12月5日「喜び の大先祖供養祭 ネットフォーラム」 が開催されました



12月5日(日)、令和3年度最後の「喜びの大先祖供養祭ネットフォーラム」が、教化部で開催されました。今年もコロナの影響で教化部には神官と招霊祭員12名、運営担当者のみの参加でしたが、Z o o m での参加者を含めると宮城教区は63名、山形教区は19名が参加、総数82名となりました。

午前中は松田教化部長より、「喜びの先祖供養―ご先祖様とともに浄らかな心で新年を」とのテーマで、ご先祖供養の意義と大切さについてお話し頂きました。特に、信徒の方からの質問について具体的にお答えくださり、ご先祖供養の理解を深めることができました。

その後、神官と12名の招霊祭員によって約6,000柱の霊牌が招霊され、ネットでの参加者により心を込めて聖経『甘露の法雨』が読誦され、恙なく大先祖供養祭が終了しました。今回招霊された約6,000柱のご先祖様、宮城教区の光明化運動にご尽力頂いた布教功労物故者の御霊様も、きっと霊界で喜んでくださっていることでしょう。

カテゴリー: R04_01, 光のおとずれ, 大先祖供養祭   パーマリンク

コメントは受け付けていません。