光のおとずれ 明るくはばたく 白鳩会 令和元年8月

白鳩会連合会長 髙木みち子


合掌 ありがとうございます。
令和元年六月九日「講習会」、7月20日、21日 「真理講演会」と共に推進や、運営、御参加と御尽力添 えくださいました皆様に心より感謝申し上げます。 8月は、17、18、19日、宇治別格本山にて、第 64回宝蔵神社「盂蘭盆供養大祭」が3日間にわたっ て執り行われます。

第1回の盂蘭盆供養大祭が行われたのは、昭和31年 8月でした。そのさい全国から約20万柱の霊牌が集ま り、近隣の教区から約200名の諸講師により招霊が行わ れていたようです。

霊牌を宝蔵神社にお祀りされますと霊牌を媒介とし て、本尊神霊のお導きをうけて霊界から様々な光明化の 働きをして下さるという大変重要な意義がありますの で、多くのご先祖様にまごころの供養をとおして、報恩 感謝の誠を捧げましょう。 『宇治だより』より

◎次期白鳩会連合会長の選挙も終わりまして、皆様も気 にしていられる事と思いますが、本部の承認が間もなく おりる事と思いますので、報告があり次第お伝え致しま す。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 明るくはばたく 白鳩会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。