光のおとずれ 教化部長 令和3年1月

「新春を寿ぎ お慶びを申し上げます」

生長の家宮城教区教化部長 松田正道


合掌 ありがとうございます。
宮城教区会員・信徒・ご家族の皆様、明けましておめでとうございます。
皆様 におかれましては、お健やかに新しい年 令和三年 辛丑歳かのとうしとし(皇紀2681年・西暦2021年)の新春をお迎えになられましたことを寿ぎ、心よりお慶び申し上げます。 この一年が皆様にとって、充実した佳き年となりますよう、衷心よりお祈り申し上 げます。

▶今年は生長の家総裁・谷口雅宣先生、白鳩会総裁・谷口純子先生に、直接ご指導 賜ります「生長の家講習会」が 11 月 14 日に開催されます。現在、会場の選定・目標数の設定等の準備を着々と進めております。現今のコロナ禍の状況もよく見極めながら、その日に向かって明るく・楽しく・元気よく推進活動を展開して参りたく存 じます。

▶さてそのコロナ禍ですが、昨年わが国をはじめ全世界は、「新型コロナウ イルス感染症」の感染拡大によって日常の生活・経済・教育・産業・医療等々、あ らゆる分野での秩序が混乱したことを目の当たりにしました。それどころか、自分自身が、また家族がいつ感染するかもしれないという不安が、人類の心に日常つきまとっていることは否めません。そして新しい年を迎えたのです。

▶私たちが教えを求め実践する「生長の家」も、この煽あおりを受けておりますが、いち早くその伝道 体制をネット環境活用に切り換え、今日に至っております。まだまだ不慣れな点も多々ありますが、信徒の皆様方にも状況をご理解頂いて、ネット環境を整えて頂く とか、操作に慣れて頂ければと念願致しております。何はともあれ、この感染症の 一刻も早い収束を祈念するばかりです。

▶この感染症が何故にしてここまで蔓延し てしまったのでしょうか? 生長の家総裁・谷口雅宣先生は「新年のご挨拶」の中で、 この感染症の原因(自然界の小動物の体内に潜んでいたウイルスが人間の生活圏に取り込まれている事実)に言及され、次の通りお示しくださっています。

▶これらの事実は何を教えているのでしょう? それは、人間は自然界の一部だということです。哺乳動物としての人間は、他の哺乳動物とそれほど変わらないのです。また、 自然界は人間のためだけにあるのではないということです。にもかかわらず、人間 が自然界を破壊しながら本来、近づくべきでない領域にまで欲望の手を伸ばし、その一部を自己目的のためだけに改変したり、利用する行為を続けていれば、自然界のこれまでの秩序は崩れ、その秩序によって保障されていた私たち人類の生活も破壊されるのです。この因果関係は、現下喫緊の問題である地球温暖化と全く同じだ と言わねばなりません。 つまり、新型コロナウイルス感染症も地球温暖化も、天 罰や神罰ではなく、私たち人類のこれまでの考えと行動によって引き起こされたものなのです。仏教では、こういうことを「自業自得」と表現します。 この仏教用語は、近代以降の人類の足跡を痛烈に批判していますが、その反面、私たちに問題 解決の道を示してくれています。なぜなら、「自業自得」とは、人間が起こした誤りは、人間によって正せるという意味だからです。私たちが自然界の過度の破壊をやめ、 自然が本来の活力を取り戻すように私たちの生き方を変えれば、人類はこの自業自得から脱却できるでしょう。

▶この「自業自得」という言葉は、『広辞苑』によると、 自らつくった善悪の業の報いを受けること、とあります。人間が、「自分たち人類さえ良ければいい」というような他を省みない欲望追求の道を歩んできたことが、極端な云い方をすれば、人類生存の危機・地球存続の未曾有の危機に直面しているわけです。総裁先生はご挨拶の最後に・・・もし私たちが創造者としての神を信ずるな ら、これ以上、自然破壊を続けることはできません。なぜなら、神は人間を創造さ れただけでなく、自然界全体を創造されたのですから、私たちは神の創造を自己目的のために破壊することはできません。

▶このように私たちに信仰の大切さをお教 えくださり、ライフスタイル(生活様式)の変革を強く促されています。この一年 が、私たち信徒にとってこの感染症の一刻も早い収束を祈るのみならず、自らの生活を見直し、真の信仰者たるに恥じない生活を送る、つまり信仰を生活に顕す一年 としようではありませんか。

▶この信仰を生活に顕すことを誰よりも実践しておら れる方々が、地方講師・光明実践委員の皆様です。これらの方々は、国際本部が実施する試験に合格され、日々喜びを以て伝道にあたってくださっています。その講師・ 光実になる前の段階に「伝道員」という制度があります。吾が教区では、今年をス タート元年として、これから本格的に伝道員の養成に力を入れて参ります。そして信仰の原点を基本からやさしく見つめ直し、信徒一丸となって教区の大発展を目指して参ります。先ずは第一回目の「伝道員研修会」を、1月 23 日にネットフォーラ ムでの開催を予定しております。(詳細は組織事務局へ)

▶皆様、本年もどうぞ宜し くお願い申し上げます。ありがとうございます。

感謝合掌

カテゴリー: 光のおとずれ, 教化部長   パーマリンク

コメントは受け付けていません。