。長女 が三才くらいの頃からお世話になっていますので、志 望校合格の暁に御礼参りをすべきなのは、どこの神社 でもなく生長の家の大神様だと、ハッと気づきました。 母(私)から押し付けられた生長の家ではなく、自ら 求めたくなった時そこにあるように、子供達と学んで いきたいと思いました。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 喜び溢れる 青年会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。