光のおとずれ 真理の灯台 講師会 令和元年8月

地方講師会長 富樫幸男


合掌 ありがとうございます。
夏・夏・夏です。この頃は日差しも強く照り汗も噴き出 す日々が続いています。八月にはお盆があり、ご先祖様に 感謝を捧げる月でもあります。今、教区を上げて宇治盂蘭盆供養大祭用の「霊牌」の推進を展開しています。我が家 でも、ご先祖様、親戚や深くお付き合いのある方々のご先 祖への報恩感謝とご供養の意味で、毎年約180柱ほどの 「霊牌供養」させて頂いています。皆さまも、是非この機 会に多くのご先祖様や縁のある方々の報恩感謝の「霊牌供 養」を致しましょう。 30数年ぶりに練成会に参加した 塩釜市の女性 J ・ T さんは、小中学生の時から親に薦めら れて青少年練成会に何度も参加していました。その後はし ばらく生長の家の活動からは離れてはいたが、御教えは自 分の中に生きていたといいます。このたび七月に念願して いた宮城練成会にやっと参加することができましたと大変 喜んでおりました。私は J ・ T さんが青少年練成会に参加 していた当時は、青年会で青少年育成指導部長を担当して いましたので、互いに面識があり、当時の話しに花が咲き ました。

 

そして思い出したことがあります。それは夏季青少年練 成会の参加促進で子供の居る家庭を訪問した時のことで す。訪問先のお母さんが「私は、子供達を青少年練成会に 参加するようにしています。何故かと言いますと、自分が 小さい時に親が同じように練成会に送り出してくれたからです。その当時はその意味がよく分かりませんでしたが、 人生を送る中において、何か問題が起きた時に御教えが幾 度となく思い出され、何度も助けられました。今感じるこ とは御教えが自分の中で生きていたのです。だから練成会 に参加させてくれた親にただただ感謝です。そのことから、 例え子供が今御教えがよく分からなくても参加させるよう にしています。将来必ず自分のためになることを体験とし て私は知っているからです。」と話してくれました。

皆さん、八月に夏季青少年一泊見真会が開催されます。 多くの青少年を見真会にお誘い致しましょう。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 真理の灯台 講師会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。