光のおとずれ 喜び溢れる 青年会 令和2年1月

青年会委員長 遠藤弘昭

合掌 ありがとうございます。新年あけまして おめでとうございます。
皆様におかれましては、宮城教区青年会の活 動に多大なるご支援を頂き、感謝申し上げます。本年もど うぞ、よろしくお願いいたします。

さて、新年度になるにあたり宮城教区青年会の運動方策 を新たに作成させて頂きました。

青年会中央部ではPBSが重要な活動の一つに位置付け られており、宮城教区青年会においても力を入れていく事 になりました。

青年会では現在2名がPBSに加入しておりますが、こ れからどんどん加入者が増える事を期待します。 かく言う私も今までフェイスブックの登録がネックになっ ていたのですが、自分の拘りよりも生長の家青年会ヴィジ ョンの実現へ向けての活動が大事だと考え直し、PBSに 入部する事を決めました。また、日時計日記を用いた〝振り返り〟も注目されています。

青年会ヴィジョン実現のための〝鍵となる習慣〟として、 朝の神想観やPBSに関する実践、そして日時計日記の記 入があります。これらを習慣化することで他の行動や習慣 に影響を与え、生活の全般をより良い方向に変えていく事 が出来ます。神想観などの良い習慣を身に付けるには、日時計日記を活用するのが効果的なようです。

この実践方法については一月に行われる幹部研修会にて ご指導がありますので、しっかり習得して皆さんにお伝え 出来ればと思います。

それと共に、今年度は宮城教区青年会から青年会員の皆 様へ、日時計日記を進呈させて頂く事になりました! 是非この機会に日時計日記を始められ、素晴らしい習慣を身に付けて頂ければと思います。

そして、青年会員みんなで楽しく信仰を生活に実践し、 青年会ヴィジョン実現のために邁進して参りましょう!

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 喜び溢れる 青年会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。