光のおとずれ 希望の泉 生教会 令和4年1月


生教会会長 齋藤貴之

合掌ありがとうございます。
明けま しておめでとうございます。
本年も 宮城教区生教会どうぞ宜しくお願い致します。
新年ですので真理の言葉を見てまいります。

『聖経続真理の吟唱』55頁
「新たに霊的に生まれるための祈り」

『(前略)〝今〟が時なのである。機会は毎日の 中にあるのである。〝明日からやろう〟〝一週間後から始めよう〟〝来年の正月から生まれ変わろう〟などと実行を次にのばしているような事では、 永遠に、あなた自身の〝心〟を改善することが出来ず、過去の惰力に押し流されて、過去の低い状態の生活を惰力で繰り返しているに過ぎなくなるのである。 〝今〟が生まれ変わりの時なのである。毎日毎日があなたの人生の元旦でなければならないので ある。朝目が覚めたら、その時を一年の元旦のように思うがよろしい。そしてすべての人々に「お目出とう。好い年が明けまして有りがとうござい ます」と挨拶し得るほどに〝新生の気分〟になっ ていなければならないのである。 われわれが過去の沈滞せる不透明な消極的な生活から脱出して生々発展の活気に満ちた生活に生まれ変わるためには、何よりも自己の人間観が生まれ変わらなければならないのである。(後略)』

一昨年より続く「過去の沈滞せる不透明な消極的な生活(コロナ)」を今年は脱却し、感染状況を 見極めながら対面式の活動を実施できるよう頑張って参ります。

再拝

カテゴリー: R04_01, 光のおとずれ, 希望の泉 生教会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。