「盂蘭盆供養祭霊牌奉送祭・先祖供養祭」 で11,432柱の霊牌が供養される!

8 / 7 (土)、教化部で「盂蘭盆供養祭霊牌奉送祭・先祖供養祭」が開催されました。今年もコロナの影響で宇治の「盂蘭盆供養大祭」は中止となりましたが、「霊牌合祀祭」は実施され るため、教化部には1 1 , 4 3 2 柱の霊牌が届きました。

当日、教化部では神官と関係者のみで御祭りを実施しまし たが、ネットでは1 9 名の方が参加してくださいました。御祭りでは15名の招霊祭員が、一万柱を越える霊牌を一柱一柱 真心込めて招霊させて頂き、祭壇へ奉安の後、参列者全員で 聖経『甘露の法雨』を読誦し供養させて頂きました。

最後に、祭司より「これより愈々宇治別格本山に迎はんと す。庶幾(こいねがわ)くは霊地に招(むか)いて、大神のみたまさきはへを受け霊界に於て愈々高きみ位につき給はんこ とを希(こひねが)ふ。オー」との送霊の辞が誦げられ、御霊様達を無事宇治別格本山の盂蘭盆供養祭にお送りすることが できました。

カテゴリー: 光のおとずれ, 大先祖供養祭, 宮城県教化部   パーマリンク

コメントは受け付けていません。