光のおとずれ 教化部長 令和2年3月

「東日本大震災・9年目にして思うこと」

生長の家宮城教区教化部長 松田正道

<<注意>>

新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐために、3月度の主な教化部行事は中止とさせて頂きます。

▶日頃より人類光明化運動・国際平和信仰運動、そして自然と共に伸びる運 動実現に向けて、挺身・致心・献資の尊い功徳を積まれます宮城教区の会員・ 信徒の皆様、ありがとうございます。

▶何年経ってもこの時期、あの日のこ とがズシンと心を過 よ ぎります。9年の歳月が過ぎた今、三陸海岸沿岸や多く の地震被災地では「東日本大震災」の大きな爪痕を復旧すべく、その復興事 業が進められ、宮城県内では、当時の悲惨な状況を残す場所は殆ど無くなっ て参りました。私は今年の正月、僅かな時間をみて平成 29 年に続いて三年ぶ りに南三陸~陸前高田(奇跡の一本松周辺)の三陸海岸一帯を巡り、その復 興状況を見聞して参りました。当時とは全く様相が変わっていることに気が つきました。三年前、宮城教区教化部長として赴任した直後に伺った同地区 は、震災後6年目で、そこかしこに土砂がむき出しになっている所・鉄道線 路が大きく曲がったまま放置されている箇所・国道の脇に大きく抉えぐれた場所・ 急ピッチで進む海岸線のかさ上げ護岸工事等々、平成 23 年の震災直後の雰囲 気が多くの場所で色濃く感じられました。しかし今では、皆様も報道などでご存知の通り、見事なまでに復旧工事が進み、震災後の面影を見ることは殆 ど無くなっているようです。(場所によっては、現在も不自由な生活を強い られている所があることは否めません)

▶今回の三陸海岸見聞の旅の中で、 特に護岸工事を見て思うことがありました。あんなに防潮堤を高くして、津 波による高波を防ごうとしているのでありましょうが、地元に住む住民にと って、これまでは美しい海を見て暮らしていた日々が、高い防潮堤で遮られ て静かに打ち寄せる波の音や、岩に打ち付ける潮騒は聞こえても、美しく煌 めく波の様子を見ることが出来ない、しかもまた津波が発生したとしても、 その様子すら直接見ることが出来ないという不安感も拭いきれないのではな いでしょうか? 等々、複雑な心持ちで帰宅しました。これらの地区に住ま いされる方々、さらに「東日本大震災」で被害に遭われた全ての方々の一刻 も早い復興・復旧を心より祈念申し上げます。

▶生長の家総裁・谷口雅宣先 生は、新年のご挨拶の中で種々の災害を取り上げ、「昨年8月には九州北部 豪雨があり、続けて台風15号(Faxai) により千葉県で長期にわたる大規模停 電があり、10月には台風19号(Hagibis) による関東・長野・東北地方の大水害など昨今、日本では大きな災害が増加しつつあります」と示され、これ らの未曾有の災害は地球温暖化による異常気象であるとの前提のもと、気候 変動に対処する方策として私たちに貴重なアドバイスを提示されました。そ れは、「地球温暖化による気候変動は今、私たちの目の前で現実に、激しさを 増しながら展開しています。(中略)しかし、私たちにはまだできることが数 多く残っています。化石燃料の使用をやめること。自然破壊をやめることがで きます。都会の安易な便利さを追求するのではなく、自然をよく知り、自然 との接触を深め、自然と共存する生き方を進めることは可能です」と示され ました。私たち宇宙船地球号に乗船する一人ひとりは、総裁先生がお示しく ださっているように、一刻も早く「価値観とライフスタイルを変えて、自然と共に生きる道を選ぶ」という正しい選択を行いたいものです。

▶そのよう な選択を行っている人を紹介します。普及誌『いのちの環』№120の20頁 に掲載されている北海道深川市に住まいする木村亀太郎氏は、現在82歳。何と10年の歳月をかけて自所有の山林に3万本のクリーンラーチという環境保 全に大きな効力を発揮する北海道産のマツの新品種を植林。森を守り育てて いくパイオニアとして活躍しています。木村氏は私の前任の空知教区でご夫 婦・ご家族揃って大活躍している相愛会員です。

▶さて三月一日は、昭和5 年に生長の家が立教してより、 91 回目の立教記念の日に当たります。創始者・ 谷口雅春先生に「今起て!」との神啓が天降ったことによって、今この御教 えを学ぶ私たちはその恩恵を受けています。生長の家の生活法は、皆様もご 存知の通り「日時計主義」によって、人生の喜び・美しいこと・ありがたい こと・感動したことなどの明るい面だけを記憶し・語り・思い出す生き方で すね。これは立教以来変わらぬ生活法なのです。この日時計主義の生き方を その人生に貫き通している方に、この度の立教記念日の式典で栄えある「本 部褒賞」が授与されることになりました。今回の受賞に宮城教区から、二重 光輪賞・玉川倫子講師、布教功労賞・鈴木芳春講師、布教功労賞・髙木みち 子講師、役職者感謝状・佐藤佳樹講師が受賞の栄に輝きました。ご受賞を心 よりお慶び申し上げます。今後、益々ご健勝にてご活躍されますことをお祈 り致します。

カテゴリー: 光のおとずれ, 教化部長   パーマリンク

コメントは受け付けていません。