光のおとずれ 編集後記 令和3年2月

光のおとずれ 編集後記

★今年の冬は寒波の襲来で大雪が降り、昨年は関越道 で1,000 台の車が立ち往生し自衛隊まで駆り出され たとの報道もありました。そんな寒い冬の温かい話で す。

今年はコロナの影響で教化部の仕事始めが1/ 8 となりましたが、前日からの寒波襲来で教化部の駐車 場も雪かきをしなければならないと思いながらの出勤 でした。しかし、着いたら何と雪がありませんでした。 既に0職員が雪かきを済ませてくれていたのです。し かも、国旗掲揚のことも考えて屋上の雪かきもしてく れていました。後でわかったことですが、雪が凍ると 雪かきができなくなると1/ 6の雪が降った日に、休 みにも関わらずわざわざ教化部に来て雪かきをしてく れたそうです。本人曰く、1/ 6の『日めくり』を見 たら「今が時なり、躊躇すべからず」と書かれていた ので、躊躇せずに朝6時に教化部に来て駐車場の雪かきをしたとのことでした。1/ 12も朝から雪が降り、 仙台バイパスもノロノロ運転で教化部に付いたのが8 時40分頃でした。何と今回も駐車場では0職員が黙々と雪かきをしており、見ると頭から湯気が出てました。 相当前からやっていたのが一目でわかりましたが、聞 くと午前6時から始めて5回目の除雪作業とのこと。 早速私と教化部長も手伝い3人で雪かきをしましたが、 誰に知られるでもなく朝6時の暗い内から教化部に来 て、黙々と雪かきをしてくれる0職員。0職員の姿は まるで菩薩様でした。この尊い姿を雪と一緒に消してはならないと思い紹介させて頂いた次第です。

★2/ 11は「建国記念の日」です。今年でわが国は 建国2681年を迎えます。もちろん建国年数では世界最古の国です。しかし、日本が凄いのはただ長いと いうことだけではありません。日本を建国した初代神武天皇以来、現在の今上天皇まで126代、途切れる ことなく天皇の御位(皇位) が続いていることであり、 しかも「男系(父方の血筋)」によって続いてきたとい うことです。つまり、126代の天皇の父方を遡ると その血統は神武天皇に繋がるということなのです。歴史上は確かに8人10代の女性天皇がいらっしゃいま した。お2方(35 代皇極天皇、46 代孝謙天皇) は2度天皇になられています。しかし、この8人10代の 女性天皇はいずれも「男系」の天皇です。もしこの女性天皇が民間の男性とご結婚され、そのお子様が天皇 になられた場合は、母方が皇室の血を引く「女系天皇 」となり、神武天皇の皇統は断絶し日本は民間の男性の血統の国となる。つまり神武建国の日本は無くなる ということです。そのため、8人10代の女性天皇は いずれも未亡人か生涯独身を通されました。次の天皇 に繋ぐための中継ぎとして「万世一系」を護持してき たのです。神武建国の皇統は、このようにして守られ てきたからこそ続いてきました。男性皇族の減少から 女性天皇、女系天皇を容認する声が出ていますが、戦後GHQによって皇籍離脱させられた、現皇室と親戚関係にある旧宮家の若い男性が実は8人もいらっしゃ るのです。日本国民として「女系天皇」ではなく「神武建国」の皇統を守っていく、そのことを確認する日が「建国記念の日」であると思った次第です。( T )

カテゴリー: 光のおとずれ, 編集後記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。