光のおとずれ 明るくはばたく 白鳩会 令和2年9月

白鳩会連合会長 佐々木トクエ


合掌 ありがとうございます。
日頃より生長の家白鳩会の運動にご尽力いただき、あ りがとうございます。コロナウイルスで、また豪雨災害 でお亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈りい たします。神様の御心にままにコロナウイルス感染症が終息し、被災されました方々の一刻も早い復興と実相顕現を祈念致します。

皆さまお元気ですか。状況が刻々変 わり、本部行事もたびたび変更がありまして、皆様に行き届いていませんことをお詫びもうしあげます。

4月末に発刊されました(谷口雅宣先生監修)『〝新し い文明〟を築こう』上巻のご文章p142~148から 抜粋させていただきました。

現在日本では、いろいろ良いことを言う人は沢山いる のであります。…みんな「生長の家」と「同じこと」を 言っているようであったというお話もありましたが、そ れで「生長の家」が知られているかというと、知られていないのですね。…その中心点の肝腎なところが開かれ てこないと、本当に「開かれた」ことにはならない。昔は「名前を隠しておかないと公民館が借りられない」と かいっていたけれども、今はそういう時代ではないのです。…そして、現在、最も大切にすべきことは、先ほども言いましたように「生長の家が神様の世界のことを言 っているのである」…このことを幹部一同が本当に心か ら認識して運動していただきたいのです。…人間の本当 の幸せというのは「神様がすべてのすべてである」とい うことを知ることなのです。…一番大切なことは、生長の家が、まず「神様の世界の運動」であり、そのこと を「生長の家」という言葉がはっきり表わしているということを、我々一同がさらに一層、魂の奥底深く認識して運動していくことであると思うのです。 正しい運動 は…、ありとしあらゆるものの実相の秩序が打ち立てら れていくというふうに考える次第であります。今後の運 動を…、明るく正々堂々たるものにしていただきたいと切実に思うのであります。

と書かれております。皆様と共に開かれた生長の家の 運動をしてまいりたいと思います。暑さももう少し続くかと思いますが、くれぐれもお体ご自愛くださいませ。

感謝拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 明るくはばたく 白鳩会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。