光のおとずれ 喜び溢れる 青年会 令和2年8月

青年会委員長 遠藤弘昭


合掌 ありがとうございます。
令和二年七月豪雨により亡くなられた方々のご冥福と共 に、自然との大調和のうちに復興が進められます事を祈念 いたします。

さて、皆さんは急設スタジオのオンデマンド配信はご覧 になりましたか? この文章がお手元に届く頃には、もう 配信は終了しているかも知れませんね。もしお見逃しの場 合は、青年会事務局までご連絡ください。配信が収録され たDVD をお送り致します。私は急設スタジオの他の動画 も拝聴させて頂いておりますが、印象に残っているシーン があります。それは、総裁先生ご夫妻がクラフトや自転車、 収穫から調理まで、ご自分で実践されているお姿でした。 両先生が身をもって、〝今〟やるべき事をお説き下さって いるのだと思いました。

今回のコロナの混乱は、私たちが旧い文明、旧い生活様 式から、自然と調和した「新たな文明」への転換に向けた 大きな後押しだと思うんです。そのために〝今〟私たちが 出来ること、〝今だからこそ〟出来ることはなんでしょう か? それは、一人一人が自然と調和した暮らしを実践す ることだと思います。あるいは、その取り組みを発信して 行く事が必要ではないでしょうか。コロナが終息した後、 旧態依然の社会に戻るのではなく、自然と調和した「新た な文明」へと進むために。

私たちに〝今〟できるコト。

  1. あなたが〝今だからこそ〟出来る取り組みは何ですか?
  2. どんな取り組みをやってみたいですか?

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 喜び溢れる 青年会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。