光のおとずれ 躍進する伊達な 相愛会 令和2年1月

相愛会連合会長 千葉 満

 

皆様あけましておめでとうございます。昨年 中は大変お世話になりました。本年も皆様にとりまして素晴らしい年となっておりますこと、 心よりお慶び申し上げます。

昨年は、台風による洪水等の被害がありましたが、天皇陛下の御即位があり、めでたい年でもありました。古えよ り、続いてきた御祭りを拝見したとき、そして多くの国民 がパレード、式典等に全国津々浦々から集まってお祝いを し、天皇、皇后両陛下が御手を振られる有様を拝見した時 には、ああ何て素晴らしい国に生まれたんだろう。現代に おいても古くから伝わるご皇室と国民のつながりという、 伝統をしっかりと感じられる年でございました。私は、暗 黒面を見ないで光明面を見る生長の家の思想が大好きであ りますが、しかし、現実の世界(現象) が、天皇陛下の願 われる世界であるか、みんな「あはは、おほほ」と喜んで いる世界であるかというと、必ずしもそうではない、地球 環境問題も大変な状況であると思っております。宮城教区 相愛会は、今まで歴代の先輩方がそのような気持ちで運動 を行って参りました。環境問題に関しての具体的な活動として、相愛会は10年間に年2回クリーンウォーキングを休 まずに行っておりまして、なんと11月24日の20回 目は中止になるかと思われましたが、雨の合間をぬってク リーンウォーキングが相愛会地区連会長会議の参加者の総意により行われました。皆さんは本当に凄いです。

今年の相愛会の運動は、今までの伝統を引き継ぎ、三正 行、周囲の方々への祝福、誌友会、練成会の連携を行って参ります。また、本年度相愛会の最大の行事である相愛会宮城教区大会は、「今!相愛会は何をなすべきか」の社会 情勢を鑑みて開催する行事としたい考えであります。それをどのようにするか2月2日の研修会にて、相愛会員の皆 んなで話し合い、確かめ合って参りたいと思っております。 教区大会に参加された新しい方が、誌友会、練成会に参加 されまして、喜んで頂けるような運動を展開して行きたい と思っております。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 躍進する伊達な 相愛会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。