光のおとずれ 躍進する伊達な 相愛会 令和元年8月

相愛会連合会長 佐藤佳樹

合掌 ありがとうございます。
早いもので、連合会長の任期6年の最後の月となりま した。この間会員の皆様には絶大なご支持、ご協力を頂 きましたことを心より感謝申し上げます。

6年間を顧みますと宮城教区で始まった、「同志を集 めるための祈り」「幸せを作る良き言葉」は、今や全国 の教区に広まっております。また、「相愛会学習会」は、 全国の代表ともいえる東京第二教区の相愛会でも取り入 れられ相愛会員の「真理の学習」に大いに貢献しているとの事です。そして何より大きな成果は、他の教区が多 く会員を減らす中、就任当時107名であった会員が105名と殆ど減らさずに来られたことであります。この間 30名を越す退会者が居りましたが、皆様と毎日行った 「同志を集めるための祈り」が多くの仲間を呼び寄せて きたのであります。これは、宮城教区の結束力の強さで あり、その底力を示す証明でありましょう。

7月に正副会長・対策部長会議で「講習会」の反省が 行われました。しかしこれはただの反省だけではなく、 来年度、再来年度の運動方針になりうる素晴らしい内容 でした。今後、新しい会長の元、新しい執行部によって 素晴らしい運動が展開されてまいります。会員の皆様に は、今まで同様新執行部への絶大なるご支持と、ご協力 をお願いたします。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 躍進する伊達な 相愛会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。