第56回 「宝蔵神社盂蘭盆供養大祭」に参加して


  • 2,000名以上の方々がご焼香を 泉総連 佐々木トクエさん
    合掌ありがとうございます。
    この度第 56回宝蔵神社盂蘭盆供養大祭に参加させて頂きました。ありがとうございます。今年は230万余りの霊牌を全国からの招霊祭員の方々と共に心をこめて招霊させて頂きました。初めての参加でしたので今までこのように多くの方々に長い時間、暑い中、丁重に招霊して頂きご供養をして頂いていたことを知りとても感謝致しました。「東日本大震災物故者追悼慰霊祭」におきましては、2000名以上の方々がご焼香、聖経読誦をして下さり、宇宙に救いの霊波が遍満して、亡くなられた全ての方々が救われましたことを知り、とても安堵致しました。 この度の震災は戦後日本の歪んだ発展、自然に対する傲慢さが生んだことと谷口雅宣先生もおっしゃっております。今、生かされている私たちは亡くなられました皆様方に感謝し、自然と共に生き、自然と調和した生き方が切に求められているのだと思わせて頂きました。 再拝
  • 涙の聖経読誦 石巻総連 阿部弘子さん
    合掌ありがとうございます。
    この度、招霊祭員として参加させて頂きました事心より感謝申し上げます。「東日本大震災」より早 5ヶ月が経ちました。日が経つにつれ、私達は生長の家の御教えにふれている者として、事あるごとに谷口雅宣総裁先生の祈り、お言葉が胸に響きます。さて、宇治では招霊祭が終了した後、招霊祭員を上回る程の方々がお集まりになり、両先生がお出ましになり「東日本大震災物故者追悼慰霊祭」を宝蔵神社大拝殿で執り行われました。皆様の御愛念が只々ありがたく、感謝で招霊祭員の白鳩会副会長共々涙の聖経読誦の追悼式でした。式典の最後に、生長の家総裁谷口雅宣先生は、何時になく長いお時間で御講話を賜りました。私達はこれから今迄以上に真理を実践し、自然との調和を生きる他はない事を改めて胸に刻み、宇治の聖地に安置された御霊の方々が喜ばれている事だと思え安堵感に満たされました。講習会に向けて、数ヶ月ですがこの与えられた使命を皆で支え合い心一つに励んで参りたいと思います。 再拝
カテゴリー: 宮城県教化部   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL:
http://www.sni-miyagi.or.jp/wp/wp-trackback.php?p=1792