光のおとずれ 躍進する伊達な 相愛会 令和2年6月

相愛会連合会長 千葉 満

合掌 ありがとうございます。
皆様いかがお過ごしでしょうか? 私も含め、連休中に スティホームを行った方も多いのではと思います。毎年連休初めには、全国幹部研鑽会を受講していたのですが、今 年は六月に各自、自宅のパソコン、スマホで受講するこ とになりました。今のご時世、各教化部行事、各組織の 行事、身近な誌友会等も無くなり寂しい思いをされている 方も多いでしょう。私は皆様にお会いできなくて寂しいで す。しかし考えてみれば今しか出来ない事をやっていくの が生長の家の生き方だと思っています。今こそ三正行を味 わう時だと思います。コロナ関連のマイナス報道で現象が 気になってしまいがちですが、「禍転じて福と為す!」を 信じ、実相直視の信仰を深めるチャンス、当り前の生活の 大切さという感謝を深めるチャンスと捉えるべきと思って います。また、皆様の今後のことを考え、インターネット 等を用いた誌友会も徐々に行って参りたいと考えておりま す。

再拝

 

相愛会連合会副会長 伊藤 博

合掌 ありがとうございます。
千葉会長のもと、二期目の副会長を拝命することにな りました。どうぞよろしくお願い致します。

現在、新型コロナウイルスが蔓延しており、三月から 教化部行事がほとんど中止になり、皆さんにお会いする 機会がなく本当に寂しく思っております。

九年前の東日本大震災やその後も自然災害は相次いで おり、去年十月には台風十九号で宮城県地方にも多大な 被害がありました。

しかしながら今回の新型コロナウイルスは、ある地域 でのインフラ被害とは異なり、世界的な人的及び経済的 な長期にわたる被害であります。

しかし、我々「生長の家」を信仰する者にとって、今 が本当の意味での信仰心を問われる時期です。千葉会長 がよく言われる「我等、今、何をなすべきか」。外界に 何が起ころうとも、ぶれない、揺るぎない真の意味での 信仰心を持ちたいと思います。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 躍進する伊達な 相愛会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。