光のおとずれ 明るくはばたく 白鳩会 令和2年8月

白鳩会連合会長 佐々木トクエ


合掌 ありがとうございます。
白鳩会運動に真心のこもりましたご尽力をいただき、 ありがとうございます。

皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。生 長の家も今までになかった事が起こっており皆様ともな かなかお会いできず寂しく思っております。

月日が立つのは早いものでもうすぐお盆ですね。今年 は盂蘭盆供養大祭は中止となりましたが、宇治での霊牌供養は行われます。( 宇治の方や近隣の教区の方々のご 協力で、お一人お一人の霊牌を招霊され手厚く供養して くださるそうです。)『人生を支配する先祖供養』、はし がきの五頁にこのように書かれております。

「( 霊魂が) 〝真理を悟る〟というのは、『人間の実相』は本来〝如来 〟であり、〝神の子〟であるという真理を述べた経典を 現実界の縁者から読誦して貰い(これを聖経供養と謂う) その真理の霊波を霊界で感受して、人間本來〝如来〟で あり〝神の子〟であり、本來〝無罪〟の実相をその霊魂 が自覚して、悪業存在の世界から解脱して〝如来〟の実 相地に超入することである。この〝如来地〟( 如来の境 地) に入ることを成仏するというのである。祖先及び縁 者の霊魂を成仏させてあげるのが、現実界の子孫及び縁者の義務でもあり、それはまた自分自身に報いられて来 て家族ぜんたいの健康ともなり、繁栄ともなるのである。 」

とあります。

報恩感謝の気持ちでご供養をさせていた だきたいと思います。皆様からの霊牌をお待ちしており ます。 すべての人々が神・自然・人間の大調和に目覚 め、倫理的な生活者となり、神様のみ心のままにすべて の人々に平安な倫理的な日々が与えられましたこと、あ りがとうございます。

感謝拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 明るくはばたく 白鳩会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。