光のおとずれ 喜び溢れる 青年会 令和3年1月

青年会委員長 遠藤弘昭


合掌 ありがとうございます。新年あけまして おめでとうございます。
皆様におかれましては、宮城教区青年会の活動にご理解、 ご協力を頂き、感謝申し上げます。本年もどうぞ、よろし くお願いいたします。

宮城教区青年会では、四無量心を行ずる神想観と「新型 コロナウィルス感染症」終息への祈りの実修を現在も続け ております。

なぜ私たちは祈り続けるのか━━
それは自分が感染しないためでも、家族を守るためでもありません。世界中の人々の苦しみが除かれ、楽が与えら れ、幸福であってほしいとの想いを込めて、日々お祈りをさせて頂いております。その祝福の念波が神様と波長が合い、結果的に私たちは護られているのだと感じます。私た ちが祈るということは、小さなことかも知れません。しか し、祈りという行動(心)を一つ起こすことが、人類や生物のみならず、地球環境を構成するすべてのものも含んだ 〝地球社会〟に貢献する一歩に繋がると考えます。

参加方法は簡単です。宮城教区青年会のLINEグループ 内でLINE 通話が始まりましたら、画面右上の〝参加〟を タップして頂きます。通話画面に変わりましたら、画面左下のマイクのマークをタップして頂き、ミュートの状態にして準備完了です! あとは先導者の指示に従って実修してください。参加者に発言は求めませんので、お気軽にご参加ください。また、お祈りを実修しての感想も募集しま す。ぜひ皆様のお声をお聞かせください!

再拝

カテゴリー: 光のおとずれ, 喜び溢れる 青年会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。