光のおとずれ 明るくはばたく 白鳩会 令和2年7月

白鳩会連合会長 佐々木トクエ


合掌 ありがとうございます。
日頃より白鳩会の運動にご尽力賜りまして、ありがと うございます。感謝申し上げます。

今の状況は対面の誌友会が中止の状態で、皆様も心待 ちになさっていることと思います。私共も誌友会開催を切に願っております。さて、白鳩会本部からは、オンラ インでの行事の積極的開催が進められており、これから の運動には、また、運動の進展のためには、インターネ ットの活用が是非とも求められると云われております。 このようなことを受けまして、白鳩会では皆様に、イン ターネット現状分析アンケートを出させていただきまし た。そのアンケートを基に、IT対策部を中心に、皆様の所を回りまして、より多くの皆様がオンラインを活用した誌友会に参加できる態勢を整えていきたいと思っております。また、インターネット環境の整っていない方々 も参加できるように検討しております。アンケートに、 ぜひご協力をよろしくお願い致します。

谷口純子先生は、次のようにご教示くださっております。

『四十六億年のいのち』( 谷口純子先生著) 237頁より
「私たち人類はこれから〝大人の生き方〟をす るということですね。これまでは、自然におねだりする ばかりの子どもっぽい生き方、「いただきます」ばかり の生き方だったのを、これからは自然に感謝して恩返しをし、さらには自然に与え返すこともして、生命の星・ 地球の本来の豊かな自然を回復していこうではありませ んか。」
(『生長の家』誌2017年5月号、20ページ)

と、 このように書かれてありまして、地球に恩返しをする生 き方―それは自然と共に生きる、自然と一体の生き方で す。」 今与えられている一日一日を大切に、報恩感謝 の生活を送りたいと思います。

感謝合掌

カテゴリー: 光のおとずれ, 明るくはばたく 白鳩会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。