平成最後の「春季小学生一泊見真会」 開催!


3/23( 土) ~ 24( 日) 教化部で平成最後となる「春季小学生 一泊見真会」が開催され、11 名の小学生が参加しました。 1 日目は、リクレーションで、初めてとなる「卓球大会」「ム スビワールド」を行いとても盛り上がりました。 2 日目は、「竹箸作り」を行いました。竹箸に絵を描いたりし て、参加者一人一人の個性が出た作品ができあがりました。み んな真剣に講話を聞いている姿を見て、「宮城の子供達は素晴ら しい!」と、改めて実感した一泊見真会となりました。ご参加く ださいました皆様、2 日間運営してくださいました皆様、あり がとうございました。

( 相澤俊弘記)

 

[ 参加者感想文]

私が、一泊見真会でいちばんいんしょうにのこったことは、 三つあります。一つは目は、一人でとまったことです。私は初 めて一人でとまったので、さいしょはちょっとだけさびしかっ たけど、なれたので大丈夫でした。二つ目は、卓球をしたこと です。私は、初めて卓球をしました。けど二セット目は2 点と りました。けど負けました。くやしかったけど楽しかったです。 三つ目は、おはし作りをしたことです。おはしを作っていると きは、大変だったけど楽しかったです。

( 小3 女子)

カテゴリー: 一泊見真会, 光のおとずれ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。