私の日時計日記 令和2年2月

娘がアメリカで無事出産!
改めて日本の素晴らしさを感じた。
仙台市・佐藤佳樹さん

合掌 ありがとうございます。
昨年10 月、妻と二人で末娘の出産立ち合いのため アメリカのシンシナティーに行ってきました。アメリ カと日本とでは出産に関する考え方が大違い。出産の 次の日には退院するのが一般的だそうです。娘は無事 男子を出産し、名前はレオン雅樹 ラフォンです。事 前に男の子で、日本名はマサキにしたいと話があり、 迷わず雅春先生の「雅」を付けるようにアドバイスし ました。アメリカ、フランス、日本のパスポートを持 つこの子が、どのように育つのか楽しみです。

驚いたことが沢山ありました。なんでも大きいので す。道路も広く、車も大きい。人も大きく、太ってい ます。これは食べ物のせいでしょう。スーパーでは、 お菓子類がコメの5 キロ詰めのような袋に入ってい ます。肉なども塊で売っており、本当に安いのです。 レストランでは日本人の食欲からは考えられないよう なボリュームです。暖房も全館一日中一定の温度に保 たれています。私は、改めて日本人が今まで守ってき たつつましい生き方が本当に素晴らしいなと思いまし た。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 私の日時計日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。