光のおとずれ 教化部長 令和2年9月

「コロナ禍を考える」

生長の家宮城教区教化部長 松田正道


▶常日頃より人類光明化運動・国際平和信仰運動、そして自然と共に伸びる 運動実現に向けて、挺身・致心・献資の尊い功徳を積まれます宮城教区の会員・信徒の皆様、ありがとうございます。

▶今年は、例年になく梅雨明けが 遅かったようです。しかも梅雨末期には、山形県内を流れる「最上川」が氾濫するという、想像も出来ない事態が起こりました。被災された信徒の方もおられます。被害に遭われた全ての方々に、心よりお見舞い申し上げますとともに、一刻も早い復興・復旧と、その実相顕現をお祈り申し上げます。その梅雨が明けたと同時に、連日の猛暑。ここまで気象が著しく変化するものかと、驚きの日々を過ごしております。

▶さて先般7月19日に、生長の家総本山からのZoom(ズーム) というテレビ会議システムによる生中継で、目等泰夫・生長の家総本山総務の記念講話を開催致しました。これは大変な盛り上がりを見せ、宮城教区・山形教区等からの総参加者数は、95名を数えま した。インターネットの特性で、教区内のみならず他教区へも噂うわさが噂を呼び、 宇治や山口県・北海道からも参加者があり異口同音に「居ながらにして素晴 らしいご講話を拝聴できて感動です」「もう心は総本山でした」といった反響が多数ありました。この熱い感動を抱いて、今年はコロナ禍で参加が不可能となりましたが、是非とも来年の「団体参拝練成会」には総本山に馳せ参 じましょう。早いかもしれませんが、今から心の準備をお願い致します。

▶「新型コロナウイルス感染症」は、日本国内に於いてその第二波とも言われる状 況が見られます。皆様もご記憶に新しいと存じますが、7月末まで国内で唯 一感染者が出ていなかったのが東北の岩手県でした。東北地方は、全体的に 郷土に伝わる民話や伝説、数多くの祈りや芸能等、日本民族の心のふるさと のような素朴な雰囲気を小職は抱いてきました。その中の一つ、岩手県の「三 ツ石神社」に伝わる伝説は興味を注がれます。

・・名須川町の東顕寺の裏に、 注 連 縄しめなわが張られた3個の苔むした大石があります。いつの頃からか「三ツ石 様」と呼ばれ人々の信仰を集めていました。その頃、盛岡城下には羅刹らせつとい う鬼がいて、その悪行に苦しめられていた人々が、この三ツ石神社に祈願したところ見事鬼は退治されたといいます。その時、二度と悪さをしない、 もうここには来ないという証として、鬼に手形を押させたのがこの三ツ石で あり、「岩手」の地名伝説になったといわれています。(三ツ石神社HPより)

▶ここに登場する鬼というのは、人間智ではどうにもならない自然災害など も含めた災い・疫病等を象徴的に表現したある種の「怖い存在」だったと思 われます。「桃太郎伝説」「一寸法師物語」にも、同様に鬼が出てきます。

▶ さてその昔、その怖い対象が何であったかは今となれば知ることは出来ませ んが、地震災害、気候変動・自然の猛威による災害や、農作物の不作、そして今年猛威を振るっている「新型コロナウイルス感染症」などの原因不明の 疫病等々、当時の人々も恐怖の思いを以て経験したのではないでしょうか。 また、相撲力士が踏む「四股しこ」は、このような邪気(病気などを起こす悪い気) を祓い浄めるために大地を踏みしめる姿だといわれています。そもそも「四股しこ」は「醜鬼しこ」「醜足しこ」に通ずるという説もあるようです。これら邪悪なものを退散させるために吾等の先人達は、種々の工夫を凝らして民話や伝説を語り継ぎ、文化や芸能をはぐくんできたものと思われます。このような伝統があったことと、岩手県での今回の感染者がゼロを続けてきたことと、全く因果関係がないとは決して云えないのではないかと思う次第です。私たちは、 過去の歴史的教訓の中から学び、後世に伝えていかなければなりませんね。

▶今夏は仙台の「七夕祭り」も、山形の「花笠まつり」も、岩手の「さんさ 踊り」も、東北の全ての民俗芸能と言われる「お祭り」が、コロナ禍で中止 となりましたが、だからこそこれらに打ち勝つ新たな強い思いが培われてい くことが予感されます。それは、私たちの深い信仰心が醸成されることだと 思います。

▶さて今月は、『大調和の神示』が天降った月であります。宮城教区では、その9月 27 日に向けて素晴らしい御教えを生活に活かせることに 報恩感謝の思いを新たに、各誌友会場や、ご自宅で心を込めて『大調和の神 示』を写経しています。今年は、初めて「テレビ会議システム」を活用して 「大調和の神示祭」を中継致します。当紙表紙をご参照の上、ご参列ください。 でも一日も早くコロナ禍が収束し、皆様とお会いしたいと思います。残暑の時候ですが、真夏のような暑さが続いています。どうぞご自愛ください。

感謝合掌

カテゴリー: 光のおとずれ, 教化部長   パーマリンク

コメントは受け付けていません。