光のおとずれ 教化部長 令和2年10月

「コロナ時代をこうして生き抜く」①

生長の家宮城教区教化部長 松田正道


▶ 常日頃より人類光明化運動・国際平和信仰運動、そして自然と共に伸びる運動実現に向けて、挺身・致心・献資の尊い功徳を積まれます宮城教区の会員・信徒の皆様、ありがとうございます。

▶ つい先日まで「この暑さはいつ まで続くの?」と思うほど連日の暑さでしたが、このところ急に朝晩の冷え込みが著しく、草むらから聞こえる秋の虫の音が季節感を感じさせてくれま す。

▶ さて今年2月頃より全世界を震撼させている「新型コロナウイルス感 染症」は、未だに収束の兆しは見えていません。この災禍にただ呆然として いるのでは、あまりに進歩のない生活だと思いませんか。現在、宮城教区・ 山形教区では、教化部で大勢の人を集めての教化活動(練成会・見真会・研修会・勉強会・学習会等)が開催できない状況にあります。一時期、感染者 が少なくなり、もうそろそろいいのかなと思いながら開催に踏み切った行事 もありましたが、やはり世の中の情勢に鑑みて、多くの人々の生命を守るた めに慎重な対応を心がけています。

▶ ところで今月号では、このコロナ禍を乗り切るために前向きに生活している方々をご紹介致します。これらの方々に共通しているのは、「インターネット」です。先ずはじめに、宮城教区で ご高齢(とは云っても若さに満ちあふれている 80歳代)になっても意欲的にインターネット環境を整えられ、実用化されている方がおられます。その中のおひとり、辺見民子さん。色々と地元でのお世話をしている阿部薫職員が 「お昼の神想観やミニ講話にインターネットで参加しませんか」と勧めたのをきっかけに、以前からご自身が勉強のために使っていたパソコン(PC) を再び活用して、白鳥さん等の力も借りてZoom(ズーム) に繋がるように なり、連日のようにネットフォーラムに参加されています。また菊地糸子さんは、インターネットもオンラインも全く分からない状態の中、阿部職員や 白鳥さんの応援もあって、遂に新しいPCを購入し、Wi-Fi 環境まで整える準備が完了。阿部職員は、休館日を利用して菊地さんのご自宅まで行き、電源の入れ方から始まり、キーの操作手順・緊急時の対応・サイトからの退出法・ 電源の切り方などを、丁寧に図解入りで書いた手書きのマニュアルを示しな がら説明。翌日は、見事にネットで神想観にも参加され、少々ハプニングも ありましたが無事克服され、その後連日ご参加頂いています。

▶ また山形 教区では、酒田市に住まいする山形教区白鳩会連合会副会長の船野としみさ ん。教化部までは遠路でもあり、お仕事の関係もあって普段からも教化部に 出向くことが難しく、酒田道場でのZoom による参加が可能な状態でした。 そのような中での今回のコロナ禍。益々真理から遠ざかっていくことが不安 ・・・・この情報を聞いていた北﨑事務局長は、数回に亘って現地に足を伸ばし(往復5時間)、インターネットの素晴らしさを諄々と説き、ご本人もいろんな方の喜びの発信を見て納得されてガラケーをスマートフォンに切り換える決断をされたとのことです。そして遂に9月 24 日、ご自宅にWi-Fi 環境の整備が完了したそうです。これからは、昼の〝神想観の集い”や、誌友会・各種会議や講師研修会にも参加できると、大変に喜ばれています。山形教区には船野さんのほかにも、普段の生活には全くといっていいほどインターネッ トなど必要としていなかったけれども、このコロナ禍では手も足も出ないことから、しかも総裁先生の「急設スタジオ」を視聴したり、お昼の神想観や ミニ講話を聞いて、もっと信仰を深めたいと意欲的にオンラインに挑戦する方が続出しています。竹岡幸三さん、鈴木和子さん、粕屋昭子さん、緒方由美さん、遠藤久美さん、若木京子さん、本間和吉さん・容子さんご夫妻等々の方がいらっしゃいます。これらの方々は、次月号にご紹介致します。さらにこれからやってみたいと思っておられる方もあり、今後が楽しみですね。

▶ このように、今やインターネットは年齢を超え、信仰には欠かせない一つ の道具(ツール)になってきましたね。果敢に挑戦されている皆様に拍手をお送りします。(拍手)

▶ さて8・9月号の当紙3頁に、宮城教区の「地方講師・ 光明実践委員研修会」の過去の収録ビデオを、QRコードを使って視聴でき る便利な機能をご紹介致しました。その後、慎重に検討を重ねた結果、地方講師の方々の個人のプライバシーを守る見地から、過去の講話収録映像は教化部長の講話のみとすることを機関決定致しましたので、ご了承頂きたく存じます。尚、当QRコードは当紙(3頁)の通りです。今後は積極的にネッ トフォーラム(研修版)に力を入れて行きたいと存じます。皆様のご理解・ ご協力をお願い致します。ありがとうございます。

感謝合掌

カテゴリー: 光のおとずれ, 教化部長   パーマリンク

コメントは受け付けていません。