光のおとずれ 躍進する伊達な 相愛会 令和2年12月

相愛会連合会長 千葉 満

合掌 ありがとうございます。
皆さま方には日頃相愛会運動に邁進して下さいましてあ りがとうございます。誠に感謝申し上げます。今年も早い もので12月を迎えております。今年はコロナの影響もあ り、予定していた各行事の中止、または縮小を余儀なくさ れました。今年の相愛会運動方策に誌友会、練成会、教区大会をリンクした運動を掲げておりましたが、誌友会の開催は、皆さまのご協力で何とか復活し、練成会、教区大会に関しては開催できる状況ではありませんでした。しかし 10月25日に教区大会のテーマを復活させ山形教区と共 同で「みんなが幸せになれる見真会」をオンラインにて開催出来たこと、そして「大隈賢治本部講師のお話が素晴らしかった」「本部練成道場の雰囲気を久々に感じられた。」 「親孝行の大切さを初め、とても基本的な信仰の大切さを学ばさせて頂いた」等々参加して下さった方々に喜びの声を頂けたことはとても嬉しいことでした。参加して下さっ た方々本当にありがとうございました。また6月の大祓い、 8月の霊牌がこのような状況にも関わらず前年より多かっ たことも凄いと思いました。この状況下の中、皆さまの思いを感じました。

今年は当たり前にできる運動が本当にありがたいこと、 特に誌友会が復活した時は生長の家の原点に帰った運動の大切さを感じました。来年度は今年の反省を生かし皆さま方に喜んで頂けるような、皆さまの意見に耳を傾け運動を考えて参りたいと思います。最後に12月6日(日)の大先祖供養祭に参加され、ご先祖様に感謝の気持ちをもって、 さらに大晦大祓で身を清められて素晴らしい新年を迎えて 参りましょう。それでは皆さま今年一年ありがとうござい ました。心から感謝申し上げます。

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 躍進する伊達な 相愛会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。